マジック:ザ・ギャザリングetcブログ。

一城なつきのJUNK!×3


デュエル・マスターズ(デュエマ)メインだったブログ。
最近はMTGの統率者戦(EDH)がメイン。青緑が好み。略称「JUNK」。
時々、他のトレーディングカードゲームも書いています。
「最強デッキ」より「最驚デッキ」を!

ブログへのリンクはご自由にどうぞ。
各記事へのリンク・トラックバックも歓迎いたします。

ヴァンガードの記事は、姉妹ブログ《蒼の月夜》にて。
+ JUNK MENU
<< DM:「デュエマを引退します。」 | main | DM:理屈を理解してもらうのは難しい。 >>
遊戯王:死ななきゃ安い
JUGEMテーマ:遊戯王


「ニコニコ大百科」より引用……

遊戯王にも通用する格言ということで。
死ななきゃ安いとは、自虐であり、同時に希望でもある。縮めて「死な安」とも。

■概要

発祥はギルティギアのチップ使いが言った

「なんだこのコンボ7割しか減らないのか、安いな」

といった意味のチップの紙装甲の比喩が元である。

曰く体力ゲージなど飾り。曰く最も派手なのは体力ゲージ。
作を重ねる毎に強化されていく全体の火力、なのに変更されないチップの防御率、カウンタッから10割など当たり前。
そういう過酷な環境を耐え忍んできたチップ使い達から生まれた
「いつでも死が見えているのだから、生きているだけで儲けものとしよう」
という意味の大変謙虚な言葉である。

前述のように本来は自虐的な使われ方をするネガティブな言葉だったのだが、AC北斗の拳のように全員が実用的な即死コンボや一撃必殺技を持っているような世紀末なゲームや、MUGENのように各自が勝手にキャラを制作するため全体のすり合わせが皆無なゲーム、EFZのように一撃で5~6割持っていくのが当たり前、時に1ミス即死もありうるという恐ろしいバランス調整がされたゲームの動画が登場して以降、この言葉は

「まだ死んではいないのだから、生きている限り逆転のチャンスはきっとある」

と言うポジティブな意味を持つようになり、現在では相手のコンボによって体力ゲージがギリギリに追い込まれた状態から逆転勝利した際の賛美のコメントや、逆転勝利された際の嘆きのコメントとして使われることが多い。

ゲームに限らず、大打撃を受けて勝負を捨てかけた時はぜひこの言葉を思い出してほしい。
元々は格闘ゲームの用語……というか、スラングでしょう。

YouTubeやニコニコ動画で「北斗の拳」の格ゲーを見ていただけると、その世紀末ぶり、
……「死ななきゃ安い」ぶりを垣間見ることができるかもしれません。

遊戯王よ、どこへ行く。
| 一城なつき | 遊戯王 | 22:02 | comments(2) | trackbacks(0) |
J
PAGE TOP
テーレッテーが流れるまでが北斗、ですねw
| ニシハラ | 2009/06/25 9:47 AM |
>∩(・ω・)∩<
| なつき | 2009/06/25 5:19 PM |









http://castle1moon.jugem.jp/trackback/2232

トラックバックは、この記事へのリンクを張って送信してください。
お手数ではありますが、スパム避けのためよろしくお願いいたします。
+ SELECTED ENTRY
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ BANNER
qrcode
ブログバナー(88×31が適正です)
■ DUEL MASTERS
【所持デッキ】
グリーン・デイ
熱血ビート!
【殿堂入り】
無限デフォーマー

■ ヴァンガード
【所持デッキ】
ペイルムーン

■ 遊戯王
【調整中】
シモッチバーン

※クリックすると各デッキの関連記事へ飛びます。
+ ARCHIVES
+ PROFILE