デュエルマスターズetcブログ。

一城なつきのJUNK!×3


デュエル・マスターズ(デュエマ)メインだったブログ。
最近はMTGの統率者戦がメイン。青緑が好み。略称「JUNK」。
時々、他のトレーディングカードゲームも書いています。
「最強デッキ」より「最驚デッキ」を!

ブログへのリンクはご自由にどうぞ。
各記事へのリンク・トラックバックも歓迎いたします。

ヴァンガードの記事は、姉妹ブログ《蒼の月夜》にて。
+ JUNK MENU
<< DM:緑のヒーロー、その2 | main | DM:「ガイアール・ゼロ」 >>
DM:切り札を1枚しか持っていないキミへ


インターネットを使って、強いデッキを検索すると、
「切り札」クラスのレアカードが、3枚や4枚入っていることが、結構あります。

しかし、そういうレアカードをたくさん集めるのは、やっぱり大変なものです。
なかなか手に入らないから、レアカードなわけですし。

じゃあ、切り札が3枚や4枚集まるまで、そのデッキは組めない?

でも、せっかく手に入れたキミの切り札レアカードを、使わずに置いておくのはもったいない。
なにより、キミ自身が、使いたくて仕方がないのではないでしょうか?

そんな人のために、切り札を手札やバトルゾーンに持ってくる方法をまとめてみました。
これを読んで、キミのお気に入りの切り札を活躍させましょう!

コロコロドリームパック4レア《クリスタル・メモリー》:どんな切り札も手札へ!
クリーチャー編、進化クリーチャー編、サイキック・呪文編に分けてご紹介します。
自分の切り札にあわせて読んでみてください。


■クリーチャー編

まずは手札に呼び込まなければ、バトルゾーンで活躍してもらうことはできません。
そんなわけで「切り札クリーチャー」を、手札に呼び込む方法です。

《ディメンジョン・ゲート》
自然の呪文。3コスト、S・トリガー持ち。
山札から、好きなクリーチャーを手札に呼び込むことができます。
あまり早く使っても、マナがたまっていなければ召喚はできません。
マナが十分たまったら、ここぞという場面で使いましょう。

《未来設計図》
自然の呪文。2コスト、S・トリガー持ち。
山札の上から6枚を見て、その中から好きなクリーチャーを手札に呼び込むことができます。
マナコストが軽いので、呼び込んだ切り札をそのまま召喚することもできるかも。
あらかじめマナをためた状態で使うとグッドですね。

《クリスタル・メモリー》
水の呪文。4コスト、S・トリガー持ち。
山札から、好きなカードを手札に呼び込むことができます。
レアカードなので、コレ自体が手に入りにくいのが欠点か……?

《誕生の祈り(バース・アイ)》
《無頼王機スケル・アイ》
前者は自然の3コストクリーチャー。後者は水/自然の5コストクリーチャー。
攻撃によって、好きなクリーチャーを手札に呼び込むことができます。
シールドを1枚ブレイクすることになりますので、W・ブレイカー持ちの切り札を組み合わせると
「残り4枚のシールドを切り札に任せて、トドメは横のこいつらで」……という計算ができたりします。
ちょっと先を読んで戦略を立てられると、カッコイイ。

《魅了妖精チャミリア》
自然の4コストクリーチャー。
攻撃ではなく、代わりにタップすることで好きなクリーチャーを手札に呼び込むことができます。
パワーが3000とじゃっかん高めなので、2回3回と能力を使えるかも。
なかなか強力なので、上級者に人気の1枚。
人気カードだけあって、手に入れるのは難しいかも……。

《鳴動するギガ・ホーン》
《駿足の政(イダテン・キッド)》
いずれも自然の5コストクリーチャー。
前者はバトルゾーンに出た時に好きなクリーチャーを手札に呼び込むことができます。
後者はS・トリガー持ちで、バトルゾーンに出た時に山札を5枚見て、
その中からクリーチャーを手札に呼び込むことができます。
切り札が6〜7マナのクリーチャーであれば、次のターンくらいに召喚ができますね。
タイミングをうまく見計らって召喚し、切り札を呼び込みましょう。

《スピア・ルピア》
ドラゴンが切り札の場合は、このクリーチャーの出番です。
火の3コストクリーチャーで、破壊された時にドラゴンを手札に呼び込めます。
「破壊された時」なので難しいと思いきや、
このクリーチャーは、タップされていないクリーチャーも攻撃できるのです!
パワーは1000なので、たいていの場合は能力を発動できますね。
相手のパワー1000のクリーチャーと相打ちできれば、かなりおトクなクリーチャーです。

《母なる紋章》
自然の3コスト呪文。
マナゾーンから切り札カードを、いきなりバトルゾーンへ呼びだす呪文です。
序盤に手札に来てしまった切り札をマナに置いたり、
マナを加速しているときに切り札がマナゾーンに行ってしまったりすることがあります。
そんな時でも、この呪文さえあればマナから呼び出すことができるようになります。
レアカードで、殿堂入りカードという強力な1枚。持っていて、自然を使うならぜひ入れたいですね。

《カブラ・カターブラ》
《ピクシー・コクーン》
《ストーム・クロウラー》
《炎水晶バクレツ弾》
それぞれ、マナからカードを手札に回収する能力を持っています。
《母なる紋章》のようにバトルゾーンには出せませんが、
マナに置いた切り札を回収できるのはやはり便利なものです。
序盤に引いた切り札を手札に抱えていると、どうしても動きにくくなりますからね。
このあたりのカードをうまく使いこなせるかどうかが、切り札を活躍させるポイントです。


■進化クリーチャー編

進化クリーチャーが切り札の場合、進化元+切り札進化クリーチャーを揃える必要があります。
切り札がどんな進化をするのか、よく確認しておくことが重要ですね。

《進化の化身》
自然の4コストクリーチャー。
山札から、好きな進化クリーチャーを手札に呼び込むことができます。
「ミステリー・トーテム」や自然文明のクリーチャーから進化する切り札、
あるいは墓地進化、マナ進化、手札進化、デッキ進化などの進化クリーチャーと相性抜群です。

《闘龍鬼ジャック・ライドウ》
火の5コストクリーチャー。
山札から、アーマード・ドラゴンかティラノ・ドレイクかサムライの進化クリーチャーを
手札に呼び込むことができます。
このカードから進化する切り札を呼び出せるので、進化元をキッチリ確保できるのがグッド!
進化アーマード・ドラゴンが切り札の場合は、ぜひ投入したい!

《母なる星域》
自然の呪文。3コスト。進化クリーチャー専用の《母なる》系呪文です。
これも、手札ではなく直接バトルゾーンへ呼び出す強力な呪文。
《母なる紋章》とは異なり、文明が違っていてもマナから進化クリーチャーを出せるのが魅力です。
強力な呪文ですが、あまり入れ過ぎると役に立たない場面が多いことに注意。

あとは「クリーチャー編」で紹介したカードも、有効です。
特に、クリーチャーを呼び込む能力を持ったクリーチャーの場合、その種族や文明にも注目!
進化クリーチャーの進化元になれるカードだった場合は、特に便利です。


■サイキッククリーチャー・呪文編

サイキッククリーチャーを呼び出す《超次元》呪文や、
超強力な切り札呪文を手札に呼び込むためのカードです。

《ロジック・キューブ》
《ロジック・スパーク》
いずれも光の3コスト呪文で、S・トリガー持ち。
山札から、好きな呪文を手札に呼び込むことができます。
使い方のポイントは《ディメンジョン・ゲート》などと同じです。
あまり早く使っても、マナがたまっていなければ使えません。
マナが十分たまったら、ここぞという場面で使いましょう。

《クリスタル・メモリー》
水の呪文。4コスト、S・トリガー持ち。
山札から、好きなカードを手札に呼び込むことができます。
レアカードなので、コレ自体が手に入りにくいのが欠点か……?

《天雷の導師アヴァラルド公》
光の3コストクリーチャー。山札を3枚めくり、その中の呪文をすべて手札に加えます。
非常に強力な能力を持つため、殿堂入りに指定されたクリーチャーです。
特に超次元呪文は、2枚3枚と持っていることで、切り札サイキックがやられても、
何度も繰り返し呼び出すことができるようになります。
サイキックを切り札にしていて、光文明が入るなら、ぜひ入れておきたいですね。

《神門の精霊エールフリート》
光の5コストクリーチャー。山札を3枚めくり、その中の呪文を1枚手札に加えます。
《アヴァラルド公》に比べ、手に入る呪文が1枚というところが残念ですが、
種族や、ブロッカーである点や、残ったカードを墓地に置く点などをうまく活用できるとグッドです。

《蒼狼の始祖アマテラス》
水の6コストクリーチャー。
バトルゾーンに出た時に「4コスト以下の呪文」か「4コスト以下のクロスギア」を選択し、
山札からそれを直接(コストを支払わずに)使用する能力を持っています。
これも強力な能力ですので、殿堂入りに指定されています。
《超次元》呪文を使用するには「4コスト以下」がちょっと残念ではありますが、
《クリスタル・メモリー》や《母なる紋章》《母なる星域》を唱えられるのは便利ですね。


■さあ、キミが持っているカードはあったかな?

切り札のカードを1枚しか持っていなくても、
これらのカードの力を借りれば、キミの切り札を大活躍させることができるはず!

キミの切り札に、勝利の女神がほほ笑みますように。幸運を祈ります!
| 一城なつき | DMのデッキの組み方 | 19:57 | comments(0) | trackbacks(1) |
J
PAGE TOP









http://castle1moon.jugem.jp/trackback/2981

トラックバックは、この記事へのリンクを張って送信してください。
お手数ではありますが、スパム避けのためよろしくお願いいたします。
デッキビルダーDXとあわせてよもう!
一城なつきさんのこの記事がかなりいい感じ DM:切り札を1枚しか持っていないキミへ デッキビルダーDXの説明書とこの記事をあわせて研究すれば、君のデッキもかなり強くなるぞ!
| モノーキブログカード館 | 2011/07/21 8:33 PM |
+ SELECTED ENTRY
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
+ BANNER
qrcode
ブログバナー(88×31が適正です)
■ DUEL MASTERS
【所持デッキ】
グリーン・デイ
熱血ビート!
【殿堂入り】
無限デフォーマー

■ ヴァンガード
【所持デッキ】
ペイルムーン

■ 遊戯王
【調整中】
シモッチバーン

※クリックすると各デッキの関連記事へ飛びます。
+ ARCHIVES
+ PROFILE