デュエルマスターズetcブログ。

一城なつきのJUNK!×3


デュエル・マスターズ(デュエマ)メインだったブログ。
最近はMTGの統率者戦がメイン。青緑が好み。略称「JUNK」。
時々、他のトレーディングカードゲームも書いています。
「最強デッキ」より「最驚デッキ」を!

ブログへのリンクはご自由にどうぞ。
各記事へのリンク・トラックバックも歓迎いたします。

ヴァンガードの記事は、姉妹ブログ《蒼の月夜》にて。
+ JUNK MENU
<< DM:電波を受信した | main | 雑記:継続は力なり、か? >>
DM:引き出しを多くした「ドルゲーザ」


新弾に登場する《西南の超人》は、4ターン目の《ドルゲーザ》の登場を可能にしました。

カードには「早い方が得が大きいもの」「ゆっくりでもいいもの」がありますが、これは「早い方が得が大きい」です。
手札に無理をかけて加速しても、手札を取り返し、対処しにくい大きさで殴ることができるからです。

しかし、だからと言って《西南》が来なければ動かない、というのではもったいない話です。
先の記事で書いた「引き出しを多く」して、デッキを考えてみましょう。
1.まずは4ターン《ドルゲーザ》を狙う
《フェアリー・ライフ》《鼓動する石版》から4マナで《西南》を出す。
4ターン目には5マナ。《西南》で2マナ、シンパシーで1マナ軽くなった《ドルゲーザ》が登場!

2.他のパターンも考えてみる
《フェアリー・ギフト》を使えば、かなり早いはず。
2ターン目に《ギフト》《西南》、3ターン目に《ギフト》《ドルゲーザ》。
《ギフト》で3、《西南》で2、シンパシーで1、したがって、残り2マナで出すことができます。
ただし手札もマナも限界まで使うので、ちょっと無理がありそうです。

3.派生させてみる
2ターン目の《西南》、3ターン目に《青銅の鎧》とつなげば、4ターン目に《ドルゲーザ》が出せます。
何もないときの加速にもなる《青銅》を絡めることができるのは、悪くありません。

4.次善の策を模索する
《西南》は《ドルゲーザ》を3マナも下げるいい子ですが、それが来なかったら?
今あるパーツ(《ギフト》《ライフ》《石版》《青銅》)を絡めて考えると……
《青銅》→《万象の超人》→5ターン《ドルゲーザ》
《ライフ》《石版》→《スペース・クロウラー》《土隠雲の超人》→加速→5ターン《ドルゲーザ》
《ギフト》《万象》→5ターン《ドルゲーザ》
《カイドウ・クロウラー》→加速2連打→《ドルゲーザ》
などがあります。

最速は3ターン目ですが、安定して(つまり、色々な選択肢から)4〜5ターン目に登場できるデッキになります。
最速の3ターン(《ギフト》)を抜き、色を増やしたりシノビ・トリガーなどで対応力を高めても良いでしょう。
(シノビは《土隠雲》《カイドウ》《バイケン》以外にも数種あると便利です)

いやしかし、ジャイアントはうらやましいですね。
「スプラッシュ・クイーン」の選択肢の少なさといったら、もう。
| 一城なつき | デュエル・マスターズ | 08:09 | comments(5) | trackbacks(0) |
J
PAGE TOP
自分はドルゲ厨なので相当嬉しいです、西南。
ただ西南が組み込まれたりすると結果的に長年愛用してきた
「魔天降臨」が抜けそうで悲しいですw
| 粉砕★玉砕★大喝采 | 2009/02/12 2:47 PM |
自分もドルゲーザに愛着があるので非常にうれしいことです。
ジャイアントも立派に成長しましたねぇ・・・
ぜひ他のマイナー種族にも手を加えてほしいです。
| natume | 2009/02/12 4:43 PM |
コメントありがとうございます。

>粉砕★玉砕★大喝采さん
加速ではなく踏み倒しなので《魔天降臨》のあとの手札が苦しそうですね。
また速さを追及すると、必然的に色は増やしにくくなりますし。
早い段階で攻撃体制を整えてラッシュ……というのが良いのかも知れません。
ビート復権となれば、ひとつ楽しみではあります。

>natumeさん
パラサイト・ワーム、ジャイアントと懐かしい種族が復帰していますね。
地味にドラゴノイドなんかも戻ってきていますし、他の文明にも期待したいところですね。
コロコロでは「黄昏ミミ」が動き出したようですが……サイバー・ウイルスの出番でしょうか?
| なつき | 2009/02/12 5:54 PM |
確かに今はジャイアントとアースイーターが強く、ドルゲーザが使いやすくなっています。

13弾発売当時はあれほど使いにくかったのに…

| 海月 | 2009/02/12 6:25 PM |
>海月さん
コメントありがとうございます。

最初は何でもなかったカードも、プッシュされて劇的に強くなることがありますよね。
《暴発秘宝ベンゾ》がそうでしたし、《ボルガウルジャック》や《九龍》なんかもいい例です。
それも、TCGの面白さのひとつですね。

「こういうカードがあれば強くなる!」という想像力は、
スタン落ちの無いカードゲームをやる上で必要な能力かもしれません。
| なつき | 2009/02/12 6:51 PM |









http://castle1moon.jugem.jp/trackback/1899

トラックバックは、この記事へのリンクを張って送信してください。
お手数ではありますが、スパム避けのためよろしくお願いいたします。
+ SELECTED ENTRY
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
+ BANNER
qrcode
ブログバナー(88×31が適正です)
■ DUEL MASTERS
【所持デッキ】
グリーン・デイ
熱血ビート!
【殿堂入り】
無限デフォーマー

■ ヴァンガード
【所持デッキ】
ペイルムーン

■ 遊戯王
【調整中】
シモッチバーン

※クリックすると各デッキの関連記事へ飛びます。
+ ARCHIVES
+ PROFILE