デュエルマスターズetcブログ。

一城なつきのJUNK!×3


デュエル・マスターズ(デュエマ)メインだったブログ。
最近はMTGの統率者戦がメイン。青緑が好み。略称「JUNK」。
時々、他のトレーディングカードゲームも書いています。
「最強デッキ」より「最驚デッキ」を!

ブログへのリンクはご自由にどうぞ。
各記事へのリンク・トラックバックも歓迎いたします。

ヴァンガードの記事は、姉妹ブログ《蒼の月夜》にて。
+ JUNK MENU
遊戯王:帝デッキを組んでみよう
JUGEMテーマ:ゲーム


遊戯王のデッキを組むときは、まずはストラクチャーデッキを使うのがオススメです。

ストラクチャーデッキとは、テーマにそって作られた「構築済みデッキ」のことです。
40枚(場合によっては+α)のカードと、解説書などがついています。

ゲームを初めてプレイするときは、まずは「ストラクチャーデッキ」を購入しましょう。

ただし、この「ストラクチャーデッキ」は「未完成品」です。
大抵の場合、1箱買っただけではデッキはとても弱いと思ってください。

私の考えでは、一度に3箱買って、カードを入れ替えて使うのがいいと思います。

(※ただし今回は2箱でも十分に構築する事ができます)

遊戯王は、同じ名前のカードを3枚まで入れることができます。
そのため、同じストラクチャーデッキを3つ買えば、1箱に1枚しか入っていない強力なカードが3枚揃います。

勝てるデッキを組むための必要経費だと思ってください。

パックでカードを買うよりも、最初はこの方が効率がよく、オススメです。

カードを当てる楽しみは、デッキがひとつあったほうが大きいものですしね。

では、ストラクチャーデッキを使ってデッキを組んでいきましょう!
続きを読む >>
| 一城なつき | 遊戯王のデッキの組み方 | 12:36 | comments(26) | trackbacks(0) |
J
遊戯王:組んでみよう記事に関して
JUGEMテーマ:ゲーム


……んーっと。
まずは、たくさんのコメント、どうもありがとうございます。
あんな古い記事で、申し訳ないのですけれど。

おそらく、夢見屋さんの「Don't Surrender!!」からいらっしゃっているものと思っています。

さて、ご覧になった方はお気づきと思いますが、あのデッキは今の禁止・制限に合っていません。
なので、実は初心者の方にはあまり優しくない記事になってしまっています。

一城なつきの熱意がもう少しあれば、今の禁止・制限に合わせた記事をアップするところなんですけど……。
申し訳ありません。

その辺を考慮してご覧いただけると助かります。えぇえぇ。
続きを読む >>
| 一城なつき | 遊戯王のデッキの組み方 | 21:38 | comments(2) | trackbacks(0) |
J
遊戯王「組んでみようデッキ」の戦果
以前ご紹介した「デッキを組んでみよう」のデッキで、非公認大会に出場しました。

結果は4戦して3勝1敗の5位でした。
炎デッキ、ヒーロー融合デッキ、そしてディスクライダーデッキに勝利!
負けた試合は六武衆でした。

除去カードを的確に使って隙を作り、ダメージを稼ぐ戦略は順当な強さを持つことがよくわかりました。
強力なデッキとして知られる「ディスクライダー」に勝てたことは、非常に嬉しい事でした。
(ドローに大きく左右されるとしても、ね)
続きを読む >>
| 一城なつき | 遊戯王のデッキの組み方 | 22:39 | comments(2) | trackbacks(0) |
J
遊戯王:パーミッションデッキを組んでみよう
「組んでみよう」シリーズ第2弾。
今回はビギナー向けというよりは、ちょっと慣れている人向けです。
「チェーン」について知っていなければ、このデッキはちょっと難しいです。
ご了承ください。

前回は攻撃型のデッキを組みましたので、今回は守備型のデッキを組んでみましょう。
ほかの記事でチラッと書きましたが、その人の性格によって

「このデッキは向いてる」「このデッキは性に合わない」

ということがあります。
そこで、猪突猛進な攻撃型デッキだけではなく、テクニカルな守備型デッキも紹介することにします。

さて「パーミッション」とはいかなるデッキのことか。

「パーミッション」とは「許可」という意味です。
相手が何かカードを使おうとする時に「これは使えますか?」と、許可を求める事から来ています。
それに対して

「ダメです」

と言い続けるのが、このデッキ。
相手のやりたいことをことごとく無効にして、相手が息切れしたところに一撃を食らわせるのがこのデッキです。

購入するのは、ストラクチャーデッキ「閃光の波動」を、例によって3箱。

では、デッキを組んでいきましょう!
続きを読む >>
| 一城なつき | 遊戯王のデッキの組み方 | 23:05 | comments(2) | trackbacks(0) |
J
遊戯王:デッキを組んでみよう
遊戯王のデッキを組むときは、まずはストラクチャーデッキを使うのがオススメです。

ストラクチャーデッキとは、テーマにそって作られた「構築済みデッキ」のことです。
40枚(場合によっては+α)のカードと、解説書などがついています。

ゲームを初めてプレイするときは、まずは「ストラクチャーデッキ」を購入しましょう。

ただし、この「ストラクチャーデッキ」は「未完成品」です。
大抵の場合、1箱買っただけではデッキはとても弱いと思ってください。

私の考えでは、一度に3箱買って、カードを入れ替えて使うのがいいと思います。

遊戯王は、同じ名前のカードを3枚まで入れることができます。
そのため、同じストラクチャーデッキを3つ買えば、1箱に1枚しか入っていない強力なカードが3枚揃います。

勝てるデッキを組むための必要経費だと思ってください。

パックでカードを買うよりも、最初はこの方が効率がよく、オススメです。

カードを当てる楽しみは、デッキがひとつあったほうが大きいものですしね。

では、ストラクチャーデッキを使ってデッキを組んでいきましょう!
続きを読む >>
| 一城なつき | 遊戯王のデッキの組み方 | 23:46 | comments(18) | trackbacks(3) |
J
PAGE TOP

prev 1 / 1 next

+ SELECTED ENTRY
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
+ BANNER
qrcode
ブログバナー(88×31が適正です)
■ DUEL MASTERS
【所持デッキ】
グリーン・デイ
熱血ビート!
【殿堂入り】
無限デフォーマー

■ ヴァンガード
【所持デッキ】
ペイルムーン

■ 遊戯王
【調整中】
シモッチバーン

※クリックすると各デッキの関連記事へ飛びます。
+ ARCHIVES
+ PROFILE