マジック:ザ・ギャザリングetcブログ。

一城なつきのJUNK!×3


デュエル・マスターズ(デュエマ)メインだったブログ。
最近はMTGの統率者戦(EDH)がメイン。青緑が好み。略称「JUNK」。
時々、他のトレーディングカードゲームも書いています。
「最強デッキ」より「最驚デッキ」を!

ブログへのリンクはご自由にどうぞ。
各記事へのリンク・トラックバックも歓迎いたします。

ヴァンガードの記事は、姉妹ブログ《蒼の月夜》にて。
+ JUNK MENU
<< DM:「12ミラミス」 | main | DM:絶望しながらゲームを続ける気はない >>
DM:「タワーDM」サイト、登場。


タワーDMのサイトが登場しました!

Kanjuさんが考案した、ひとつのデッキでふたりが対戦する「タワーDM」。
このたび、封魔カオスさんがサイトを作られたそうです。

一つの夕べ

私もノウハウを提供させていただきました。
とても楽しいルールなので、ぜひ遊んでみてくださいね。

DMC61コロコロ・ドリームパック4《シークレット・クロックタワー》:名前も能力もオススメ。
タワーデッキの基本ルールは

ひとつの山札を、お互いに共有して使用する。
最初の手札は5枚、シールドも5枚。これは通常のデュエルと同様。
マナはお互いが共有する。
先攻のドローあり。
5マナになるまでは、お互いに手札をマナに置かなければならない。

というものですが、
デッキによって「特別ルール」を設けるのも楽しいものです。

虎さんのデッキでは

・神帝が4体リンクする

・神王が4体リンクする

・起源神が6体リンクする

・《ADAM》と《EVE》がリンクし、リンク時のみのメテオバーンを発動させる

のいずれかで即勝利という特殊ルールがあったりします。


作ったことはないのでなんともですが、
タワーデッキのタブーカード《フェアリー・ライフ》などを入れて

「30マナ目を置いたプレイヤーが勝つ」

とかいう超変則のタワーも、たまに遊ぶなら面白かったりして。タイトルは「バベル」。


ティアリィさんのデッキも、非常に面白かったですね。
色を絞って構築する、というテクニックもなるほどです。

私のデッキも5色でしたが、次回作は色を限定してみるのもいいかもしれません。

久しぶりに、タワーを組んでみようかな!
| 一城なつき | デュエル・マスターズ | 20:46 | comments(3) | trackbacks(0) |
J
PAGE TOP
ご紹介ありがとうございます。

多くの「構築テク」の提供ありがとうございます。
これがなかったら、私自身上手い具合にタワー組めてなかったかもしれませんし。

この記事を読んで思ったのですが、「あのサイトによって新たなタワープレイヤーが生まれる」工夫も必要そうですね。

>「30マナ目を置いたプレイヤーが勝つ」
>とかいう超変則のタワーも、たまに遊ぶなら面白かったりして。タイトルは「バベル」。

変則の極みだ・・・マナ回収系カードは凶悪になりそうですね。いっそのこと入れないとか?
《クリスタル・フュージョン》の駆け引きが面白そうです・・・と思いましたが、
「15マナ以上の時点で打ったら勝つ」というチートカードに・・・

あえて滅茶苦茶カードとして《悪魔の契約》もいいかも?
| 封魔カオス | 2011/02/17 10:55 AM |
魔王戦のサイトも誰か作って欲しいですね

| hurei | 2011/02/19 11:13 AM |
タワー文化がはやるかも
| say | 2012/08/08 4:21 PM |









http://castle1moon.jugem.jp/trackback/2875

トラックバックは、この記事へのリンクを張って送信してください。
お手数ではありますが、スパム避けのためよろしくお願いいたします。
+ SELECTED ENTRY
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ BANNER
qrcode
ブログバナー(88×31が適正です)
■ DUEL MASTERS
【所持デッキ】
グリーン・デイ
熱血ビート!
【殿堂入り】
無限デフォーマー

■ ヴァンガード
【所持デッキ】
ペイルムーン

■ 遊戯王
【調整中】
シモッチバーン

※クリックすると各デッキの関連記事へ飛びます。
+ ARCHIVES
+ PROFILE