マジック:ザ・ギャザリングetcブログ。

一城なつきのJUNK!×3


デュエル・マスターズ(デュエマ)メインだったブログ。
最近はMTGの統率者戦(EDH)がメイン。青緑が好み。略称「JUNK」。
時々、他のトレーディングカードゲームも書いています。
「最強デッキ」より「最驚デッキ」を!

ブログへのリンクはご自由にどうぞ。
各記事へのリンク・トラックバックも歓迎いたします。

ヴァンガードの記事は、姉妹ブログ《蒼の月夜》にて。
+ JUNK MENU
<< DM:切り札を1枚しか持っていないキミへ | main | DM:「ガイアール・ゼロ」改良案 >>
DM:「ガイアール・ゼロ」


まだしっかりと回してはいないけれど、ちゃんとデッキとしては仕上がりそう。
枚数の微調整とか、超次元呪文やサイキックの選択とかにはまだ改良の余地ありか。

とはいえ、おおよそこのラインで行ってみよう。

丁寧に組んでいけば、勝てるデッキには仕上がるはず。
能力が相手任せ・運任せになるとはいえ、構築の段階で気をつければ大丈夫!

プロモカード《ガイアール・ゼロ》:能力もパワーも、厄介でいい感じ。
「ガイアール・ゼロ」

■赤(12)
2x超次元キル・ホール
4x超次元ボルシャック・ホール
4xガイアール・ゼロ
2xスーパーバースト・ショット

■青(15)
3xエナジー・ライト
3xパクリオ
1xクリスタル・メモリー
4x電流戦攻セブ・アルゴル
4xアクア・サーファー

■緑(13)
4xフェアリー・ライフ
4x青銅の鎧
1x母なる紋章
2x口寄の化身
2xナチュラル・トラップ

■サイキック(8)
1x時空の喧嘩屋キル
1x時空の英雄アンタッチャブル
1x時空の踊り子マティーニ
2x時空の戦猫シンカイヤヌス
1xブーストグレンオー
1xハイドラ・ギルザウルス
1x時空の剣士アクア・カトラス


■《ガイアール・ゼロ》をスピードアタッカーに!

まずは《シンカイヤヌス》を置いた状態で《ガイアール・ゼロ》の召喚を狙います。
スピードアタッカーでシールドを攻撃できれば、後続のサイキックが出てくるはず。

《シンカイヤヌス》へのアクセスは、

1、《キル・ホール》で《ヤヌスグレンオー》→《パクリオ》でループ覚醒(+ドロー)
2、《セブ・アルゴル》で《シンカイヤヌス》
3、《ボルシャック・ホール》で《シンカイヤヌス》

というパターンを用意しています。
最優先で除去にさらされるでしょうけれど、アクセスの枚数は多いので、何とか。

うまく《ガイアール・ゼロ》で攻撃できれば、あとはサイキックを呼び出して攻撃するだけです。


■サイキックの選択

《ゼロ》は、ブレイクするシールドカードのコストより小さいコストのサイキックを呼び出します。
したがって、このデッキにはコストの小さいサイキックばかりが詰め込まれています。

相手のシールド次第なので「これを狙って出す」ということはしにくいですが、
「できればこれを狙いたい」というカードは、覚えておいた方がよさそうです。

《ゼロ》からの連続攻撃を狙う場合は、バトルゾーンにいる《ヤヌスグレンオー》を使いましょう。
《マティーニ》《シンカイヤヌス》《アクア・カトラス》を出せば、ループ覚醒ができます。
W・ブレイクの2枚目で《キル》《ブーストグレンオー》が出せれば、そこから追加攻撃となります。

理想は《アクア・カトラス》にスピードアタッカーを付けて攻撃ですが、
そのためには6コスト以上のカードをブレイクすることになります。
ただし、それが《デーモン・ハンド》や《アクア・サーファー》のようなトリガーの場合は、
無理にループ覚醒を狙わなくてもいいかもしれません。

ブレイクするシールドが6コスト以上のS・トリガーの場合は、
《ハイドラ・ギルザウルス》を出しておくのも手。
こちらがサイキックを出したあとにブレイクなので、
相手はマナを削らなければ、トリガーを使えません。
ここでテンポを削いでおけば、ペースを握れるでしょう。

追加攻撃を狙わない場合は《アンタッチャブル》を置いておくのもいいですね。
《シンカイヤヌス》がループ覚醒しているので、ターン終了時に覚醒することができます。

また、うっかり8コスト以上のカードがブレイクできた場合には、
《アンタッチャブル・パワード》を出して(ついでにループ覚醒)おくこともできますね。


《ガイアール・ゼロ》をカッコよく使って、サイキックでバトルゾーンを制圧しましょう!
| 一城なつき | デュエル・マスターズ(デッキ) | 01:28 | comments(4) | trackbacks(0) |
J
PAGE TOP
本当に《ガイアール・ゼロ》は楽しいですよね。超次元ゾーンが基本的にアンコモンだけになるのも嬉しかったり。

単体だと手を伸ばしづらい《ハイドラ・ギルザウルス》の明確な居場所なのもなかなか。

スペースの都合上、もはや好みの問題ですが、《時空の魔陣オーフレイム》も良さそうです。
| 封魔カオス | 2011/07/22 6:11 PM |
コメントありがとうございます。

今日、何度か回してみた結果《パクリオ》が抜けました。
コストを選んで埋める余裕がなく、たいてい《ジェニー》などの厄介なカードを埋めざるを得なかったので……。
そうなるとシールドが増えるだけで特をしないことが判明。

《ハイドラ・ギルザウルス》もオシャレではあるのですが……
難しいところですね。
《ボルシャック・ホール》がガッツリ活かせる《ボルシャック》のほうが適任かもしれません。
《シンカイヤヌス》から撃つとやっぱり強いので。
| なつき | 2011/07/23 7:57 PM |
アンタッチャブルは2枚あっても良いのではないでしょうか?

青ヤヌス→ガイアールゼロでループ覚醒、ガイアールゼロをスピアタに
→ガイアールの攻撃が通り、ブレイクしたカードがどちらもコスト3以上であれば、アンタッチャブルx2を出せばターン終了時に2体とも覚醒、となるので相手としてはかなり苦しいと思いますよー。
| 天香 | 2011/07/24 12:16 AM |
>天香さん
《ゼロ》デッキの最新型の記事を載せましたが、
サイキックの枠は調整段階です。
《アンタッチャブル》の覚醒は魅力的ではありますが、
他のサイキックの枠との競合もありますし、
なにより白いのが《ヤヌス》との兼ね合いでじゃっかん不利ってのがあります。
赤・青を多めに入れて《ヤヌス》で稼ぐ構成がいいのか、
《アンタッチャブル》に特化して並べるのがいいのかは今の段階でははっきり結論は出せないですね。

とりあえずは、ここ一番に1体出してフィニッシュに使う方向で検討してみます。
| なつき | 2011/07/24 11:31 AM |









http://castle1moon.jugem.jp/trackback/2982

トラックバックは、この記事へのリンクを張って送信してください。
お手数ではありますが、スパム避けのためよろしくお願いいたします。
+ SELECTED ENTRY
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+ BANNER
qrcode
ブログバナー(88×31が適正です)
■ DUEL MASTERS
【所持デッキ】
グリーン・デイ
熱血ビート!
【殿堂入り】
無限デフォーマー

■ ヴァンガード
【所持デッキ】
ペイルムーン

■ 遊戯王
【調整中】
シモッチバーン

※クリックすると各デッキの関連記事へ飛びます。
+ ARCHIVES
+ PROFILE