デュエルマスターズetcブログ。

一城なつきのJUNK!×3


デュエル・マスターズ(デュエマ)メインだったブログ。
最近はMTGの統率者戦がメイン。青緑が好み。略称「JUNK」。
時々、他のトレーディングカードゲームも書いています。
「最強デッキ」より「最驚デッキ」を!

ブログへのリンクはご自由にどうぞ。
各記事へのリンク・トラックバックも歓迎いたします。

ヴァンガードの記事は、姉妹ブログ《蒼の月夜》にて。
+ JUNK MENU
<< DM:祭サイクル(《メッサダンジリ・ドラゴン》など) | main | DM:「ゼロ包囲網」 >>
DM:「超トッキュー6」


デュエル・マスターズには「トッキュー8」というレギュレーション(?)があります。

パックを8つ購入して、その40枚をデッキとして勝負する!という、
わりとハッチャケたルールの対戦です。

普段は目にすることのない《サイバー・D・モンストレイション》などのクリーチャーも、
このルールでは結構侮れないクリーチャーだったりして楽しいもの。

……が、このルールの問題点は「結構お高い」という点。

端数は計算が面倒なので切り捨てて、1パック150円で販売しているお店で遊んだとしても、
8パックだと1200円。ちょっと高い。
ぶっちゃけた話、1000円でお釣りが来て欲しい。

とすると、6パックで勝負するのが、実はちょうどいいのでは?

プロモカード《フェアリー・ライフ》
■6パックの利点

6パックにした時の利点としては、

・値段が1000円を切る
1パック158円でも、1000円でお釣りが来ます。

・プロモーションカードがもらえる
これが5パックだと「キラッキラ黄金パック」などのキャンペーンに引っかからない

・ひと箱30パックで割り切れる
一応ね。ただ、偶数人数で割りきれませんけど。


というメリットがあります。
デッキが30枚になってしまいますが、別にいいでしょ。
サイキックがあったころに、すでに「40枚」の制約は取っ払ってますし、
そもそも、トッキュー8で山札切れになることってある?ないでしょ。

……「ゼニス」を出すための10マナという数字は確かにネックになりますが、
その解答はすでにありますし。


■「トッキュー」の歴史

「トッキュー8」になる前は、
10パックで勝負する「リミット10」や、12パックの「リミット12」というイベントもありました。

8パックになって、賞品も実用的になって、じゃっかん参加しやすくはなりましたが、
「もう一声!」という感じは、ぬぐえません。

誰か「超トッキュー6」、遊んでみません?

ふたりで1箱を買って「超トッキュー5」を遊ぶのもいいかもしれません。
| 一城なつき | デュエル・マスターズ | 15:42 | comments(2) | trackbacks(0) |
J
PAGE TOP
「超トッキュー6」面白そうですね。
千円と割とお手軽に楽しめますね。
今度友人とやってみたいと思います
| 平沢@唯 | 2012/07/08 6:39 PM |
>平沢さん
ぜひぜひ!やってみてください。
ちょうどプロモパックも貰えますし、いいんじゃないかなと思うんですけど。
| なつき | 2012/07/09 11:22 PM |









http://castle1moon.jugem.jp/trackback/3314

トラックバックは、この記事へのリンクを張って送信してください。
お手数ではありますが、スパム避けのためよろしくお願いいたします。
+ SELECTED ENTRY
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
+ BANNER
qrcode
ブログバナー(88×31が適正です)
■ DUEL MASTERS
【所持デッキ】
グリーン・デイ
熱血ビート!
【殿堂入り】
無限デフォーマー

■ ヴァンガード
【所持デッキ】
ペイルムーン

■ 遊戯王
【調整中】
シモッチバーン

※クリックすると各デッキの関連記事へ飛びます。
+ ARCHIVES
+ PROFILE