マジック:ザ・ギャザリングetcブログ。

一城なつきのJUNK!×3


デュエル・マスターズ(デュエマ)メインだったブログ。
最近はMTGの統率者戦(EDH)がメイン。青緑が好み。略称「JUNK」。
時々、他のトレーディングカードゲームも書いています。
「最強デッキ」より「最驚デッキ」を!

ブログへのリンクはご自由にどうぞ。
各記事へのリンク・トラックバックも歓迎いたします。

ヴァンガードの記事は、姉妹ブログ《蒼の月夜》にて。
+ JUNK MENU
<< DM:「次元転プロ」 | main | 雑記:突発飲み部 >>
DM遊戯:ファンデッキの魅せ方


デュエルマスターズにしても、遊戯王にしても、あるいはほかのゲームにしても。
「ファンデッキ」というものが存在します。

「このカードを使ったデッキ!」ですとか。
「漫画・アニメのこのキャラのデッキ!」ですとか。

ファンデッキの魅せ方には、大きく分けて2種類が存在します。
今回は「キャラクターのファンデッキ」を中心に、その2種類を解説します。

DM37弾ベリーレア《爆竜ハリケーントプスXX》
1.キャラクターを重視して、そのキャラクターが使用したカードを最大限使用して構築する。

「このキャラが使っていたから、使う」という組み方。
どちらかといえばレシピをもって勝負する魅せ方で、
原作の段階で練りこまれていなければ、使いこなして勝つのは難しいものになったりします。

デュエルマスターズで言えば「勝舞君デッキ」であったり「ザキラデッキ」であったり。
遊戯王で言えば「遊星デッキ」「十代デッキ」「遊戯デッキ」といったものであったりします。

このデッキの組み方の基本は、まずは漫画・アニメをくまなくチェック。
登場したカードはとりあえず投入し、デッキにしていきます。

今でこそデュエルマスターズも遊戯王も、漫画・アニメのキャラが使うデッキは割としっかりしていますが、
過去において、この組み方で組んだデッキは、かなり惨憺(さんたん)たる有様だったと記憶しています。


2.キャラクターの戦略、切り札を目立たせる形で構築する。

そのキャラクターの切り札、戦略を重視する組み方。
どちらかといえば、対戦の中でそれっぽく動かす魅せ方で、
漫画・アニメを細かくチェックしている人には「そのカードは使ってない」というツッコミをされがちです。

デュエルマスターズで言えば「武者デッキ」「NEXデッキ」「XXデッキ」となるとこちらになります。
遊戯王はちょっと詳しくないですが、たとえば「遊星」が使ったシンクロモンスターや切り札、
頻繁に使われるチューナーや、それに関する魔法罠の一部だけをチョイスするタイプ。
「十代」であれば、HEROの一部の強力なもの、あるいは《ネオス》をとにかく使い倒すものがこのタイプ。
「遊戯」であれば、たとえば《ブラック・マジシャン》を中心にしたデッキがそうなるでしょう。

このデッキを組むポイントは、いかにしてそのキャラ「らしさ」をデッキに残すか。
漫画・アニメで使われなかったカードも、必要であれば持ってくる。
しかし、最終的には「そのキャラらしい動き」「そのキャラらしい勝ち方」を魅せる。
そういった組み方が必要になります。


以上の2種類の組み方、どちらが正しいかといえば、正解はないでしょう。
しいて挙げれば、正解は「魅せる対象によって異なる」とでも言うべきでしょうか。

今回の「漫画・アニメのキャラのファンデッキ」というものを組もうと思えば、
1番の組み方は、熱狂的な漫画・アニメのファンの人向け。
2番の組み方は、漫画・アニメを見ているけれど、そこまで熱が入っていない人向け。
……そんな分け方ができるような気がします。

漫画・アニメのファンの人なら、対戦が終わったあと、
デッキのカード1枚1枚について話をして盛り上がることができるでしょう。
その場合は、漫画・アニメで登場したカードが使われているのは、かなり重要なことです。

そこまで漫画・アニメを意識していない人であれば、
対戦の中で「あ、その動きはあのキャラっぽい!」と思わせれば、しめたものです。
忠実に同じカードを使わずとも、キーカードや切り札で、雰囲気を魅せることができます。


「デッキレシピで魅せる」か「対戦中の動きで魅せる」か、
魅せる相手と、あとは自分の好みで「ファンデッキ」を作っていきましょう!

ちなみに私は後者のほうが得意です。
対戦する相手も、後者の組み方でちゃんと雰囲気をつかんでくれる人が多いですし。

あと個人的な意見を言うと、後者の方が得意な人は、デュエルマスターズのほうが合っていると思います。
漫画・アニメが適度に動きをはしょってくれたりするので(笑)
| 一城なつき | 思うこと | 17:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
J
PAGE TOP









http://castle1moon.jugem.jp/trackback/2759

トラックバックは、この記事へのリンクを張って送信してください。
お手数ではありますが、スパム避けのためよろしくお願いいたします。
+ SELECTED ENTRY
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ BANNER
qrcode
ブログバナー(88×31が適正です)
■ DUEL MASTERS
【所持デッキ】
グリーン・デイ
熱血ビート!
【殿堂入り】
無限デフォーマー

■ ヴァンガード
【所持デッキ】
ペイルムーン

■ 遊戯王
【調整中】
シモッチバーン

※クリックすると各デッキの関連記事へ飛びます。
+ ARCHIVES
+ PROFILE