デュエルマスターズetcブログ。

一城なつきのJUNK!×3


デュエル・マスターズ(デュエマ)メインだったブログ。
最近はMTGの統率者戦がメイン。青緑が好み。略称「JUNK」。
時々、他のトレーディングカードゲームも書いています。
「最強デッキ」より「最驚デッキ」を!

ブログへのリンクはご自由にどうぞ。
各記事へのリンク・トラックバックも歓迎いたします。

ヴァンガードの記事は、姉妹ブログ《蒼の月夜》にて。
+ JUNK MENU
<< DM:《味頭領ドン・ドリアン》 | main | ヴァンガード:「デスレックス軸たちかぜ」デッキレシピ >>
ヴァンガード:「ズィール軸ディメンジョンポリス」(フリーファイト用)


「ペイルムーン」ではないデッキなので、こっちでご紹介。
フリーファイト用と銘打ちながら、フリーでは嫌われそうなデッキです。

デッキ全体が「速攻」を意識した構築になっているため、
うまく回った時には、相手がグレード3になる前に決着します。

イロイロ調整中ではありますが、現在のレシピはこんな感じです。

第8弾RRR《銀河超獣 ズィール》
「ズィール軸ディメンジョンポリス」

■ファーストヴァンガード
《幼生獣 ズィール》

■グレード0(17)
1x幼生獣 ズィール
4xジャスティス・コバルト【☆】
3xアーミー・ペンギン【引】
3x宝石怪獣 ジュエルマイン【引】
2x騒音怪獣 デシベロン【醒】
4xガイド・ドルフィン【醒】

■グレード1(16)
4x滅びの瞳 ズィール
4xカレンロイド デイジー
3xマジカルポリス キルト
2xダイヤモンド・エース
2xスピードスター
1xグローリー・メーカー

■グレード2(11)
4x星を喰う者 ズィール
4x超次元ロボ ダイレディ
3xコズミック・マザーシップ

■グレード3(6)
4x銀河超獣 ズィール
2xミラクル・ビューティー

「グレード3が6枚」
「グレード2のバニラ不採用」
「ヒールトリガー不採用」
などなど、やたらと尖った構築になっています。
ま、フリーファイト用ということで、その辺はあまりツッコまないでください。

プレイングの基本は「3列で攻撃を続ける」、以上。
スタンドが絡めば、相手の戦線を一気に崩せます。

一応言い訳じみた解説をしておくと、このデッキは、相手のパワーラインを

「5000」→「7000」→「6000」
または
「8000」→「7000」→「8000」→「6000」

と想定しています。
つまり、こちらの《ズィール》連携ライドが成功した時を前提にしているというわけです。

目標ラインは、10000、16000(または21000)、17000(または12000)あたり。
5000に対して15000はほぼ組めないターンなので、その辺は妥協も含め。
目標ラインを達成するために、いろいろと小技を交える構築になっています。
この辺は、もう少し詰めていく余地がありそうですけど。

主戦場になるのは、16000〜17000というラインです。
リアガード前列のパワーは8000〜9000が多いため、8000程度のブーストが必要になりますね。
ただ、序盤から展開する関係で、ブーストが十分ではないシーンが多いです。
そういう時のために《超次元ロボ ダイレディ》を採用。
リアガードのパワーをうまくコントロールして、ラインを構築していきましょう。

8000+6000のラインも、サポートの+3000が加われば、17000となります。
《ダイレディ》のラインを17000に調整できれば、どこかで15000のガードを要求できるわけですね。

序盤から展開して10000を超えるガードを要求し続ければ、
こちらのダメージが多くなるシーンは、中盤まではほとんどありません。
したがって、ヒールトリガーが空振りする事が多いので、今回は抜いて構築しています。
もちろん、ヒールを入れて丸く構築しても問題ないと思います。


■各カードの解説

《マジカルポリス キルト》
手札交換用ブースター。相手のパワーを下げれば、能力を使う機会が増えます。
ドロートリガーも多めの構築なので、これで手札を回して質を高めましょう。
グレード3が少なめなので、序盤はグレード3を探したいところ。

《コズミック・マザーシップ》
リミットブレイク誘発ユニット。
序盤から攻めていくと、なかなか4ダメージにはたどり着けません。
相手の準備が整う前に、リミットブレイクで勝負を決めるのが《ズィール》のスタイル。
パワーは8000と低めですが、相手のパワーを−5000すればプラマイでお得です。

《超次元ロボ ダイレディ》
パワー調整用ユニット。自身のパワーが9000というのも偉い点です。
ただ、ライバルは多いので要調整の枠でもあります。

《ガイド・ドルフィン》
パワー調整用ユニット。序盤はブースターとしても活躍します。
最後の詰めで能力を使えると、非常に強力。

《スピードスター》
パワー調整用ユニット。ライバルは《陸戦支援型 イニグシップ》。

《ミラクル・ビューティー》
スタンド型の、頼れるおねえさん。
パワーライン17000あたりを狙っていくと、大変いい感じです。
やっぱり《イニグシップ》だろうか……?
| 一城なつき | ヴァンガード(デッキ) | 10:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
J
PAGE TOP









http://castle1moon.jugem.jp/trackback/3362

トラックバックは、この記事へのリンクを張って送信してください。
お手数ではありますが、スパム避けのためよろしくお願いいたします。
+ SELECTED ENTRY
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
+ BANNER
qrcode
ブログバナー(88×31が適正です)
■ DUEL MASTERS
【所持デッキ】
グリーン・デイ
熱血ビート!
【殿堂入り】
無限デフォーマー

■ ヴァンガード
【所持デッキ】
ペイルムーン

■ 遊戯王
【調整中】
シモッチバーン

※クリックすると各デッキの関連記事へ飛びます。
+ ARCHIVES
+ PROFILE