デュエルマスターズetcブログ。

一城なつきのJUNK!×3


デュエル・マスターズ(デュエマ)メインだったブログ。
最近はMTGの統率者戦がメイン。青緑が好み。略称「JUNK」。
時々、他のトレーディングカードゲームも書いています。
「最強デッキ」より「最驚デッキ」を!

ブログへのリンクはご自由にどうぞ。
各記事へのリンク・トラックバックも歓迎いたします。

ヴァンガードの記事は、姉妹ブログ《蒼の月夜》にて。
+ JUNK MENU
<< DM:「アンノウン」の《偽りの名(コードネーム)》 | main | DM:「刃&プリン」 >>
ヴァンガード:ヴァンガードのデッキの組み方


ヴァンガードは、いくつかの基本をおさえることで「デッキ」を組むことができます。

実際に強いデッキにしようと思えば、いろいろ考えて構築する必要がありますが、
「フリー対戦でちゃんと戦えるデッキ」を組むのであれば、そんなに難しいことはありません。

今回は「ヴァンガードのデッキの組み方」を、少し解説してみます。

トライアルデッキ「桜花の姫巫女」:構築済みから始めるのも、アリ。
■3つの基本

デッキを組むために知っておく基本事項は、3つあります。

1、クランを合わせる
2、グレードのバランスを取る
3、戦略を考える

これらのことを考えながら、34枚のノーマルユニットと、16枚のトリガーユニットを選んでいきましょう。
この基本がおさえられていれば、うまく回りやすく、勝てるデッキになることでしょう!


■1、クランを合わせる

ヴァンガードには、いろいろなクランがあります。
カードの種類が多いクランほど、選択肢が多く、強くなりやすいクランといえるでしょう。

ただ、ここは「自分の好きなクラン」を選ぶのがいいと思います。
せっかくのトレーディングカードゲームです。イラストや雰囲気も含めて、愛着の持てるデッキで楽しみましょう!

ヴァンガードのクランについては、このあたり(ヴァンガードwiki)をご参照ください。

デッキを組む際には、メインとなるクランをひとつ選び、できるだけそのクランのカードでまとめましょう。
ユニットの能力は、ヴァンガードのユニットが同じクランでないと能力を発揮できないものもありますし、
トリガーユニットの能力も、ヴァンガードかリアガードに同じクランのユニットが必要です。

クランをあまりバラバラにしてしまうと、せっかくトリガーを引いても能力を使えないこともあります。
トリガーは逆転のチャンスになる大切な能力なので、しっかり発動できるようにしておきたいですね。


■2、グレードのバランスを取る

ヴァンガードに指定したユニットには、ひとつ大きなグレードのユニットを「ライド」していくことができます。
この「ライド」が順調に進むかどうかが、ファイトの行方を大きく左右します。

端的に、グレードが順調に上がっていけば有利になりますし、
途中でライドができなくなると、状況は不利になっていきます。

理想は、1ターン目にグレード1、2ターン目にグレード2、3ターン目にグレード3と、
毎ターン、ひとつ上のグレードへライドしていけること。
そのために、デッキに投入するユニットのグレードには、十分注意しましょう。

公式のクイックマニュアルにも、各グレードの参考枚数が書いてあります。
グレード0:17枚(トリガーユニット16枚+ファーストヴァンガード1枚)
グレード1:15枚
グレード2:10枚
グレード3:8枚

1〜2枚の違いは許容範囲になると思いますが、たとえばグレード3が15枚などの極端な枚数になると、
順調にライドしていくことが難しくなってしまいます。
まずはこの枚数を参考にして、デッキに投入するユニットを選んでいきましょう!


■3、戦略を考える

ヴァンガードのデッキには「戦略」が必要です。

ただ50枚のカードを選んでもファイトはできますが、
自分のお気に入りの切り札に合った「戦略」を考えてデッキを組んだ方が、強くて楽しいはず!
カードのテキストをよく読んで、相性のいいユニットを探していきましょう。

たとえば……

《クリムゾン・ビーストテイマー》は、ソウルに同名カードがあるとパワーアップするユニットです。
この能力を活かすためには、どんなユニットを入れていけばいいでしょうか?

ソウルを増やしていく《スカル・ジャグラー》や《エレファント・ジャグラー》を投入!
同じく《クリムゾン》がソウルにあるとパワーアップする
《ターコイズ・ビーストテイマー》や《バーキング・マンティコア》も採用!

……といったように、同じクランのユニットの中で、相性のいいカードが見つかることでしょう。
それらのユニットを集めて、デッキにしていくのがいいですね。


また、前列のユニットと後列のユニットのパワーをよく考えることも重要です。

以前「攻撃する時に考えておくべきこと」という記事を書きましたが、
実は、デッキ構築の段階から、ある程度考えておいた方がいいと思っています。

今の環境は、相手のヴァンガードのパワーが11000ということが、結構多いです。
なので、前列に配置するユニットと、後列に配置するユニットの合計パワーが「21000」や「16000」になるように
いろいろなパターンを考えながらユニットを選んでいくといいと思います。

グレード2にパワー8000のユニットが多いなら、グレード1にパワー8000のユニットを多く入れるとか。
グレード3の切り札が14000までパワーを上げられるなら、グレード1には7000を入れておくとか。

私は以前《ゴールデン・ビーストテイマー》のデッキを考える時に、21000のラインを意識して考えました。

実戦では、必ずしもうまくラインを作れるわけではありませんが、考えておくと、一歩有利なはずです。


■おまけ、カードを集める時のポイント

ヴァンガードのデッキを組む時には、ひとつのクランを選んで組んでいくことが多いです。
(今後、クランを混ぜる構築も増えていくとは思いますけれど)

友達同士で協力し合って、
「自分の欲しいクランのカードと、友達が欲しがっているクランのカードを交換する」
という集め方ができると、無駄になるカードが少なくなっていい感じです。

ちなみに私は「ペイルムーン」のデッキを組んでいるので、他のクランのカードは仲間に譲っています。

仲間が増えれば、デッキも組みやすくなっていくはず。
さあ、友達を誘ってヴァンガードやろうぜ!
| 一城なつき | ヴァンガードのデッキの組み方 | 20:00 | comments(3) | trackbacks(0) |
J
PAGE TOP
参考になりました(^-^)
始めたばかりなので、デッキの組み方が分からず困っていました。でもおかげでデッキが組めて嬉しいです^_^なるかみデッキで頑張ります。
| 黄色 | 2013/06/16 9:44 PM |
わかりやすかったです!
デッキが作れました!ちなみに、エンジェルフェザーです♪
| 3DS 11歳 | 2013/06/23 4:59 PM |
ヴァンガードやりませんか
| つばさ | 2013/07/10 9:58 PM |









http://castle1moon.jugem.jp/trackback/3161

トラックバックは、この記事へのリンクを張って送信してください。
お手数ではありますが、スパム避けのためよろしくお願いいたします。
+ SELECTED ENTRY
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
+ BANNER
qrcode
ブログバナー(88×31が適正です)
■ DUEL MASTERS
【所持デッキ】
グリーン・デイ
熱血ビート!
【殿堂入り】
無限デフォーマー

■ ヴァンガード
【所持デッキ】
ペイルムーン

■ 遊戯王
【調整中】
シモッチバーン

※クリックすると各デッキの関連記事へ飛びます。
+ ARCHIVES
+ PROFILE