マジック:ザ・ギャザリングetcブログ。

一城なつきのJUNK!×3


デュエル・マスターズ(デュエマ)メインだったブログ。
最近はMTGの統率者戦(EDH)がメイン。青緑が好み。略称「JUNK」。
時々、他のトレーディングカードゲームも書いています。
「最強デッキ」より「最驚デッキ」を!

ブログへのリンクはご自由にどうぞ。
各記事へのリンク・トラックバックも歓迎いたします。

ヴァンガードの記事は、姉妹ブログ《蒼の月夜》にて。
+ JUNK MENU
<< DM:ストロング・メタル・デッキ収録新規カード情報 | main | ヴァンガード:勝利のイメージ >>
ヴァンガード:攻撃するときのパターン


ヴァンガードの攻撃パターンは、おおきく4つに分けられると思います。

1、Rの攻撃をガードさせて、Vの攻撃を通す。
2、Vの攻撃をガードさせて、Rの攻撃を通す。
3、RもVもガードさせて、相手の手札を減らして次のターンに通す。
4、RもVもガードさせるものの、相手の手札をそれほど減らせずに攻撃が通らない。

……もちろん避けなければならないのは「4」のパターン。
ラインの構築がうまくいかなかった時などに起こりえる状況です。

「1」〜「3」については、デッキの戦略によってパターンが異なってきます。
自分のデッキがどれに当てはまるのかを理解しておくと、うまく攻撃ができるかもしれません。

第3弾RRR《ナイトメアドールありす》:ガードさせて、本命を通すために。
■Rの攻撃をガードさせて、Vの攻撃を通すパターン

リアガードに厄介な能力を持ったユニットを配置し、ガードを要求するパターンです。
この場合、ヴァンガードが先に攻撃し、トリガーでリアガードのパワーを上げられると、なお有効ですね。
(ダメージチェックで相手にトリガーを引かれるとちょっと困りますが)

スタンドトリガー狙いなどの場合は攻撃順が変わりますが、ガード回数が増えるので、これはこれで強力です。
1回目にガードされて、ヴァンガードの攻撃が通り、スタンドして2回目の攻撃が通れば最高ですね。

主なユニットは《ナイトメアドールありす》や《マジシャンガールキララ》などでしょうか。
一部の「フルブラスト」は攻撃がヒットした時に発動しますが、リアガードに配置すれば十分なプレッシャーです。


■Vの攻撃をガードさせて、Rの攻撃を通すパターン

ヴァンガードに厄介な能力を持ったユニットを配置し、ガードを要求するパターンです。
ヴァンガードにはドライブチェックがある分、ガードには高い数値が要求されます。
これを数ターンに渡って繰り返せば、相手の手札はかなり苦しくなるでしょう。

主なユニットは《孤高の騎士ガンスロッド》《エーデル・ローゼ》の能力発動時や、
条件を満たした《超次元ロボダイユーシャ》《イニグマン・ストーム》などでしょうか。

ツインドライブ!!の場合、1枚目でめくったトリガーのパワーをどこに投げるかは悩ましいところ。


■RもVもガードさせて、相手の手札を減らして次のターンに通すパターン

たとえば《CEOアマテラス》を前列に3枚並べた場合……。
そりゃ全部止めるしかないですね。

強力な布陣ではありますが、相手に選択の余地を与えないため、判断ミスを誘うこともできません。
お互いに深く考えることなく、攻撃側は前のめり、相手はガードしきるか諦めるか、という戦況になりますね。


相手のヴァンガードを狙うかリアガードを狙うか、そこの選択でも状況は変わってくると思います。
そのあたりも含めた考察は、またいずれということで……。
| 一城なつき | ヴァンガード | 21:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
J
PAGE TOP









http://castle1moon.jugem.jp/trackback/3134

トラックバックは、この記事へのリンクを張って送信してください。
お手数ではありますが、スパム避けのためよろしくお願いいたします。
+ SELECTED ENTRY
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
+ BANNER
qrcode
ブログバナー(88×31が適正です)
■ DUEL MASTERS
【所持デッキ】
グリーン・デイ
熱血ビート!
【殿堂入り】
無限デフォーマー

■ ヴァンガード
【所持デッキ】
ペイルムーン

■ 遊戯王
【調整中】
シモッチバーン

※クリックすると各デッキの関連記事へ飛びます。
+ ARCHIVES
+ PROFILE