デュエルマスターズetcブログ。

一城なつきのJUNK!×3


デュエル・マスターズ(デュエマ)メインだったブログ。
最近はMTGの統率者戦がメイン。青緑が好み。略称「JUNK」。
時々、他のトレーディングカードゲームも書いています。
「最強デッキ」より「最驚デッキ」を!

ブログへのリンクはご自由にどうぞ。
各記事へのリンク・トラックバックも歓迎いたします。

ヴァンガードの記事は、姉妹ブログ《蒼の月夜》にて。
+ JUNK MENU
<< DM:「ファースト・コンタクト」開封動画をアップ。 | main | DM:リベンジの舞台! >>
DM:ハンターデッキの切り札


最初にハンターデッキの基礎となるドローシステムを考え、
次に、ハンターデッキの能力の活かし方を考えました。

今回考えるのは、ハンターデッキの「勝ち手段」です。
シールドを攻撃する時に、何を準備するのか……?

ストロング・7アンコモン《サイチェン・ピッピー》:並べてから、どうする?
■ハンターデッキの切り札!

切り札にふさわしいカードは、レア以上を中心に、いくつか見受けられます。
個人的に気になったカードを挙げてみると……
《熱血ボス!バルス・カイザー》
赤 コスト6 パワー6000+ レッド・コマンド・ドラゴン/ハンター
■自分のハンターが攻撃する時、自分の山札の上から1枚目を墓地に置く。
そのカードが、攻撃している自分のハンターよりコストが小さい、
進化ではないハンター・クリーチャーであれば、バトルゾーンに出してもよい。
■ハンティング
■W・ブレイカー

《大魂蟲(だいこんちゅう)オオ・ヘラクレス》
緑 コスト6 パワー7000 ジャイアント・インセクト/ハンター
■進化−自分のハンタークリーチャー1体の上に置く。
■このクリーチャーが攻撃する時、自分のマナゾーンにあるカードの枚数以下のコストを持つ、
進化ではないハンタークリーチャーを自分のマナゾーンから1枚、選んでもよい。
それをバトルゾーンに出す。
■W・ブレイカー
この2種類は、ハンターをさらに展開しながら攻撃するという特性を持ちます。
「展開して、攻撃する」だけでも勝ちにはつなげますが、
ブロッカーやS・トリガーで守られてしまうと、次のターンも攻撃できるという保証はありません。
そこで、切り札からのさらなる展開で、次のターンのフィニッシュも狙えるようにしておこうというわけです。

特に《オオ・ヘラクレス》は、マナゾーンの《アクア・ジェット》などを出してくることで、
次のターンから再び展開をしていくことができることでしょう。


■その他の戦闘要員

毎回毎回、切り札が引けるわけではありません。
それ以外の戦闘要員も揃え、力押しもできるようにしておくと便利ですね。
W・ブレイカー以上を持ったハンターをピックアップすると……
《アクア・アタック》
青 コスト6 パワー6000+ リキッド・ピープル/ハンター
■ハンティング
■自分のハンターがバトルに勝った時、自分の山札の上から2枚を見てもよい。
そうした場合、そのうちの1枚を自分の手札に加え、もう1枚を山札の一番下に置く。
■W・ブレイカー

《緑神龍カミナリズム》
緑 コスト5 パワー6000 アース・ドラゴン/ハンター
■W・ブレイカー
■自分のハンターが破壊される時、墓地に置くかわりにマナゾーンに置く。

《突進するシシガミ・ホーン》
緑 コスト3 パワー1000+ ホーン・ビースト/ハンター
■バトルゾーンにある自分の他にあるクリーチャー1体につき、このクリーチャーのパワーは+2000される。
■このクリーチャーは、パワー6000以上の時「W・ブレイカー」を得る。
意外と手頃なところに、W・ブレイカーがついています。

ハンター戦略の第二のドローカード《アクア・アタック》は、
システムクリーチャー兼殴り手として、キーカードになるかもしれませんね。

《カミナリズム》は、上記《オオ・ヘラクレス》にもかみ合うナイスカード。
破壊されたハンターが全部マナに行けば、あとで《オオ・ヘラクレス》で再展開できます。
そして、自身もW・ブレイカー。
コストも軽く、使い勝手はよさそう。

《シシガミ・ホーン》は、条件付きでW・ブレイカーを得る軽量ハンター。
序盤に展開して《アクア・ジェット》へつなぐトス役をこなしつつ、最後は切り札級のパワーへ!

このあたりを駆使して、攻撃をしていきましょう!


■ハンター以外の切り札には?

「展開したあとに攻撃」というデッキの動きは、これまでにもいくつか存在しました。
過去のカードから、ちょっと変わったフィニッシャーを用意するなら……
《聖帝リオン・ザード》
白 コスト7 パワー5500 アーク・セラフィム
■マナ進化−光のクリーチャーを1体自分のマナゾーンから選び、このクリーチャーをその上に重ねつつバトルゾーンに出す。
■自分の他の、《聖帝リオン・ザード》以外のクリーチャーが相手プレイヤーを攻撃する時、このクリーチャーをアンタップしてもよい。
こんなカードもあったりします。
横に並べたハンターが攻撃すると、アンタップ。うまくいけば、手数が倍になるわけです。
白入りのハンターなら、展開してから《母なる紋章》で呼び出すという手もあるでしょう。
ちょっと変化球が欲しい方へ。
| 一城なつき | DMのデッキの組み方 | 20:31 | comments(3) | trackbacks(0) |
J
PAGE TOP
個人的に
ハンター=ビートする
って言う固定概念ができてるのは何故でしょうか?ww
もし光を入れるのであれば4cにするのでしょうか?
光が入るとコントロール形
光が入らないとビートダウン形
おもしろそうですね
| HUI | 2011/06/23 7:35 PM |
>HUIさん
ハンターの動き方は、使う文明によると思います。
闇にはコントロール向けのカードも多いですし、
光も、ハンティングの能力を活かしたタップ&デストロイは、コントロールの動きですね。

今回は「ハンティング」能力や《アクア・アタック》などを活かしてデッキを構築しているので、
横に並べるコントロール的な動きになるのではないかなと思います。

序盤に《アクア・ジェット》でドローができれば、あとは勢いをつけていけそうですが……
そこが止められると、スタートダッシュでコケそうなデッキでもあり。

《熱血ボス!バルス・カイザー》の火文明を絡めるとなると……また別のデッキになるかもしれません。
《ボス!》を出して、そこから展開していくというタイプでしょうか。
| なつき | 2011/06/23 8:02 PM |
僕は、光火闇を入れてるんですが・・・キーカードがセイントシャンメリーで光は、ヨデールなどのサイキックを出しつつたすける、火は単品でも使える力一ド、闇はデーモンハンドなどでクリーチャーを除去してくコントロールです。良かったら参考にしてください。
| kEnSELOu | 2013/02/17 10:22 PM |









http://castle1moon.jugem.jp/trackback/2950

トラックバックは、この記事へのリンクを張って送信してください。
お手数ではありますが、スパム避けのためよろしくお願いいたします。
+ SELECTED ENTRY
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
+ BANNER
qrcode
ブログバナー(88×31が適正です)
■ DUEL MASTERS
【所持デッキ】
グリーン・デイ
熱血ビート!
【殿堂入り】
無限デフォーマー

■ ヴァンガード
【所持デッキ】
ペイルムーン

■ 遊戯王
【調整中】
シモッチバーン

※クリックすると各デッキの関連記事へ飛びます。
+ ARCHIVES
+ PROFILE