マジック:ザ・ギャザリングetcブログ。

一城なつきのJUNK!×3


デュエル・マスターズ(デュエマ)メインだったブログ。
最近はMTGの統率者戦(EDH)がメイン。青緑が好み。略称「JUNK」。
時々、他のトレーディングカードゲームも書いています。
「最強デッキ」より「最驚デッキ」を!

ブログへのリンクはご自由にどうぞ。
各記事へのリンク・トラックバックも歓迎いたします。

ヴァンガードの記事は、姉妹ブログ《蒼の月夜》にて。
+ JUNK MENU
<< MTG:エターナルマスターズで再録されて嬉しいもの | main | MTG:エタマスも出るし、統率者(EDH)でも始めるか >>
MTG:お酒を飲みながら考えた最強の伝説のクリーチャー
JUGEMテーマ:Magic:the Gathering


酒の肴にMTG。

テーマは
「こんな伝説のクリーチャーがいたらデッキを組んでみたい」。

縛りは対抗2色、というもので30分ほど話していました。
おもしろかったです。
《伝説のルアゴイフ》
(3)(黒)(緑)
伝説のクリーチャー — ルアゴイフ
トランプル
伝説のルアゴイフのパワーはすべての墓地にあるクリーチャー・カードの数に等しい。
あなたはゲームに勝利することはなく、あなたの対戦相手はゲームに敗北することはない。
いずれかの対戦相手の総量を1点未満に減少させるダメージは、代わりにその対戦相手のライフの総量が1点になるまで減少させる。
*/6

黒緑ということで、墓地を参照する能力。
「伝説のルアゴイフって良くね?」ということで、トランプル付きの超頭でっかちな統率者です。

《ムルタニ》でよくある「対戦相手一人が沈むと弱くなる現象」を防止すべく《深淵の迫害者》の能力と、
「ライフが0以下になると逆転の目がほぼなくなる。やる気がないゲームを続けさせられるのは不快」ということで
相手に《崇拝》をセットで付けました。

3人に統率者ダメージ21点を与えたら、何かで除去するか生け贄に捧げて勝ち!というトリッキーなやつです。


《イゼットのカオスなウィザード》
(青)(赤)
伝説のクリーチャー - 人間 ウィザード
発生源1つがいずれかのプレイヤーにダメージを与えるたび、それのコントローラーはその点数に等しい枚数のカードを引き、その後その枚数に等しい枚数のカードを無作為に選んで捨てる。
1/2

「《エドリック》をカオスにしたらどうなるか?」という思考実験。
個人的には「戦闘ダメージ」に限らない方が面白いような気がする。ダメランとか楽しそうだし。

自分はフラッシュバックとマッドネスを使って、相手はひたすら混乱し続けるというむちゃくちゃなやつ。
さすがに除去されそうですが……。


《魂と肉体を分離させる伝説の天使》
(4)(白)(黒)
伝説のクリーチャー - 天使
飛行、警戒
あなたがコントロールするスピリット・クリーチャーとゾンビ・クリーチャーは絆魂を持つ。
(T),他のトークンでないクリーチャーを1体生け贄に捧げる:飛行を持つ白の1/1のスピリット・クリーチャー・トークンを1体と、黒の2/2のゾンビ・クリーチャー・トークン1体を戦場に出す。
4/4

自分のクリーチャーを「魂」と「肉体」に分けてしまう能力。
白であり黒というイメージをダイレクトに形にしてみました。
勝ち筋が見えにくかったので、なんとなくイメージに外れない絆魂でしぶとく戦えるようにしてみた感じです。
PIG能力をうまいこと活用して立ち回るイメージ。


《伝説のカオスな屍術師》
(3)(黒)(赤)
伝説のクリーチャー - 人間 ウィザード
あなたのアップキープ開始時に、あなたは自分のライブラリーの一番上から3枚のカードを自分の墓地に置き、あなたの墓地にあるクリーチャー・カードを無作為に1枚選び、それをあなたのコントロール下で戦場に出す。あなたは、その点数で見たマナ・コストに等しい点数のライフを失う。その後、あなたの墓地をあなたが望む順番に並べ替える。
3/3

パワーとタフネスはどのくらいが適正なのかよくわからない。
ランダムにクリーチャーを釣ってくる計算しにくいリアニメイト。雰囲気はボブっぽい。
何がしたかったのかと言うと、墓地をランダムに使った後は「望む順番に並べ替える」を付けろと言いたかった。


《伝説の兵士斡旋屋》
(3)(白)(赤)
伝説のクリーチャー - 人間 ならず者
伝説の兵士斡旋屋が戦場に出たとき、《突撃兵》という名前の速攻を持つ赤の1/1の兵士・クリーチャー・トークンを2体戦場に出す。
各プレイヤーのアップキープの開始時に、そのプレイヤーは《突撃兵》という名前の速攻を持つ赤の1/1の兵士・クリーチャー・トークンを1体戦場に出し、すべての《突撃兵》という名前のクリーチャーのコントロールを得る。
あなたがコントロールする《突撃兵》という名前のクリーチャーは二段攻撃を持つ。
《突撃兵》という名前のクリーチャーは、可能なら毎ターン攻撃する。
1/3

「突撃兵」はクリーチャー・タイプでも良い気がしている。能力がだいぶ長い。
みんなに公平に戦力を投げつける(ただし自分は2倍効率)、兵士斡旋クリーチャー。
サクリ台が置いてあると悲惨なことになりますが……。
| 一城なつき | MTG | 23:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
J
PAGE TOP









http://castle1moon.jugem.jp/trackback/3436

トラックバックは、この記事へのリンクを張って送信してください。
お手数ではありますが、スパム避けのためよろしくお願いいたします。
+ SELECTED ENTRY
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
+ BANNER
qrcode
ブログバナー(88×31が適正です)
■ DUEL MASTERS
【所持デッキ】
グリーン・デイ
熱血ビート!
【殿堂入り】
無限デフォーマー

■ ヴァンガード
【所持デッキ】
ペイルムーン

■ 遊戯王
【調整中】
シモッチバーン

※クリックすると各デッキの関連記事へ飛びます。
+ ARCHIVES
+ PROFILE