マジック:ザ・ギャザリングetcブログ。

一城なつきのJUNK!×3


デュエル・マスターズ(デュエマ)メインだったブログ。
最近はMTGの統率者戦(EDH)がメイン。青緑が好み。略称「JUNK」。
時々、他のトレーディングカードゲームも書いています。
「最強デッキ」より「最驚デッキ」を!

ブログへのリンクはご自由にどうぞ。
各記事へのリンク・トラックバックも歓迎いたします。

ヴァンガードの記事は、姉妹ブログ《蒼の月夜》にて。
+ JUNK MENU
<< MTG:統率者デッキ(EDH)「戦導者オレリア」(1月16日) | main | MTG:《燎原の火》と《破壊的な力》 >>
MTG:統率者(EDH)視点から見た「ゲートウォッチの誓い」
JUGEMテーマ:Magic:the Gathering


個人的に気になっているものとか。
使われたらいやだなーとか。

そういうやつ。

カジュアルな視点で、注目カードをピックアップ。
■無色
《終末を招くもの》
通常構築の3倍使える。
無色マナの調達はちょっと大変かもしれませんが、例えば《巻き戻しの時計》を使えば楽勝とか、いろいろ工夫はできそう。

《大いなる歪み、コジレック》
大型エルドラージの仲間が増えました。つよい。

《作り変えるもの》
通常構築と同じくらいの使い勝手なんじゃないかな……どうかな。
3マナ域でやることが少なければ、入れておいていいカードだと思う。

《次元の歪曲》
ほぼすべてのデッキで使える除去。
《エドリック》とかの小型統率者に叩き込もう。
時々、殴ってくる統率者がパワーアップしたりもしそう。《オレリア》が+3されて二段攻撃とか。

《歪める嘆き》
追加ターンソーサリーに突然飛んでくるカウンター!
青以外のデッキにカウンターが入る可能性があるというだけで驚異的。
除去のモードも無限コンボを止めたりいろいろできそう。


■白
《変異エルドラージ》
とても悪さができそう。
例えば《オレリア》と何かで無限ループになったり。

《ゲートウォッチ招致》
サーチisつよい。


■青
《空間のすり抜け》
個人的には好きな1枚。
どんなデッキにも入るわけではもちろんないですが。
1マナのキャントリップは偉い。

《比較分析》
これもデッキを選びますが、結構ありうるんじゃないかなあ。

《押しつぶす触手》
結構簡単にタコ出るでしょこれ。

《圧倒的な否定》
カウンターの選択肢として、考えておいた方がいいカードではあると思います。

《終止符のスフィンクス》
ちょっと重いですが、着地後はビートダウンもコンボもやり放題。
自分で使うと微妙で、相手に使われると強い!みたいなカードかもしれません。


■黒
《鞭打つ触手》
トークンを蹴散らしたり、《エドリック》の戦線をぶっ壊したり。
3マナのリセットは対抗馬が多いですが、追加の1枚として選択肢に上がるかも。

《真実を覆すもの》
コンボパーツにしか見えませんが、悪そうな気配がする。

《ゲトの裏切り者、カリタス》
黒単を組もう……?
他人が戦闘しているとこっちにトークンが増える、というのは楽しそうではありますね。


■赤
《エルドラージの寸借者》
カウンターされにくそうなコントロール奪取。デッキによっては使うかも?

《コジレックの帰還》
エルドラージが入っているなら使いたい火力。

《炎呼び、チャンドラ》
統率者戦ではプラス能力をどう活用するかがポイントになりそう。
単純に生け贄にして何らかのリソースに変換とかができれば、価値がぐっと上がりそう。

《ゴブリンの闇住まい》
通常構築よりはさすがに弱そうですが、それでも相当使える1枚のはず。


■緑
《卑小な回収者》
横に並べる系のデッキであれば使い勝手は良さそう。
《鉤爪の統率者》と同じような役割ですが、マナに変換できるトークンは熊よりも使い勝手がよさそう。

《死すべき定め》
キャントリップだし入れとくかー、みたいなノリで入れられるデッキには入れたい。
呪禁持ちの《ナーセット》などを相手に引けるといいね!

《自然のままに》
1マナのアーティファクト対策、その2。(その1は《自然の要求》)
対象の範囲は狭いですが、それでも序盤のマナファクトロケットスタートをつぶしたり、
《通電式キー》や《師範の占い独楽》みたいなコンボパーツを狙い撃ちしたり、ということはできる。

《ゼンディカーの代弁者、ニッサ》
2〜3ターン目にこれを置いて、次のターンに《進化の爪、エズーリ》。
いきなり経験カウンターゲット。

《ゼンディカーの復興者》
両方やばいことしか書いてない。重いですが、統率者戦ならワンチャンスある?
圧倒的に狙われやすくなるので、そこは……まあ……しょうがない。


■多色
《タズリ将軍》
Deadmanおめでとう。

《永代巡礼者、アイリ》
おもしろそう。
意外と下の能力もチャンスがあるんじゃないかなあ。

《岸壁安息所の吸血鬼》
「各対戦相手」。何かしそう。《清純のタリスマン》とかで。

《遺跡潜り、ジョリー・エン》
カラーリング的にライバルが多くて微妙かもしれない。

《野生生まれのミーナとデーン》
土地を加速できる統率者!
これもおもしろそう。


■アーティファクト
《予見者のランタン》
ナイスマナファクト。デッキの数だけほしい。
占術は偉い。

| 一城なつき | MTG | 01:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
J
PAGE TOP









http://castle1moon.jugem.jp/trackback/3417

トラックバックは、この記事へのリンクを張って送信してください。
お手数ではありますが、スパム避けのためよろしくお願いいたします。
+ SELECTED ENTRY
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ BANNER
qrcode
ブログバナー(88×31が適正です)
■ DUEL MASTERS
【所持デッキ】
グリーン・デイ
熱血ビート!
【殿堂入り】
無限デフォーマー

■ ヴァンガード
【所持デッキ】
ペイルムーン

■ 遊戯王
【調整中】
シモッチバーン

※クリックすると各デッキの関連記事へ飛びます。
+ ARCHIVES
+ PROFILE