デュエルマスターズetcブログ。

一城なつきのJUNK!×3


デュエル・マスターズ(デュエマ)メインだったブログ。
最近はMTGの統率者戦がメイン。青緑が好み。略称「JUNK」。
時々、他のトレーディングカードゲームも書いています。
「最強デッキ」より「最驚デッキ」を!

ブログへのリンクはご自由にどうぞ。
各記事へのリンク・トラックバックも歓迎いたします。

ヴァンガードの記事は、姉妹ブログ《蒼の月夜》にて。
+ JUNK MENU
<< DM:楽天市場における《ケミプロ》 | main | DM:気づいたら24人。 >>
DM:友好色と対抗色をもとにデッキを組んでみよう


久々に「デュエルマスターズのデッキの組み方」の記事を。
デュエマの場合は構築済みデッキが強力すぎるので、改めて書く必要があまりないのは良いことですね(笑)

デュエルマスターズには、MAGICから(ほぼ)流用された「色の概念」というものがあります。
「文明」と名前をつけていますが、その意味やシステムは、ほぼ変わらず使用されています。

例えば
赤=火は、火力呪文と速攻(スピードアタッカー)クリーチャー。
青=水は、ドローとバウンス(手札へ戻す)呪文。

MAGICに特有の「ダメージ」や「打ち消し」などのシステムはほぼありませんが、多くのシステムが流用されています。
さて、文明には「友好色」「対抗色」という考え方が(一応)存在します。
特性やイメージに似た部分を持つのが「友好色」。
逆に、お互いに異なる特性やイメージを持つのが「対抗色」です。

例えば《マイキーのペンチ》は、友好色である「自然」「闇」に、スピードアタッカーを与えます。
あるいは《アクアン》は、友好色である「光」と「闇」を手札に持ってくることができます。

対抗色の例では《巡霊者キャバルト》は、対抗色である「火」と「闇」の呪文を墓地に送ります。
同サイクルの《結界するブロークン・ホーン》は、対抗色である「水」と「闇」の呪文を妨害します。

この「友好色」「対抗色」という考え方は、カードデザインだけではなくデッキを組む時にもひとつの指針となります。
あまり厳格なものではありませんが、おおよそ

「友好色同士の組み合わせは、その特徴を伸ばした、尖ったデッキ」

「対抗色同士の組み合わせは、その弱点を補いあった、隙のないデッキ」

という風になることが多いようです。
もちろん、色の特性には様々な要素がありますので一概には言い切れませんし、言い切るのはナンセンスです。
あくまで目安としてお考えいただければ。


友好色の例を挙げると「火」と「自然」。
高パワーの軽量クリーチャー&進化クリーチャーをもって、速攻で相手を仕留める「赤緑速攻」などは有名どころです。

あるいは「水」と「光」。
優秀なブロッカーを擁する2文明が合わさり、強固な壁を築いて相手の攻撃を受け付けないデッキになります。
私の「ダイヤモンド一閃」は、まさにその教科書的なデッキとして組んでいます。


対抗色の例を挙げると「火」と「水」。
小型獣は優秀な反面、手札の保持が苦手で少し凌がれると苦しくなる火文明を、ドローの強い水文明で補います。
《海底鬼面城》や《猛菌剣兵チックチック》をもって手札を保持し、攻撃を継続するデッキになります。

あるいは「光」と「闇」。
間に《アクアン》を擁する水をはさむことも多いですが、この組み合わせも比較的多く見かけます。
ブロッカーを中心にした大型クリーチャーが優秀な光に、相手のクリーチャーを除去することが得意な闇を追加。
自分はクリーチャーを展開し、相手のクリーチャー展開は許さないという、強力なデッキになります。


3色以上の場合は、序盤のマナを整えるのが難しくなりますが、尖らせながら補うという芸当もできるようになります。

「闇」「火」「水」であれば……
「火」の火力で小型獣を封殺。
「闇」の除去で大型獣を封殺。
そこに「水」のドローで、次の除去札を補充……というデッキに仕上がったりすることでしょう。


デッキを組む際には、どのようなイメージで組みはじめるかというのもひとつの手かもしれません。

「がっちり守る」なら、光や水からスタート。

「スピード勝負」なら、火と自然が鉄板かもしれません。

「イヤらしいデッキ」なら、闇や水が向いていそうです。

デュエルマスターズには、この組み合わせは絶望的にダメ、というものはあまりありません。(※)
自分の好きな色や、性格や気分に合った戦略で文明を選び、デッキを組むのも楽しいと思います。


(※……序盤にマナを揃えるのに苦戦する4色・5色デッキに、速攻や軽量火力が得意な火文明は、時に相性が悪いと言われます)
| 一城なつき | DMのデッキの組み方 | 20:42 | comments(1) | trackbacks(0) |
J
PAGE TOP
はじめまして。キョンと申します。一城なつきさんの動画を見ております。解説動画や開封動画など楽しく見させてもらっております。これからも頑張って下さい。
| キョン | 2009/08/31 7:40 AM |









http://castle1moon.jugem.jp/trackback/2218

トラックバックは、この記事へのリンクを張って送信してください。
お手数ではありますが、スパム避けのためよろしくお願いいたします。
+ SELECTED ENTRY
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
+ BANNER
qrcode
ブログバナー(88×31が適正です)
■ DUEL MASTERS
【所持デッキ】
グリーン・デイ
熱血ビート!
【殿堂入り】
無限デフォーマー

■ ヴァンガード
【所持デッキ】
ペイルムーン

■ 遊戯王
【調整中】
シモッチバーン

※クリックすると各デッキの関連記事へ飛びます。
+ ARCHIVES
+ PROFILE