マジック:ザ・ギャザリングetcブログ。

一城なつきのJUNK!×3


デュエル・マスターズ(デュエマ)メインだったブログ。
最近はMTGの統率者戦(EDH)がメイン。青緑が好み。略称「JUNK」。
時々、他のトレーディングカードゲームも書いています。
「最強デッキ」より「最驚デッキ」を!

ブログへのリンクはご自由にどうぞ。
各記事へのリンク・トラックバックも歓迎いたします。

ヴァンガードの記事は、姉妹ブログ《蒼の月夜》にて。
+ JUNK MENU
<< DM:《守護聖天タース・ケルケルヨ》ワンショット | main | DM:「超トッキュー6」 >>
DM:祭サイクル(《メッサダンジリ・ドラゴン》など)


「ゴールデン・エイジ」で登場した、アンノウンとゼニスのサポートクリーチャーサイクル。
それぞれの召喚コストを軽減するクリーチャーが、各色に存在します。

共通して「アンノイズ」種族を持ち、名前に日本各地の「祭り」の名前が入っているのが特徴。
元ネタの祭りのことを調べてみるのも、面白いかもしれません。

各文明の特色を生かしたデザインになっていますが、
実際の使い勝手や相性のいいクリーチャーには差があるようです。

DMR-05弾ベリーレア《偽りの名バザガジー・ラゴン》
■光文明
《先導の精霊ヨサコイ》
白 4コスト パワー5000 エンジェル・コマンド/アンノイズ
■ブロッカー
■このクリーチャーは、相手プレイヤーを攻撃できない。
■自分のアンノウンの召喚コストを1、ゼニスの召喚コストを1少なくしてもよい。
ただし、コストは1より少なくならない。
光文明はブロッカー。
4コストのエンジェル・コマンドなので、そちらでの活躍もあるかもしれません。
サイズは普通ですが、相手の攻撃をけん制して長期戦に持ち込むにはいい能力ですね。

色が合えば、どんなデッキにも入れやすい万能な能力と言えるでしょう。


■水文明
《キング・エイサー》
青 4コスト パワー3000 リヴァイアサン/アンノイズ
■自分のアンノウンの召喚コストを1、ゼニスの召喚コストを1少なくしてもよい。
ただし、コストは1より少なくならない。
■このクリーチャーが破壊される時、墓地に置くかわりに自分の手札に戻す。
水文明の能力は、除去耐性。
とはいえ、除去されたあとに召喚し直すと、結局マナを1ターン無駄に使うことになっているような……。
5コストで何もすることがない状況であれば損も得もしていない気がしますが、
ちょっと難しい能力ですね。

種族もサポートがほとんどないので活かしにくく、サイクルの中では使いにくい方ではないでしょうか。


■闇文明
《黒神龍オンバシ・ラオーン》
黒 4コスト パワー4000 ドラゴン・ゾンビ/アンノイズ
■自分のアンノウンの召喚コストを1、ゼニスの召喚コストを2少なくしてもよい。
ただし、コストは1より少なくならない。
■自分のアンノウン/ゼニスをバトルゾーンに出した時、このクリーチャーを破壊する。
闇文明の能力はヤバいです。ヤバスギル・スキルです。
デメリットはありますが、そのメリットが非常に大きいのは闇文明らしいというか、何と言うか。
ゼニスの召喚コストが、このクリーチャーだけ「2少なくなる」のが大きな特徴です。
「アンノウン/ゼニス」は10コストのクリーチャーばかりのようですが、それが7に下がります。

自身が4コストなので、たとえば
《フェアリー・ライフ》→《オンバシ・ラオーン》とつなげば、
次のターンに《フェアリー・ギフト》からのゼニス登場、となりますね。

《フェアリー・ギフト》や《オンバシ・ラオーン》のディスアドバンテージくらいなら、一気にひっくり返します。
これ、4ターン目ですよ?


■火文明
《メッサダンジリ・ドラゴン》
赤 5コスト パワー5000 アーマード・ドラゴン/アンノイズ
■自分のアンノウンの召喚コストを1、ゼニスの召喚コストを1少なくしてもよい。
ただし、コストは1より少なくならない。
■バトルゾーンにある自分のアンノウンはすべて「スピードアタッカー」を得る。
火文明はスピードアタッカー化。
コストが5なので、スピードアタッカーを活かさないのであれば他のカードの方が優秀ですね。
せっかくなので、攻撃して強いアンノウンやゼニスを召喚したいところです。
《偽りの名イーサン》などもいい感じ……なのかな?

5コストのドラゴンということで、そっちを活かすデッキ構築もあるかもしれませんね。


■自然文明
《祭喰の超人(ドンタク・ジャイアント)》
緑 5コスト パワー5000+ ジャイアント/アンノイズ
■自分のアンノウンの召喚コストを1、ゼニスの召喚コストを1少なくしてもよい。
ただし、コストは1より少なくならない。
■自分のアンノウンがバトルゾーンにある時、このクリーチャーのパワーは+5000され、
「W・ブレイカー」を得る。
自然文明は自分自身のパワーアップ!
アンノウンやゼニスと一緒に攻撃してこそ強いというクリーチャーと組み合わせるのが強そうですね。
パワー10000は大雑把なパワーですが、下手な《ヘブンズ・ゲート》のブロッカーも叩き壊すので、
ガンガン攻撃するデッキであれば採用の余地は十分にありそうです。

特に相性がいいのは《偽りの名バザガジー・ラゴン》。
《偽りの名(コードネーム)バザガジー・ラゴン》
赤 7コスト パワー8000 アーマード・ドラゴン/アンノウン
■スピードアタッカー
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、そのターン、
このクリーチャーはタップされていないクリーチャーを攻撃できる。
■このクリーチャーがバトルに勝った時、そのターン、
バトルゾーンにある自分のクリーチャーすべてはタップされていないクリーチャーを攻撃できる。
■W・ブレイカー
5→7と綺麗につながる上、相手クリーチャーを一気に押しつぶすことができます。
使うなら、ぜひコンビで採用したいところですね。
というか、それ以外の使い道があまり強くないので……(笑)
| 一城なつき | デュエル・マスターズ(カード考察) | 11:28 | comments(3) | trackbacks(0) |
J
PAGE TOP
ライフ御柱ギフトゼニスはヤバいですね。やはり高速召喚しておいしいのはゼニス最強ことレディオ・ローゼスでしょうか。
かのソウル・アドバンテージに並ぶ速度で一気にアド差を稼げますね。

メッサダンジリは、コロコロ7月号の付録通りマキシマム・ザ・マックスと組むのが一番無難なところな気がします。
| 封魔カオス | 2012/07/07 3:50 PM |
↑メッサダンジリについて

連ドラに入れてコッコ→ダンジリ→偽りの名 バルガ・ラゴンて繋げるのはどう?

SA付加の上次のドラゴンにも繋げられてかなりいいと思うのだけれど。
| sho | 2012/07/08 11:53 PM |
コメントありがとうございます。

>封魔カオスさん
やはり《レディオ》がベストだと思います。
相手のマナが少ない状態で手札を切れて、かつ、自分が消費した手札を回収できるので。

《グレイテスト》も、破壊された《オンバシ》を回収できたりでいい感じですけどね。

>shoさん
《バルガ・ラゴン》は、まさにそうつなげてくれと言っていますね。
これで「12バルガ」や「16バルガ」が組めるようになったので、
ドラゴンデッキはますますにぎやかになりそうです。
| なつき | 2012/07/09 11:25 PM |









http://castle1moon.jugem.jp/trackback/3313

トラックバックは、この記事へのリンクを張って送信してください。
お手数ではありますが、スパム避けのためよろしくお願いいたします。
+ SELECTED ENTRY
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
+ BANNER
qrcode
ブログバナー(88×31が適正です)
■ DUEL MASTERS
【所持デッキ】
グリーン・デイ
熱血ビート!
【殿堂入り】
無限デフォーマー

■ ヴァンガード
【所持デッキ】
ペイルムーン

■ 遊戯王
【調整中】
シモッチバーン

※クリックすると各デッキの関連記事へ飛びます。
+ ARCHIVES
+ PROFILE