デュエルマスターズetcブログ。

一城なつきのJUNK!×3


デュエル・マスターズ(デュエマ)メインだったブログ。
最近はMTGの統率者戦がメイン。青緑が好み。略称「JUNK」。
時々、他のトレーディングカードゲームも書いています。
「最強デッキ」より「最驚デッキ」を!

ブログへのリンクはご自由にどうぞ。
各記事へのリンク・トラックバックも歓迎いたします。

ヴァンガードの記事は、姉妹ブログ《蒼の月夜》にて。
+ JUNK MENU
<< DM:「新ヒャックメー」 | main | DM:《スペル・サモニオン》のデッキ >>
DM:デュエルマスターズのデッキの組み方


一城なつきのやり方。

大きな大会で優勝できるようなデッキではないにしても、
ちゃんと「勝てる」デッキには仕上げるように心がけています。

そして何より重要なのは、明確な「必殺技」の存在。

「このカードで勝つ!」
「このコンボで勝つ!」

これをいかにして「決めて勝つ」か。
■まずは必殺技の存在。

「このカードで勝ちたい」(例:《スペル・サモニオン》)や、
「この動きで勝ちたい」(例:《維新の超人》ワンショットキル)を明確にします。

重要なのは、その動きが勝ちにつながるかどうか。
シールドを5枚割りきるだけの方針がたてば、そのデッキは勝てるものになりそうです。

その方針が立たない動きであれば、別のフィニッシャーを組み込む必要があるでしょう。
マナをロックする動き(例:「理不尽クイーン」)や、
盤面を一掃する動き(例:「呪い人形」)などは、別にフィニッシャーを用意しなければ勝てません。

いずれにせよ「どうやって勝つか」、すべてはここからスタートです。


■必殺技につなげる基盤作り。

「必殺技」が決まったら、いかにしてその動きを実現するかを検討します。

自分のマナ・手札の基盤をどうやって整えるか。
相手の妨害をどうやって乗り切るか。

主にこの2点を見ていくことになります。

ここでポイントになるのは「既存の強いデッキの動き」。
強いデッキというのは、だいたいこの「基盤作り」がしっかりしています。

《青銅の鎧》→5マナの加速サイクル→7マナのフィニッシャーという流れ。
2マナの加速→《ジェニー》《パクリオ》→ドローをはさんでフィニッシャーという流れ。
《ロードリエス》《ハッスル・キャッスル》→妨害用クリーチャーやブロッカーを展開という流れ。
他にも、色々な「強い基盤作り」が存在します。

それをうまく流用して、必殺技への動きを作ります。
その必殺技に一番合う流れを選び、デッキに組み込みましょう。


■テストプレイと「特化」「フォロー」の見極め。

基盤と必殺技を組み込めば、おおよそのデッキの形は整います。
もともと強いデッキの基盤に必殺技を組み込むだけですから、作業としては難しいものではありません。
どの基盤を流用するかを間違えなければ、それなりのものはできます。

大変なのはここからです。

何度も回してみて、デッキの余分なカード、弱点やそれを補うカードを探ります。
また、うまく必殺技に持ち込めないなと思った時は、そこも修正する必要があります。

ここで問題になるのは、デッキを必殺技に特化するのか、それともフォローの勝ち筋を見出すのか。

「必殺技」のキーパーツが戦闘に耐えられないほど細い場合は、特化型が良いでしょう。
「理不尽クイーン」や「呪い人形」の場合、ギミックのパーツで攻撃に行くのは無謀です。
この場合は、限界まで「必殺技」にこだわった構成の方がむしろ勝ちやすくなったりします。

逆に「必殺技」のキーパーツがまだ戦えるものであれば、別の勝ち筋を見出すことができます。
「居合竜馬」や「マッチェス」の場合、キーカードなしでも勝てるように工夫をしています。
ただし、ここであまりに突飛な勝ち筋を投入してしまうと、せっかくの必殺技の影が薄くなります。
主役は主役として置いておくことも重要です。

そして、最終的にどうにもならないと思ったものは、もう一度基盤から見直します。
《アマテラス》ではどうにもならなかった「居合竜馬」などは、基盤から見直しました。


■完成?

デッキが形になっても、たぶん「完成形」というものは存在しないでしょう。
環境による微調整もありますし、新弾のカードで大きく変わることもよくあります。

あとは実戦と調整を繰り返し、デッキの動きに慣れていくことが重要になるのかなと思います。
| 一城なつき | DMのデッキの組み方 | 20:57 | comments(3) | trackbacks(0) |
J
PAGE TOP
どうもー、プルケさん他からクモやんと呼ばれている桜蜘蛛です。
土曜日のFBでは、対戦していただき有難うございました。
動画でしか見たことの無かったデッキと戦えて、非常に楽しかったです。

そして今回のデッキの組み方、とても参考になりました。
なるほど、勝ち筋と基盤のバランス、テストプレイの積み重ねが大事なんですね。

長くなってしまいましたが、よかったらまた戦ってください。
私は、基本土日にFBに居ますので。

それでは!

| 桜蜘蛛 | 2010/03/07 10:49 PM |
こんばんは。白猫です

いつもブログ見させていただいてますがデッキ構築についてなので初コメさせていただきますm(_ _)m

構築について行き詰まっていたのでとても参考になりました!
自分じゃ全く説明できないようなことまで詳しく書いていて、デッキビルダーとしての才能がものすごいと感じました。
自分なんかじゃ到底追いつけないと実感しました(^^;;

また行き詰まった時などヒントを教えていただければ幸いです!

では失礼します
| 白猫 | 2010/03/08 12:12 AM |
ぼくも、友達とのテストプレイをくり返してデッキを作っています。今のお気に入りは城を使ったシノビデッキかな。なつきさんのデッキの組み方を友達におしえたら、みんな強くなっちゃうから、おしえるのはやめておこう。笑
| ダソ | 2010/03/08 9:19 PM |









http://castle1moon.jugem.jp/trackback/2583

トラックバックは、この記事へのリンクを張って送信してください。
お手数ではありますが、スパム避けのためよろしくお願いいたします。
+ SELECTED ENTRY
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
+ BANNER
qrcode
ブログバナー(88×31が適正です)
■ DUEL MASTERS
【所持デッキ】
グリーン・デイ
熱血ビート!
【殿堂入り】
無限デフォーマー

■ ヴァンガード
【所持デッキ】
ペイルムーン

■ 遊戯王
【調整中】
シモッチバーン

※クリックすると各デッキの関連記事へ飛びます。
+ ARCHIVES
+ PROFILE