マジック:ザ・ギャザリングetcブログ。

一城なつきのJUNK!×3


デュエル・マスターズ(デュエマ)メインだったブログ。
最近はMTGの統率者戦(EDH)がメイン。青緑が好み。略称「JUNK」。
時々、他のトレーディングカードゲームも書いています。
「最強デッキ」より「最驚デッキ」を!

ブログへのリンクはご自由にどうぞ。
各記事へのリンク・トラックバックも歓迎いたします。

ヴァンガードの記事は、姉妹ブログ《蒼の月夜》にて。
+ JUNK MENU
<< ゲーム配信:ウィザードリィ外伝3 | main | DM:「ボルコン」とは何か? >>
DM:《真実の名 ボルメテウス・ゼロ・ドラゴン》


《真実の名 ボルメテウス・ゼロ・ドラゴン》
ゼロ 8コスト パワー8000 アーマード・ドラゴン/アンノウン
■このクリーチャーが相手のシールドをブレイクする時、相手はそのシールドを手札に加えるかわりに自身の山札の一番下に置く。
■W・ブレイカー
ホワイト・ゼニス・パックで登場した「文明がなくなったボルメテウス」。
パッと思いつくのは「デッキの色を選ばない、コントロールデッキのフィニッシャー」という感じです。
……しかし、赤が入るデッキであれば《ボルメテウス・レッド・ドラグーン》の方が優先されることが多いため、さてどう使ったものか。

「火力で焼けるクリーチャーが少ないよー」とお嘆きの諸兄には、
白青黒の「ゼロボルメテウスコントロール」が流行ったりするのかな。
個人的には「赤抜きボルコン」というのはアリだと思うんですけど。

あるいは「無色である」「アンノウンである」点を活用できれば《レッド》を超えるか……?
その使い方だと、他に優先されるカードがありそうで微妙かもしれません。

続きは「ホワイト・ゼニス・パック」で気になったカードを。

DMX13レアリティなし《真実の名 ボルメテウス・ゼロ・ドラゴン》
《鬼切丸》
赤 3コスト パワー1000+ ヒューマノイド/アンノイズ
■自分のマナゾーンのカードがすべて火または無色であれば、このクリーチャーのパワーは+3000され、「スピードアタッカー」を得る。
いつの時代も「赤単」はヒーロー!……になれるのか?
単色で使った場合、パワーも種族も《タイラーのライター》を超えていると言っていいでしょう。
特に「ヒューマノイド進化」は近年のプッシュがありましたから、勝てるデッキが組めるはず。

《漆黒の守護者ハラッカダン》
黒 2コスト パワー4000 ガーディアン/アンノイズ
■ブロッカー
■バトルゾーンに自分の無色クリーチャーがなければ、このクリーチャーは攻撃することができない。
■このクリーチャーがバトルする時、バトルの後このクリーチャーを破壊する。
「ブラッディ系」ブロッカーの亜種。というか、ほぼ上位互換。
無色クリーチャーをフィニッシャーにしたコントロールデッキにこっそり入っていると、トドメの手数がひとつ増える。
先に挙げた「ゼロボルメテウスコントロール」の序盤の守りに使えるか?

《デ・バウラ・チャージャー》
白 5コスト 呪文
■呪文を1枚、自分の墓地から手札に戻す。
■チャージャー
コントロールデッキの選択肢。
5コストのチャージャーは「5→7」の動きが非常に強力になるのではないかなと思っています。
《ボーンおどり》→《バウラ・チャージャー》で一気にターンをショートカットする動きもカッコよさげ。
《ヘブンズ・ゲート》系のデッキに入れてもいいかもしれないなあ。
| 一城なつき | デュエル・マスターズ(カード考察) | 11:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
J
PAGE TOP









http://castle1moon.jugem.jp/trackback/3369

トラックバックは、この記事へのリンクを張って送信してください。
お手数ではありますが、スパム避けのためよろしくお願いいたします。
+ SELECTED ENTRY
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
+ BANNER
qrcode
ブログバナー(88×31が適正です)
■ DUEL MASTERS
【所持デッキ】
グリーン・デイ
熱血ビート!
【殿堂入り】
無限デフォーマー

■ ヴァンガード
【所持デッキ】
ペイルムーン

■ 遊戯王
【調整中】
シモッチバーン

※クリックすると各デッキの関連記事へ飛びます。
+ ARCHIVES
+ PROFILE