マジック:ザ・ギャザリングetcブログ。

一城なつきのJUNK!×3


デュエル・マスターズ(デュエマ)メインだったブログ。
最近はMTGの統率者戦(EDH)がメイン。青緑が好み。略称「JUNK」。
時々、他のトレーディングカードゲームも書いています。
「最強デッキ」より「最驚デッキ」を!

ブログへのリンクはご自由にどうぞ。
各記事へのリンク・トラックバックも歓迎いたします。

ヴァンガードの記事は、姉妹ブログ《蒼の月夜》にて。
+ JUNK MENU
<< MTG:黒単EDHを安く組んでみる | main | MTG:統率者(EDH)「電位式の天才、シドリ」を考える >>
MTG:黒単EDHのフィニッシュ手段
JUGEMテーマ:Magic:the Gathering


EDH(統率者戦)に、コンボは入れるべき?

いろいろ言われていますが、デッキを組む時に「勝ち筋」を意識しないのはありえないんじゃないかな。
それこそ「この統率者の能力を使いたい」って思いから始まるのがEDHでしょうし。

とはいえ、即死コンボを組み込むかどうかはデッキ次第です。
たとえば「執拗なネズミを並べて押しつぶす」という戦略があれば、即死コンボが必要ではないかもしれない。
3人相手に勝ち筋を見いだせれば、それはそれでいいデッキなのではないかと思います。

統率者を「黒き誓約、オブ・ニクシリス」にした場合はどうかというと、
即死コンボを入れた方がいいと思います。
「黒き誓約、オブ・ニクシリス」が99枚のサポート能力なので、99枚の中身が強いといいと思うので。

無限コンボの他に「これで勝ちたい」があるなら、その夢を叶えるデッキと統率者をぜひ。
その動きに「黒き誓約、オブ・ニクシリス」が一番合うのであれば、グッド。

【中古】マジックザギャザリング/日本語版/神話R/統率者2014/黒[神話R]:黒き誓約、オブ・ニクシリス/Ob Nixilis of the Black Oath
■無限マナ
【玄武岩のモノリス+ブライトハースの指輪】
最初に無色2マナがあれば、無色無限マナ達成。
パーツが両方とも便利(特にPW統率者とブライトハースはとてもいい)なので、入れて損はない。

【死体のダンス+アシュノッドの供犠台+魔女エンジン】
【死体のダンス+アシュノッドの供犠台+貴重品室の大魔術師】
魔女エンジンはタップにスタックで供犠台でサクって、マナが出る。
貴重品室はタップしてマナを出して、供犠台でサクってマナを出す。そして死体のダンスをバイバックして釣る。
これで黒の無限マナ達成。
魔女エンジン以外のパーツはそこそこ便利なので、組みこんでもいいかも。

【壊死のウーズ+墓地に貴重品室の大魔術師+墓地にピリ=パラ】
墓地さえそろえば壊死のウーズだけ出せばいいので、あとは速攻を与えたいところ。
ピリ=パラは飛行持ちなので、壁役に出して墓地に行ってもらうこともできます。

【貴重品室の大魔術師+暗黒のマントル】
寝て起きて、寝て起きてを繰り返す。
マナだけではなくパワーも無限に上がるので、殴ってひとり倒すこともできる。
タップして何かをするクリーチャーが横にいれば、無限マナからマントルを装備し直して無限にタップ能力。
(例)+悲哀の化身で、クリーチャー全滅させて無限パワーでアタック……など。


■無限マナからの〆
【無限マナ+瀉血】
3人まとめてサドン・デス。
貴重品室あたりの大量マナからとりあえずX=15くらいで唱えても、とても強い。

【無限マナ+血儀式の発動者】
8マナ払って何かする「発動者」サイクルのドレイン版。
無限マナが出なければ、壁役にしかなりませんが。
クリーチャーの起動能力なので、墓地から壊死のウーズでコピー可能なのがポイント高め。
無限マナを出してドレインまで、壊死のウーズ1枚で完結する可能性がある。

【無限マナ+死の雲+統率者】
状況と統率者をかなり選びますが、よほどライフが減っていない限りはきわめて勝ちに近い。
自分のライフがすごく減っている、相手のアーティファクトが強すぎる、
相手の土地が多すぎる、相手のリスクラフトが完成して召喚酔いが解けるのを待っている……
などの状況でなければ、強い。


■無限ダメージ
【不浄なる者、ミケウス+トリスケリオン】
+1/+1カウンターを弾丸として発射して、墓地に行ったら不死で戦場へ。
ミケウスでトリスケリオンが2/2になっているので、
「1〜2発を相手プレイヤーに、2発をトリスケリオンに」
という弾の撃ち方になります。

【壊死のウーズ+墓地にトリスケリオン+墓地にPhyrexian Devourer】
半無限ダメージ。山札があまりに少ないと、仕留めきれないことも。


☆注意するべきこと☆
壊死のウーズを絡めた無限は
・選択肢が多い
・墓地にパーツが落ちていれば、壊死のウーズを引けば勝つ
という便利な勝ち筋です。

しかし、相手にしてみれば「墓地にパーツが落ちている、あとはトップ次第で負ける」状況。
墓地のパーツは今のところ何も利益がないのに、相手3人にめちゃくちゃ狙われてしまいます。

「墓地をまとめて追放」という対策カードも採用されていることが多いので、運用にはご注意を。


■おまけ
【憎悪+吸血鬼の夜鷲】
そこそこ早い段階からひとり倒しに行ける2枚コンボ。
憎悪で39点払って、夜鷲の41点パンチ、絆魂で41点回復。通れば損なし。
除去やカウンターをされたら、自分が倒れる。
| 一城なつき | MTG | 09:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
J
PAGE TOP









http://castle1moon.jugem.jp/trackback/3384

トラックバックは、この記事へのリンクを張って送信してください。
お手数ではありますが、スパム避けのためよろしくお願いいたします。
+ SELECTED ENTRY
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+ BANNER
qrcode
ブログバナー(88×31が適正です)
■ DUEL MASTERS
【所持デッキ】
グリーン・デイ
熱血ビート!
【殿堂入り】
無限デフォーマー

■ ヴァンガード
【所持デッキ】
ペイルムーン

■ 遊戯王
【調整中】
シモッチバーン

※クリックすると各デッキの関連記事へ飛びます。
+ ARCHIVES
+ PROFILE