デュエルマスターズetcブログ。

一城なつきのJUNK!×3


デュエル・マスターズ(デュエマ)メインだったブログ。
最近はMTGの統率者戦がメイン。青緑が好み。略称「JUNK」。
時々、他のトレーディングカードゲームも書いています。
「最強デッキ」より「最驚デッキ」を!

ブログへのリンクはご自由にどうぞ。
各記事へのリンク・トラックバックも歓迎いたします。

ヴァンガードの記事は、姉妹ブログ《蒼の月夜》にて。
+ JUNK MENU
<< DM:中の人「隙あらば作りたいね。隙あらば、ね」 | main | TCG:6周年記念企画、〆切りました。 >>
ヴァンガード:《パープル・トラピージスト》の使い方


先日4枚揃えることができた《パープル・トラピージスト》。
デッキに入れて使っていますが、まだまだ使い方に慣れていないためか
対戦中に「こうしたら良かった」と思うことがたくさんあります。

《パープル・トラピージスト》を絡めた動きは複雑になることがあるので、
あらかじめ動きを把握しておかないと、対戦中に悩むこともしばしば……。

実戦の中で思ったことを、メモ書きしておきます。

第3弾RR《クリムゾン・ビーストテイマー》:《ターコイズ》との入れ替えイリュージョン!
《パープル・トラピージスト》
ペイルムーン サキュバス ノーマルユニット
グレード1 パワー6000 シールド5000 ☆1
自:[他のあなたの《ペイルムーン》のリアガードを1枚選び、ソウルに置く]
このユニットが{R}に登場した時、あなたの《ペイルムーン》のヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。
払ったら、あなたのソウルから「パープル・トラピージスト」以外の《ペイルムーン》を1枚選び、
{R}にコールする。

■ノーマルコールする場合
ノーマルコールする時には「ソウルに入れるユニット」と「ソウルから呼ぶユニット」の両方を確認しましょう。
この時に注意したいのは、ユニットを置く場所。
「《トラピージスト》自身」「ソウルに入れるユニット」「ソウルから呼ぶユニット」の場所を考えてコールすれば、
無駄にユニットを退却させたりしなくてもよくなります。

《トラピージスト》を前列に出す
後列のグレード1のユニットをソウルに入れる
後列にグレード2のユニットを出す
《トラピージスト》と、グレード2のユニットの場所を入れ替える

……といった使い方もあると知っておけば、効率的にラインを作ることもできますね。


■スペリオルコールする場合
スペリオルコールは、現状2パターンが存在します。

1、《ナイトメアドールありす》《ミラー・デーモン》で呼び出す
2、《ミッドナイト・バニー》で呼び出す

このふたつ、それぞれの能力を使った場合に「空き」になる場所の違いがあります。
《ありす》《ミラー・デーモン》の場合は前列が空きますし、
《ミッドナイト・バニー》の場合は後列が空きます。

これらの能力が使えるバトルフェイズ中には「ユニットの前後の入れ替え」ができません。
そのため、ここでラインを作った場合、そのままの形で攻撃をする必要があります。

《ミッドナイト・バニー》で呼び出す場合は、開いた所に《パープル・トラピージスト》を呼び出し、
攻撃した前列のユニットを入れ替えることで、1列が完成します。
この場合、15000〜17000のラインを作ることができます。

《ありす》たちで呼び出す場合は、能力によって空く場所は前列です。
したがって、他のユニットを退却させなければ、後列に呼ぶことができない場合があります。
無駄な退却をさせないためには《トラピージスト》を前列に配置することになりますが、
そうなるとラインのパワーは最大で15000。通常は13000がやっとでしょう。

これをあらかじめ知っておけば、バトルフェイズに入る前のノーマルコールで、
どこに空きを作っておくか、あるいはどのリアガードを退却させていいかなどを考えておけます。

たとえば、

左に《ありす》の列、右に《レインボー・マジシャン》をブースターにした列を作っておけば、
右から攻撃することで、パワーを上げつつ後列を空けることができるかもしれません。


■その他の注意
私がよくミスをするのが《エレファント・ジャグラー》の能力。
《パープル・トラピージスト》を使おうとする場合は、

何かユニットをコールして、ソウルチャージ1枚。
《トラピージスト》をコールして、ソウルチャージ1枚。
今コールしたユニットを戻し、ソウルからユニットをコールして、ソウルチャージ1枚。

《トラピージスト》をコールして能力を使うと、
《エレファント・ジャグラー》の能力が2回誘発するので、ソウルチャージが2回できます。

そこに《ミッドナイト・バニー》などが加われば、さらにソウルチャージのチャンスなのですが、
この辺を忘れがちなので注意しなければですね。


上手く使いこなせた時は、ユニットが場とソウルを複雑に、かつ華麗に行き来します。
慣れてしまえばソウルとリアガードを、マジシャンさながらのカードさばきで動かせそう。
他のTCGでもこの手の複雑な動きは大好きなので、マスターしたいですね。
| 一城なつき | ヴァンガード(カード考察) | 17:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
J
PAGE TOP









http://castle1moon.jugem.jp/trackback/3117

トラックバックは、この記事へのリンクを張って送信してください。
お手数ではありますが、スパム避けのためよろしくお願いいたします。
+ SELECTED ENTRY
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
+ BANNER
qrcode
ブログバナー(88×31が適正です)
■ DUEL MASTERS
【所持デッキ】
グリーン・デイ
熱血ビート!
【殿堂入り】
無限デフォーマー

■ ヴァンガード
【所持デッキ】
ペイルムーン

■ 遊戯王
【調整中】
シモッチバーン

※クリックすると各デッキの関連記事へ飛びます。
+ ARCHIVES
+ PROFILE