マジック:ザ・ギャザリングetcブログ。

一城なつきのJUNK!×3


デュエル・マスターズ(デュエマ)メインだったブログ。
最近はMTGの統率者戦(EDH)がメイン。青緑が好み。略称「JUNK」。
時々、他のトレーディングカードゲームも書いています。
「最強デッキ」より「最驚デッキ」を!

ブログへのリンクはご自由にどうぞ。
各記事へのリンク・トラックバックも歓迎いたします。

ヴァンガードの記事は、姉妹ブログ《蒼の月夜》にて。
+ JUNK MENU
<< 遊戯王:新制限に対応 | main | 遊戯王「墓守デッキ」は強い >>
遊戯王:重版されたので《ファントム・オブ・カオス》を考える
JUGEMテーマ:ゲーム


《ファントム・オブ・カオス》
闇 ☆4 悪魔族 A0/D0
自分の墓地に存在する効果モンスター1体を選択し、ゲームから除外する事ができる。
このカードが自分フィールド上に表側表示で存在する限り、このカードはエンドフェイズ時まで選択したモンスターと同名カードとして扱い、選択したモンスターと同じ攻撃力とモンスター効果を得る。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。
このモンスターの戦闘によって発生する相手プレイヤーへの戦闘ダメージは0になる。

「TAG FORCE2」攻略本の付属カード。
むしろ本よりカードが本体という、いつもの書籍限定カード。
攻撃力やモンスター効果を得られるため、ダメージこそ通らないものの、一種の「蘇生カード」として見ることができる。
(ただし「場に出たときの効果」「リバース効果」や「戦闘ダメージを与えた時の効果」、また「墓地で発動する効果」は役に立たなくなる。
 起動効果や永続効果、一部の誘発効果が有効)
例えば《究極恐獣》の全体攻撃効果をコピーすれば、戦闘ダメージは通らないが、相手を一掃することができる。

また、能力をコピーするだけなので、蘇生制限を持つモンスターをコピーして、能力を使用することもできる。
例えば《天魔神ノーレラス》《終焉の王デミス》のリセット効果や《アームド・ドラゴンLv10》の一掃効果などをコピーする事ができるため、「効果は強いが、場に出しにくい」というモンスターを手軽に利用できる。

墓地のモンスターを除外する事で効果を発揮するカード、例えば墓地のカード枚数を参照する《ダーク・アームド・ドラゴン》や、除外されたカードを利用する《闇次元の解放》《紅蓮魔獣ダ・イーザ》などとも良いシナジーを作る。


欠点は、戦闘ダメージが通らない点と、相手ターンに攻撃力が元に戻ってしまう点。
前者は、手軽に高攻撃力のモンスターをコピーできるため、このくらいのデメリットは受け入れるべきだろう。
後者に関しては結構深刻で、攻撃力0をさらけ出してしまう事になる。
上手く回避する方法……例えば魔法罠で守る、《死のデッキ破壊ウィルス》の種にする、墓地に《ネクロ・ガードナー》を落としておく……などを活用する方が良いだろう。

欠点らしい欠点はそれくらいで、低い攻撃力はサーチしやすさに繋がっている分メリットにもなりうる。
《死者蘇生》が制限復帰して、蘇生カードとしての株はやや落ちたものの、それでも「蘇生制限」を無視できる能力は魅力的。
ダークモンスターとの相性も良く、強くて、しかも面白い優良カード……なだけに、限定カードであるのが実に惜しい。
| 一城なつき | 遊戯王(カード考察) | 10:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
J
PAGE TOP









http://castle1moon.jugem.jp/trackback/1070

トラックバックは、この記事へのリンクを張って送信してください。
お手数ではありますが、スパム避けのためよろしくお願いいたします。
+ SELECTED ENTRY
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ BANNER
qrcode
ブログバナー(88×31が適正です)
■ DUEL MASTERS
【所持デッキ】
グリーン・デイ
熱血ビート!
【殿堂入り】
無限デフォーマー

■ ヴァンガード
【所持デッキ】
ペイルムーン

■ 遊戯王
【調整中】
シモッチバーン

※クリックすると各デッキの関連記事へ飛びます。
+ ARCHIVES
+ PROFILE