マジック:ザ・ギャザリングetcブログ。

一城なつきのJUNK!×3


デュエル・マスターズ(デュエマ)メインだったブログ。
最近はMTGの統率者戦(EDH)がメイン。青緑が好み。略称「JUNK」。
時々、他のトレーディングカードゲームも書いています。
「最強デッキ」より「最驚デッキ」を!

ブログへのリンクはご自由にどうぞ。
各記事へのリンク・トラックバックも歓迎いたします。

ヴァンガードの記事は、姉妹ブログ《蒼の月夜》にて。
+ JUNK MENU
<< DM:ゴールデン・エイジ超全集! | main | DM:ゴールデン・エイジは種族推し?「ドリームメイト」 >>
DM:《拷問ロスト・マインド》


久々に、超強力な「手札破壊」の登場です。
《拷問ロスト・マインド》
黒 4マナ 呪文
■相手は自身の手札を見せ、その中の呪文をすべて捨てる。
《スケルトン・バイス》《クローン・バイス》《ソウル・アドバンテージ》と、
これまで強力な手札破壊カードは規制されていく運命にありましたが、
はたしてこのカード、どのような運命をたどるのか……?

「4マナ」というマナ域は、往年の「白黒緑」系デッキを思わせますね。

コロコロドリームパック4《ゴースト・タッチ》
■コントロール対コントロールの「切り札」

ドロー、除去、超次元など、呪文を多く使うコントロールデッキは、
この《拷問ロスト・マインド》によって戦略が大きく崩れることが多いでしょう。

手札がすべて呪文だったら、その威力は《ロスト・ソウル》並。
序盤に喰らってしまったら、立て直すのは非常に難しいはずです。

特に「白黒緑」系のデッキでは、
先攻《フェアリー・ライフ》からの《拷問ロスト・マインド》でほぼ勝ちということも……?

うーん、往年の「加速→《ジェニー》合戦」を思い出しますね。


■対《ロスト・マインド》

この強力な《拷問ロスト・マインド》に対して、どう対抗したらいいでしょうか?

解答のひとつは「クリーチャーをたくさん使うこと」。

《フェアリー・ライフ》を使っていたところに《霞み妖精ジャスミン》を使うなど、
クリーチャーを中心にしたデッキ構築にしてしまえば、
先に《ロスト・マインド》を撃たれたとしても、被害を小さく抑えられます。

うまくいけば、相手は撃つだけ損する状況にもなり得ます。

ドローソースに《ハッスル・キャッスル》など、
呪文以外のカードで、自分のデッキに合ったものを見つければ、さらに抵抗力は高まりますね。

あるいは、前向きにどんどん攻撃していくビートダウンもいいかもしれません。
超次元呪文は使いにくいかもしれませんが、
これもクリーチャーの《次元流の豪力》など、選択肢はいろいろあるはずです。


もうひとつの解答は、さらに早い手札破壊を使うこと。

「加速→《ジェニー》」が流行していたところに《ゴースト・タッチ》や《アンラッキー・ダーツ》など、
さらに軽い手札破壊で先回りする戦略は、全国大会でも結果を残しています。

今回も「加速→《ロスト・マインド》」が流行し始めれば、
それに対抗して《マインド・リセット》や《ヤミノカムスター》などが流行する……かも?

《特攻人形ジェニー》で、両方面から対抗してみたりして。

いずれにしても、要注目のカード。
今後の環境を定義する1枚に……なるかもしれませんね。
| 一城なつき | デュエル・マスターズ(カード考察) | 19:48 | comments(6) | trackbacks(0) |
J
PAGE TOP
自分がデッキを作り身内だけでゲームしてるので、直接的に支障はないでしょうが

超次元に頼らなきゃならないカードプールしかない自分にとっては核弾頭ですねぇ

ローズキャッスルも似たような理由で使用を控えていました。

今でこそ無いですが、身内の弟がつれてくる子供たちに使われるかと思うと

ゾッとしますね
| 虹矢 | 2012/06/18 8:00 PM |
手軽に対策なら《ベルリン》が使いやすいですね。
《ロストマインド》対策のハンデスにも効きますし。

呪文が落ちることを利用して《フェルナンド》を使うのも楽しそう。
| バケツ | 2012/06/18 8:35 PM |
うーん・・・

確かに強力ですが、デッキ制作の幅を狭めてしまいそうなので自分は好きじゃないです。

まぁ、それでも結局使うんですけどね、勝ちたいんで(^^;
入るとしたら、黒緑超次元では無いでしょうか。
ちょうど4コスト圏やハンデスが弱いデッキなので、相性抜群です。
| 明日があるさ | 2012/06/19 5:41 PM |
コメントありがとうございます。

>虹矢さん
超次元とサイキックは、最近露骨な対策カードが増えていますね。
ここは「次元流」系クリーチャーの出番かもしれません。

>バケツさん
白黒同士の対戦では《ベルリン》がキーカードになるかもしれませんね。
無駄になりにくいですし、私が愛用している「ヘブンズ・ゲート」系にも必須になりそうです。

逆手に取った《フェルナンド》も面白いかもしれませんね。
「次のターンにあと1枚呪文を使って……」という状況が
《ロスト・マインド》のおかげでショートカットされたりして。

>明日があるささん
環境にこのカードが存在することを前提としたデッキ構築にはなりそうですね。
軽くて効果が大きいですが、欠点も明確なのがポイントでしょうか。
クリーチャーが多いデッキに対しては使い道がないので、
マナカーブに合わせて採用する場合は、他の手も考えなければいけないかもしれません。
| なつき | 2012/06/19 9:32 PM |
初コメです。いつもブログ読ませて貰ってます。

現状でロストマインドが刺さるデッキって多いでしょうね。Nエクスもセブンスタワーとか獰猛なる大地とかありますし。エンジンである吸い込むナウも落とせる。

個人的にはロストマインドを赤黒緑ビートに入れたいです。シビレアシダケとかのブーストからロストマインド、そこからさバイスカイザー展開、みたいな。
| アンタッチャブル | 2012/06/19 11:14 PM |
>アンタッチャブルさん
いつもご覧いただきましてありがとうございます!

加速からの《ロスト・マインド》は、先攻がそのまま勝つ流れにも持ち込めますね。
うまく《バイス・カイザー》までつながれば最高ですね。
《ギフト》入りのビートなら《バイス・カイザー》が《ロスト・マインド》並に軽くなります。
| なつき | 2012/06/21 9:25 PM |









http://castle1moon.jugem.jp/trackback/3301

トラックバックは、この記事へのリンクを張って送信してください。
お手数ではありますが、スパム避けのためよろしくお願いいたします。
+ SELECTED ENTRY
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+ BANNER
qrcode
ブログバナー(88×31が適正です)
■ DUEL MASTERS
【所持デッキ】
グリーン・デイ
熱血ビート!
【殿堂入り】
無限デフォーマー

■ ヴァンガード
【所持デッキ】
ペイルムーン

■ 遊戯王
【調整中】
シモッチバーン

※クリックすると各デッキの関連記事へ飛びます。
+ ARCHIVES
+ PROFILE