マジック:ザ・ギャザリングetcブログ。

一城なつきのJUNK!×3


デュエル・マスターズ(デュエマ)メインだったブログ。
最近はMTGの統率者戦(EDH)がメイン。青緑が好み。略称「JUNK」。
時々、他のトレーディングカードゲームも書いています。
「最強デッキ」より「最驚デッキ」を!

ブログへのリンクはご自由にどうぞ。
各記事へのリンク・トラックバックも歓迎いたします。

ヴァンガードの記事は、姉妹ブログ《蒼の月夜》にて。
+ JUNK MENU
<< DM:デッキ開発部&DASH TV、チェック! | main | MTG:「統率者戦(EDH)」再燃中。 >>
DM:カビパンロックの立ち回り


最近はカビパンロックしか回していないような気がします。
結局ロックに持ち込むので、展開としてはあまり楽しいものではないのですが、
今の環境であれば、このくらいやっても文句は言われないんじゃないかな、と(笑)

デッキレシピはこちら

《カビパン男》+《レッド・ライダーズ》によるマナ破壊で、
相手をロックして勝つというデッキです。

それまでのつなぎをどうするかが課題となりますが……。

■立ち回りのコツ

本命の《レッド・ライダーズ》は、最後に一気に出せばOK。
中盤までは、隙あらば狙う、程度でいいかなと思います。

まずは「負けないこと」から考えましょう。


(1)手札破壊+ブロッカーで、相手の攻撃の手を止めていきます。

《ヤミノカムスター》と《マクスヴァル》は、どちらもコスト3。
《激天下!シャチホコ・カイザー》で釣り上げることができます。
うまく使えば、相手の手を遅らせていくことができるでしょう。


(2)マナ拘束で、相手の除去を止めていきます。

超次元呪文から《勝利のリュウセイ・カイザー》を出して、マナを拘束しておきましょう。
除去をこれに撃たせれば、あとで《カビパン男》が生き残りやすくなります。

あとは《地獄門デス・ゲート》などを駆使して、何とか盤面を作りましょう。


■サイキック・クリーチャーの選択

状況が中途半端な時、超次元呪文から何を出すかは悩みどころです。

《勝利のリュウセイ・カイザー》でマナを止めるのか。
《激天下!シャチホコ・カイザー》で盤面を作り、ロックへ持ち込むのか。

このあたりは、まだまだ慣れが必要だなあと感じるところです。
相手のマナと自分の手札との相談で決めるしかないような気がしますけど。


うまくロックを決めることができれば、脱出はほぼ不可能です。

あとは《ガイアール・オレドラゴン》で〆るもよし、
時間が許せば《ゴキーン》ロックで山札切れで勝ちに行きましょう。
| 一城なつき | デュエル・マスターズ | 20:45 | comments(1) | trackbacks(0) |
J
PAGE TOP
自分はインフェルノカイザー+カビパン+オットコマエピーマンのループでカビパン使ってます。
| ぬ、 | 2012/07/31 5:26 PM |









http://castle1moon.jugem.jp/trackback/3319

トラックバックは、この記事へのリンクを張って送信してください。
お手数ではありますが、スパム避けのためよろしくお願いいたします。
+ SELECTED ENTRY
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+ BANNER
qrcode
ブログバナー(88×31が適正です)
■ DUEL MASTERS
【所持デッキ】
グリーン・デイ
熱血ビート!
【殿堂入り】
無限デフォーマー

■ ヴァンガード
【所持デッキ】
ペイルムーン

■ 遊戯王
【調整中】
シモッチバーン

※クリックすると各デッキの関連記事へ飛びます。
+ ARCHIVES
+ PROFILE