デュエルマスターズetcブログ。

一城なつきのJUNK!×3


デュエル・マスターズ(デュエマ)メインだったブログ。
最近はMTGの統率者戦がメイン。青緑が好み。略称「JUNK」。
時々、他のトレーディングカードゲームも書いています。
「最強デッキ」より「最驚デッキ」を!

ブログへのリンクはご自由にどうぞ。
各記事へのリンク・トラックバックも歓迎いたします。

ヴァンガードの記事は、姉妹ブログ《蒼の月夜》にて。
+ JUNK MENU
<< TCG:オフ会を開催しよう! | main | DM:「ギャンブルタワー」と「鳥ドラタワー」 >>
ヴァンガード:非公式ルールの考察


久々にヴァンガードの記事。
オリジナルルールの考察は、こっちでやったほうが落ち着くんですよねー。


《蒼の月夜》で書いた「忍者めくり」が以外と形になりそうだったので、いろいろ考えてみようと思います。

「坊主めくり」の変形だけでもそれなりにゲームになるのでしょうけど、
せっかくのヴァンガードのルールですから、ヴァンガードらしくファイトしたいもの。

twitterでもいろいろ書いていましたが、ここで一度まとめてみようと思います。


なぜ「忍者」かというと、たぶんみんな「ぬばたま」を余らせてるでしょ?ってことで。

第1弾R《忍竜ボイドマスター》
■「忍者めくりファイト」の概要

山札を共有する。
初期手札は0枚からスタート。

ファーストヴァンガードは、数枚の束からグレード3のユニットをランダムに選ぶ。
コモン〜レア程度のグレード3であれば、シンプルでいいんじゃないかな。

ドローフェイズに山札を上から順に、
「ぬばたま」か「むらくも」のユニット(忍者)が出るまで表向きにしていく。
出たら、表向きにしたカードを手札にする。
(必要であれば、手札の上限を設定する!……MAX5枚くらい?)

あとは通常のファイトと同じように、
ライド、コール、(後攻から)攻撃をしていく。

特別ルールとして、
「ドライブチェック」か「ダメージチェック」で忍者のユニットをめくってしまったら、
そのプレイヤーは手札をすべて捨てる……というのを追加したい。


■デッキ構築のポイント

クランについては、ある程度統一したいなと思っています。
最初は、シンプルな能力のユニットを集めたいところです。

ドロー枚数を決定する忍者の枚数は、期待値が3〜4くらいがいいかなあ。
あとは適当でもいいか。

トリガーについてはちょっと悩みどころですが、
スタンドトリガーとドロートリガーを忍者以外にして、
クリティカルとヒールを忍者(むらくも)にすると、クリティカルなんかが弱くなっていいかも?

ただし《忍竜ボイドマスター》が
「パワーアップして攻撃して、クリティカルで手札を捨てて能力発動」
なんて状況もありうるので、これはこれで……。


■ルールはシンプルにしたいんですけど

さて、わかりやすいルールを作れるかな?

いくら面白くても、複雑なルールでは広がりがなくなりますからね。
「忍者めくり」という語感は好きなので、うまく育ててあげたいところです。
| 一城なつき | ヴァンガード | 22:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
J
PAGE TOP









http://castle1moon.jugem.jp/trackback/3283

トラックバックは、この記事へのリンクを張って送信してください。
お手数ではありますが、スパム避けのためよろしくお願いいたします。
+ SELECTED ENTRY
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
+ BANNER
qrcode
ブログバナー(88×31が適正です)
■ DUEL MASTERS
【所持デッキ】
グリーン・デイ
熱血ビート!
【殿堂入り】
無限デフォーマー

■ ヴァンガード
【所持デッキ】
ペイルムーン

■ 遊戯王
【調整中】
シモッチバーン

※クリックすると各デッキの関連記事へ飛びます。
+ ARCHIVES
+ PROFILE