デュエルマスターズetcブログ。

一城なつきのJUNK!×3


デュエル・マスターズ(デュエマ)メインだったブログ。
最近はMTGの統率者戦がメイン。青緑が好み。略称「JUNK」。
時々、他のトレーディングカードゲームも書いています。
「最強デッキ」より「最驚デッキ」を!

ブログへのリンクはご自由にどうぞ。
各記事へのリンク・トラックバックも歓迎いたします。

ヴァンガードの記事は、姉妹ブログ《蒼の月夜》にて。
+ JUNK MENU
<< TCG:カードゲームに対するイメージとは? | main | TCG:「ヴァンガード」に見る、カードゲームの作用と副作用 >>
DM:怪情報に《カラフル・ダンス》


過去にも記事にしていたりしますが……。

今回の「偽新弾情報」は、かなり手の込んだものだったようですね。
エキスパンションまるまるひとつ分の「偽情報」が、各所に影響した様子。
個人ブログから、カードショップの攻略記事にまで。

幸い、私はしばらく怪しんでいたので、今のところ、あまり踊ってはいません。
(完全に「偽情報である」という確証も持っていないので、まだ半信半疑です)
しかし、きっと今後も、似たようなことは起きるんじゃないかなと思います。

DM30弾《叡智の結晶 アカシック・タワー4》:教訓は活かしましょう。
■情報は、速さが重要。

とは言え、速くても不正確な情報には意味がないわけで、
「正確さを求めた上で、可能な限り速い」というのが、いい情報の条件です。

過去にも記事にしましたが、ネット上では時に情報が独り歩きし、大きく広がってしまうことがあります。

情報が正確なものでなくても、信じてしまう人間が大勢います。
多くの人が信じてしまえば「こんなにたくさんの人が言っているなら正確だろう」と、信じる人が増えていきます。
そして、元の情報が「嘘」であっても、まるで本当のことのように広がっていくのです。

……実際には、それで結果オーライということが多いわけなんですけど。

でも、そうじゃないことだってあるんだぞ、ってことを知っておくと、
いざという時に踊らされなくてすむと思うのです。


■新弾情報!新殿堂情報!

カードゲームプレイヤーならば、すぐにでも飛び付きたい情報があります。

今回の「新弾情報!」もそうですし、
過去には「新殿堂情報!」もありました。
変わったところでは「エイプリルフールの企画」なんかも、ここに入れてもいいかもしれません。

覚えていらっしゃいますか?

《威牙提督カゲロウ》や《叡智の結晶 アカシック・タワー4》などのカード情報。
「《インドラ》《ファラオ》が殿堂入り」という偽殿堂情報。

結果的に情報が間違いで、ちょっと残念に思った人もいることでしょう。

ぜひ、それを忘れず、同じ轍を踏まないように気をつけていただきたいなあと思うのです。
(エイプリルフールは、むしろ騙された方が楽しいですけどね!)

今回のように、情報がいかにも「ホントっぽい」ものであっても、偽情報は偽情報です。
悪意の有無はともかく、偽情報は、むしろホントっぽいものが多いわけですしね。
エイプリルフールでは、画像ソースまで作っちゃう人がいるわけですし。


■今回の怪情報の功罪

私個人の中では、まだ半信半疑の今回の怪情報。
しかし、周辺では「偽物」として一件落着したようです。

この一件が、今後プレイヤーにどのような影響を与えるかはわかりませんが、
Kanjuさんの考察は、なかなか面白いなあと思いました。

そもそも、もっとも正確で速い情報は、本来であれば公式の発表であるはず。
デュエル・マスターズで言えば、多くの場合はコロコロコミックなどであるわけです。

公式としては、コロコロが売れた方がいいわけで、
あまり早くwebに情報が出回って、それでユーザーが満足してしまうのは嬉しいことではない。

しかし「速さはあるけど、webの情報は嘘が多いからなあ……」ということになれば、
確認のためにコロコロを買う人が増えるかもしれません。
コロコロ側は何もしていないのに、web情報の信用が落ちることで、そこに乗っかる形になると。

今後、ユーザーの「情報を見る目」が変わっていけば、今回の一件も、あって良かったってことになるのかも。

ちなみに情報を全部確認してはいませんが、
なかなか楽しそうなカードばかりで「実際に出るといいなあ」と思ったものもあったような。
踊ることはしませんでしたが、私はひそかに楽しかったです。
| 一城なつき | デュエル・マスターズ | 10:15 | comments(2) | trackbacks(0) |
J
PAGE TOP
数日パソコンを触っていなかった・・・のと、新弾情報は西日暮里東口の「記事本文」に載せられたものしか信じないようにしてるので、どうにか回避できました。

それでも、ニシハラさんを騙すほど巧妙な情報が流れる可能性があるので油断は禁物ですね。

・・・今、東口のコメ欄のガセ見てきましたが、なかなかありそうなカード達でしたw


《威牙提督カゲロウ》は、発売直後までWikiに載り続けるほど信じられていたカードでしたね。ガセの代名詞といえるかもしれません。
| 封魔カオス | 2011/09/14 6:07 PM |
コメントありがとうございます。

いろいろと怪情報は飛び交いますが、
結局のところ、しばらくすれば発売するわけで……。
待っていてもいいような気持ちでもあります(笑)

実際に手にするのを楽しみにすることにします。
| なつき | 2011/09/15 12:25 AM |









http://castle1moon.jugem.jp/trackback/3043

トラックバックは、この記事へのリンクを張って送信してください。
お手数ではありますが、スパム避けのためよろしくお願いいたします。
+ SELECTED ENTRY
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
+ BANNER
qrcode
ブログバナー(88×31が適正です)
■ DUEL MASTERS
【所持デッキ】
グリーン・デイ
熱血ビート!
【殿堂入り】
無限デフォーマー

■ ヴァンガード
【所持デッキ】
ペイルムーン

■ 遊戯王
【調整中】
シモッチバーン

※クリックすると各デッキの関連記事へ飛びます。
+ ARCHIVES
+ PROFILE