マジック:ザ・ギャザリングetcブログ。

一城なつきのJUNK!×3


デュエル・マスターズ(デュエマ)メインだったブログ。
最近はMTGの統率者戦(EDH)がメイン。青緑が好み。略称「JUNK」。
時々、他のトレーディングカードゲームも書いています。
「最強デッキ」より「最驚デッキ」を!

ブログへのリンクはご自由にどうぞ。
各記事へのリンク・トラックバックも歓迎いたします。

ヴァンガードの記事は、姉妹ブログ《蒼の月夜》にて。
+ JUNK MENU
<< DM:新殿堂を受けて「ゼロ・パロロ」 | main | DM:かえるやに行こう! >>
DM:「ハンターデッキ」白青緑型、試作


先日から記事を書いている、水文明と自然文明に光を加えたタイプのハンターデッキ。
実際の強さがどの程度かはさておき、とりあえず40枚のデッキにしてみます。

ドローシステムがしっくりこなければ、次はたぶん水を火に変えて試すと思います。
《ジオ・ブロンズ・マジック》から《ハッスル・キャッスル》という有力候補があることですし……。

DMR01コモンMODE→CHANGE《アクア・ジェット》:今度こそ……!
「ハンターデッキ試作品」

■青(14)
4xアクア・カスケード
4xアクア・ジェット
3xアクア・アタック
3xアクア・サーファー

■緑(13)
4x青銅の鎧
2xツッパリ・マメタ
3x俊足の政
2x緑神龍カミナリズム
2x大魂蟲オオ・ヘラクレス

■白(13)
4x染空の守護者エルス・エリクシオン
4x聖域の使徒ハンドベル
3x光器ララバイ
2x霊騎コルテオ


■……嘘くさいなあ。

《光器ララバイ》を絡めてタップ&デストロイという戦略自体は、悪くないと思われますが。
そこに《エルス・エリクシオン》を入れると、とたんに嘘くさくなる。

コンボデッキは、バトルゾーンにクリーチャーが「残っているだろう」で動かない方が賢明で、
「残すための工夫」が非常に重要になってくるはずなのです。

バトルゾーン以外の領域を使ったり、除去耐性を持たせたり、過剰に数を並べたり……
ハンターデッキには、残念ながら、まだそれがない。

ただ、これは時間が解決してくれる問題ではないかなとも思います。
《光器ララバイ》が持つ問題は、単に「光のハンターがまだ少ない」ということ。
そのうち、カードプールが充実すれば……完成するはず。


根本的な問題は「5コスト域が太りすぎる」という点で……。
4コスト以下のクリーチャーの質が悪い現状では、ここにクリーチャーを固めざるを得ない。
時間が解決してくれればいいけれど。
| 一城なつき | DMのデッキの組み方 | 16:42 | comments(1) | trackbacks(0) |
J
PAGE TOP
アクア・ジェット<突撃ブラザー>だっけ?を入れた方が・・・。
| ふるす | 2011/11/22 7:42 PM |









http://castle1moon.jugem.jp/trackback/2954

トラックバックは、この記事へのリンクを張って送信してください。
お手数ではありますが、スパム避けのためよろしくお願いいたします。
+ SELECTED ENTRY
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ BANNER
qrcode
ブログバナー(88×31が適正です)
■ DUEL MASTERS
【所持デッキ】
グリーン・デイ
熱血ビート!
【殿堂入り】
無限デフォーマー

■ ヴァンガード
【所持デッキ】
ペイルムーン

■ 遊戯王
【調整中】
シモッチバーン

※クリックすると各デッキの関連記事へ飛びます。
+ ARCHIVES
+ PROFILE