デュエルマスターズetcブログ。

一城なつきのJUNK!×3


デュエル・マスターズ(デュエマ)メインだったブログ。
最近はMTGの統率者戦がメイン。青緑が好み。略称「JUNK」。
時々、他のトレーディングカードゲームも書いています。
「最強デッキ」より「最驚デッキ」を!

ブログへのリンクはご自由にどうぞ。
各記事へのリンク・トラックバックも歓迎いたします。

ヴァンガードの記事は、姉妹ブログ《蒼の月夜》にて。
+ JUNK MENU
<< MTG:統率者(EDH)「執拗なネズミ」(9月23日更新) | main | MTG:統率者(EDH)「執拗なネズミ」(9月29日更新) >>
DM:カードゲーマーVol.6情報!


本日発売の「カードゲーマーVol.6」を購入しました!

今回の情報は、先日発売した「ビクトリー・ラッシュ」のカード分析や
デッキレシピ、メタゲームの分析など。

特に世間をにぎわせている《勝利宣言鬼丸「覇」》を使った「ビッグ・マナ」デッキは
メタゲームの分析においても大きなウエイトを占めていると。

Kブルーさんの分析だけではなく、Deadmanの行方にも要注目!

《カードゲーマーVol.6》:送料無料。
■4つのデッキ紹介!

「ビクトリー・ラッシュ」登場後のメタを分析するにあたり、
有力な4つのデッキを紹介しています。

ビート・速攻代表の「ワイルド・ベジーズ」。
ビッグ・マナ代表の「獰猛ヘッド」。
コントロール代表の「ゼニス・コントロール」。
戦略のイノベーター「iFormulaX」。

詳細なレシピは、カードゲーマーをご覧ください。買って損なし。

ワイルド・ベジーズは以前記事でも紹介しましたが、
記事で紹介されているのは赤緑バージョン。
ブロッカー対策を重視して《ヘブンズ・ゲート》などにも対応しうる形です。

ビッグ・マナは、まっすぐに《鬼丸ヘッド》へつなぐ形。
加速&ガチンコ・ジャッジ用に《薔薇の使者》を採用し、トップを積み込めるがポイントですね。

ゼニスコンは《「祝」の頂ウエディング》と《「智」の頂レディオ・ローゼス》という
コントロール特化のゼニスを採用。
序盤の手札破壊と加速から、早めにゼニスを召喚して「制圧」+「フィニッシャーの用意」を完了する。
コントロールにおけるゼニスの上手い使い方ですね。

戦略のイノベーターは、下準備=勝利という、一歩早い勝利をもたらすデッキとして紹介。
まったく新しい戦略を使いたい人は、要チェック!


■メタゲームのカルマをうんたらかんたら

そういえば、2回目の「デッキ対決」もKブルーさんの勝利で幕を閉じ、
無事に連載枠を防衛したのだとか。
(Deadmanの分析は「Kブルーに知名度で圧殺された」とのことですが)

そしてDeadmanは、ページ下部でみんなを見守ることになったようです。

それにしても、その「Deadman's Eye」や、デッキ紹介ページの矢印芸といい、
デュエル・マスターズのページは紙面の隅から隅まで活用しているなあ。
抜け目ないというか、素材の味を逃さないというか。

「6ページ」はヴァンガードも同じなんですけど、
身内びいきを差し引いても、読みやすさが段違いなファンキーガイなんだよなあ。


■一城なつきの「イチオシフレーズ」

チヤホヤチャンス

Deadmanのフレーズは毎度面白い。
| 一城なつき | デュエル・マスターズ | 18:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
J
PAGE TOP









http://castle1moon.jugem.jp/trackback/3351

トラックバックは、この記事へのリンクを張って送信してください。
お手数ではありますが、スパム避けのためよろしくお願いいたします。
+ SELECTED ENTRY
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
+ BANNER
qrcode
ブログバナー(88×31が適正です)
■ DUEL MASTERS
【所持デッキ】
グリーン・デイ
熱血ビート!
【殿堂入り】
無限デフォーマー

■ ヴァンガード
【所持デッキ】
ペイルムーン

■ 遊戯王
【調整中】
シモッチバーン

※クリックすると各デッキの関連記事へ飛びます。
+ ARCHIVES
+ PROFILE