デュエルマスターズetcブログ。

一城なつきのJUNK!×3


デュエル・マスターズ(デュエマ)メインだったブログ。
最近はMTGの統率者戦がメイン。青緑が好み。略称「JUNK」。
時々、他のトレーディングカードゲームも書いています。
「最強デッキ」より「最驚デッキ」を!

ブログへのリンクはご自由にどうぞ。
各記事へのリンク・トラックバックも歓迎いたします。

ヴァンガードの記事は、姉妹ブログ《蒼の月夜》にて。
+ JUNK MENU
<< DM:今週のDASH TV! | main | ヴァンガード:不確定要素に対するフォロー(ドライブチェックとガーディアン) >>
ヴァンガード:《エリート怪人ギラファ》と4弾サイクル


公式サイトの「今日のカード」でついに明らかになった、メガコロニーの主戦力と思われるユニット。
4弾の「ファーストヴァンガードからグレード3までの成長サイクル」能力を持っています。
《エリート怪人ギラファ》
メガコロニー インセクト ノーマルユニット
グレード2 パワー9000 シールド5000 ☆1
永【V】:あなたのソウルに「蛹怪人ギラファ」があるなら、このユニットのパワー+1000。
自【V】:このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、相手のリアガードを1枚選び、
そのユニットは、次の相手のスタンドフェイズ中、スタンドできない。
メガコロニーの得意技「スタンド封じ」をノーコストで使用できる、プレッシャーが魅力のアタッカーです。

VG-BT04《虚影神蝕》BOX:メガコロニー、発進。
■《ギラファ》の性能は?

メガコロニーの得意技「スタンド封じ」は、相手の行動を大きく制限する「守備的な能力」です。
具体的には

1、アタックとブーストを封じる
2、アタック時、ブースト時、攻撃ヒット時の能力を封じる
3、レストして使用する能力を封じる

という3つの行動を縛ることができます。

たとえば、相手Vの後列にいる《ダッドリー・ダン》の「ブーストした時」能力を封じることも出来ますし、
《ばーくがる》の「レストする」ことで使える能力も封じることができるというわけです。

《ギラファ》の能力はV専用ではありますが、ノーコストで使用できるのは大きなメリットです。


■リアガードと連携はするか?

今のところ、グレード2以下で「アタックがヒットした時」の能力を持つユニットは明らかになっていません。
先日記事にしましたが、アタックヒット時の能力が重複する場合、ガードする側へのプレッシャーが大きくなります。

しかし、グレード3の《マスター・フロード》は、アタックヒット時のドロー能力を持っています。
《エリート怪人ギラファ》の次のユニットの能力次第では、ちょっと嫌な連携が見られるかもしれません。

他のグレード2のユニットと噛み合ったりするかもしれませんし、今後の情報に期待したいところですね。


■4弾サイクルの能力

さて、一部では「使い回し」と嫌われているこのサイクル。
ファーストヴァンガードからグレード3までの4枚がひとセットになっており、それぞれ共通した能力を持ちます。

G0(パワー5000)
指定されたG1ユニットがライドすると、指定されたG2のユニットを手札に加える。

G1(パワー6000)
V能力で、ソウルに指定されたG0ユニットがいれば、パワー+2000。
Rに登場した時、手札のG3ユニットを捨てて、指定されたG3ユニットを手札に加える。

G2(パワー9000)
V能力で、ソウルに指定されたG1ユニットがいれば、パワー+1000。

G3(パワー10000)
V能力で、ソウルに指定されたG2ユニットがいれば、パワー+1000。

グレード2のユニットからは、それぞれのクランの特性を生かした能力を併せ持つようです。

ソウルに特定のユニットを求める能力ですから、ソウルブラストなどは考えて使用する必要があります。
ただ、グレード2以降は、条件を満たさなくても標準クラスのサイズを持っているので、
あくまで「プラスアルファのボーナス」と捉えたほうがよさそうです。

鍵になるのが、グレード1のユニット。
Vにライドしたくもあり、Rにコールして能力を使いたくもあり。
なかなか難儀なユニットです。

……これ、ペイルムーンにあったら面白かったんじゃないかなー。
G2になった時に《ミッドナイト・バニー》などでグレード1のユニットをコールできますからね。
相手ターンの防御力がじゃっかん下がりますが、安定して指定されたグレード3へライドできる形になります。

アタックヒット時の能力があったりすれば、横の《ありす》なんかとも相性がいいし。
いやいや、妄想しても仕方ないですけどね。


名称を指定して、デッキの中の3種類(ファーストヴァンガードは除く)のカードを決めてしまうのは、
構築がある程度簡単になる反面、構築の幅を多少削ってしまうかことになります。

ヴァンガードは33〜34枚(+トリガーとFV)のデッキのゲームですから、
そのうちの3種類が決まってしまうと、残る選択肢はあまり多くありません。

脇を固めるカードで、どれだけクランの個性が出るものか、楽しみにしてみようと思います。
(ただ、ペイルムーンが登場しないので私はコミックスタイルまで待つかな……)
| 一城なつき | ヴァンガード(カード考察) | 10:30 | comments(1) | trackbacks(0) |
J
PAGE TOP
フルバウ系サイクルはペイルムーンにあると確かに面白そうですね。

完全に同一サイクルではなくても、例えばG0とG1だけ互換して、G2の参照はクリムゾン・ビーストテイマー、G3参照はバーキング・マンティコアみたいな感じだとソウルにクリムゾンが入りやすくなっていい感じかもしれません。

軸となるカードをサーチできる能力は強力なものなので、いずれはどのクランにも欲しいですね。
| ヤマビコ | 2011/10/25 10:11 PM |









http://castle1moon.jugem.jp/trackback/3085

トラックバックは、この記事へのリンクを張って送信してください。
お手数ではありますが、スパム避けのためよろしくお願いいたします。
+ SELECTED ENTRY
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
+ BANNER
qrcode
ブログバナー(88×31が適正です)
■ DUEL MASTERS
【所持デッキ】
グリーン・デイ
熱血ビート!
【殿堂入り】
無限デフォーマー

■ ヴァンガード
【所持デッキ】
ペイルムーン

■ 遊戯王
【調整中】
シモッチバーン

※クリックすると各デッキの関連記事へ飛びます。
+ ARCHIVES
+ PROFILE