マジック:ザ・ギャザリングetcブログ。

一城なつきのJUNK!×3


デュエル・マスターズ(デュエマ)メインだったブログ。
最近はMTGの統率者戦(EDH)がメイン。青緑が好み。略称「JUNK」。
時々、他のトレーディングカードゲームも書いています。
「最強デッキ」より「最驚デッキ」を!

ブログへのリンクはご自由にどうぞ。
各記事へのリンク・トラックバックも歓迎いたします。

ヴァンガードの記事は、姉妹ブログ《蒼の月夜》にて。
+ JUNK MENU
<< ヴァンガード:攻撃するときのパターン | main | DM:ハンターは刃ループの夢を見るか? >>
ヴァンガード:勝利のイメージ


FB秋葉原の、ヴァンガードショップ大会に参加してきました。

使用したデッキは「ペイルムーン」。
普段は自分の手札や場のことで頭がいっぱいで、勝った時にもよくわからないままでしたが、
今日はめずらしく冷静に状況を見ながら戦えたような気がします。

相手のドライブチェックもきちんと確認して、手札枚数とガード値を見ながら戦えました。。
「2回負けたら敗退システム」で、4戦やって3勝1敗。
決勝卓まで残りましたが、最終戦で負け。いや、でも善戦した!

第3弾RR《冥界の催眠術師》:完全ガードが命綱?
■1戦目 vs「オラクルシンクタンク」

トライアルデッキがベースと思われる、オラクルデッキ。
しかし《神鷹一拍子》から《ツクヨミ》という流れも採用している様子。

序盤は相手がライド事故……が、こちらも一気に攻めに行ける手札ではなく、
そうこうしているうちにお互いにグレード3。
ライド事故に乗じたアドバンテージは、3回ヒールトリガーをめくられて消滅。

……しかし順調に《クリムゾン・ビーストテイマー》をソウルに送れたおかげで、
相手のガードをどんどん切っていくことができました。
中盤からは、ヴァンガードの攻撃に相手がギリギリのシールド値でガードしたところに
トリガーで貫通という場面もありました。

あと、相手の《ダーク・キャット》の恩恵も大きかったかな。

最後は5点まで追い詰められたものの、キッチリガードができました。
《ありす》で《セキュリティ・ガーディアン》を攻撃し、連続攻撃を起点に押し切って勝利!

やっぱり《トラピージスト》とのコンビネーションは強かったですね。


■2戦目 vs「ロイヤルパラディン」

ドロートリガー多めで《ホーリーディザスター・ドラゴン》を軸に置いたロイヤルパラディン。
一撃が重く、ガードしにくいのが厄介なユニットです。

まずは相手が《小さな賢者マロン》にライド。
返しのライドは《ターコイズ・ビーストテイマー》。
ブーストが置けなかったのですが、とりあえず攻撃……すると、なんとクリティカル!
幸先のいい初手でした。

その後《アカネ》の能力なども使われましたが、相手のラインが20000を超えなかったため、
手札をある程度温存しながら戦えました。

この試合も《トラピージスト》で《クリムゾン》をソウルに送れたため、こちらの攻撃力は十分。
ヴァンガードのラインを21000にして、リアガードに《ありす》を、ソウルに《トラピージスト》を配置。
連続攻撃を「おとり」にして、相手の手札をうまく削ることができました。

ガードのために手札を使わせれば、相手は《ホーリーディザスター》の能力が使えませんからね。

最後は姉妹の20000ラインで攻撃し、勝利!


■3戦目 vs「ノヴァグラップラー」

《ブラウユンガー》スタートで《シュテルン》までつなげるデッキ……ですが、
8000ブースターに《ダークメタル・バイコーン》が入ったデッキでした。

相手の初手が芳しくなかったようで、最初のライドが《ダークメタル・バイコーン》。
次のライドは《ハングリー・ダンプティ》と、相手のライドは事故ではないものの、いまひとつ。

こちらはグレード2までしか引けていませんでしたが、3ターン目のトップが《バーキング・マンティコア》!
3戦連続で、順調なライドができました。
ソウルに《クリムゾン》を送り、21000のラインを構築できました。

相手はグレード3で《シュテルン・ブラウクリューガー》にライドできましたが、
後列に《スリー・ミニッツ》でパワーは15000ライン。十分なんですけどね。

通すと危険な《シュテルン》をキッチリガードし、ヒールトリガーの運も乗って、流れをつかめました。
最後は《ミッドナイト・バニー》のプレッシャーをかけて勝利!


■最終戦 vs「メガコロニー」

《幼虫》から《蛹》へ、そして《エリート》へ。
グレード3にはいろいろなユニットがあったようですが、順当なメガコロニーという感じでした。

序盤から順調に《蛹》→《エリート》へとライドされ、一気にピンチに。
こちらの手札にはグレード3がだぶついてしまい、ガードもできずにダメージ差が広がってしまいました。

何とか《ありす》と《ミッドナイト・バニー》でダメージを稼ぐも、
相手のクリティカルトリガーで手札をごっそり持って行かれてしまいました。

ライド事故だけは回避できたものの、
手札が切れたころに「ツインドライブ!!」で《マンティコア》2枚を引いてしまい、万事休す。

ラインは+3000された《マンティコア》の後ろに《パープル・トラピージスト》というもったいない状況。
《レディ・ボム》に《ミッドナイト・バニー》を縛られるなどの妨害も受け、なかなか攻撃が通りません。

6点目のヒールで何とか望みをつないだものの、残念ながら点差はひっくり返せませんでした。


■まとめ

せっかくなので優勝したかった!という欲はありますが、善戦しました。
ストレートで落ちることも多かったので、ここまで勝てたのは本当に珍しい。

落ち着いて相手の手札を観察しながら戦えば、もっと面白さが見えてきそうです。

コミックスタイルではペイルムーンの強化も期待できますし、プレイングを磨いておかなければですね。

ちなみに参加賞は《ジャイロ・スリンガー》。
スパイク使いの身内に譲ろうと思っています。
| 一城なつき | ヴァンガード | 23:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
J
PAGE TOP









http://castle1moon.jugem.jp/trackback/3135

トラックバックは、この記事へのリンクを張って送信してください。
お手数ではありますが、スパム避けのためよろしくお願いいたします。
+ SELECTED ENTRY
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
+ BANNER
qrcode
ブログバナー(88×31が適正です)
■ DUEL MASTERS
【所持デッキ】
グリーン・デイ
熱血ビート!
【殿堂入り】
無限デフォーマー

■ ヴァンガード
【所持デッキ】
ペイルムーン

■ 遊戯王
【調整中】
シモッチバーン

※クリックすると各デッキの関連記事へ飛びます。
+ ARCHIVES
+ PROFILE