デュエルマスターズetcブログ。

一城なつきのJUNK!×3


デュエル・マスターズ(デュエマ)メインだったブログ。
最近はMTGの統率者戦がメイン。青緑が好み。略称「JUNK」。
時々、他のトレーディングカードゲームも書いています。
「最強デッキ」より「最驚デッキ」を!

ブログへのリンクはご自由にどうぞ。
各記事へのリンク・トラックバックも歓迎いたします。

ヴァンガードの記事は、姉妹ブログ《蒼の月夜》にて。
+ JUNK MENU
<< MTG:統率者デッキ(EDH)「マローの魔術師モリモ」 | main | MTG:統率者デッキ(EDH)「アタルカ&ドラゴンズ」 >>
MTG:ドラゴンまみれのEDHを組むとしたら、続き
JUGEMテーマ:Magic:the Gathering


《ジャンドの暴君、カーサス》とか《世界を溶かすもの、アタルカ》とかを統率者にした場合。
日本風のデッキ構築でいえば、コンボ要素は必要だと思わなくはない。

ドラゴンを使ったコンボを考えてみます。
ピックアップするのは《ヘルカイトの突撃者》と《玉座の災い魔》。

《ヘルカイトの突撃者》は、7マナ払うと追加戦闘フェイズ。
アタックするたびに7マナを調達できれば無限攻撃。
よく見るのは《饗宴と飢餓の剣》とか《自然の意志》とか《熊の陰影》とか。

《玉座の災い魔》の方はちょっと難しい。
最初に攻撃した時のみ誘発するので、ブリンクのギミックは必須。
しかもライフの条件があるので、自分のライフを減らしてから無限に突入しないといけない。
赤緑黒だとちょっと難しそう。
ライフ調整だけなら、同じドラゴンの《溶鉄鋼のドラゴン》がいるので不可能ではない気がしますが。

何かいい方法がないかな。
| 一城なつき | MTG | 22:33 | comments(2) | trackbacks(0) |
J
PAGE TOP
海外のEDHプレイヤーはカジュアル派が主流のようで羨ましい限りですね。私も殴りジェネラル(副次的にコンボ有)同士で楽しくやっていたところに高速コンボデッキや追加ターンソリティアデッキで入ってくる人が来るとうんざりします。そういうデッキを使うのも一つの楽しみ方なんでしょうけど、ゲームは互いの戦力が拮抗しないとつまらないですよね。まあ、勝つ事こそ至上、ガチ環境が当然って考える人にそういう事を言っても喧嘩になるだけなんですが。
アタルカは私の知り合いにも使っている人がいます。ヘルカイトの突撃者と緑黒剣の無限戦闘コンボは入っていますが、私が負ける時は撲殺される方が多いですね(笑)。《龍の大嵐》や《ケッシグの狼の地》が出てくると手がつけられないです。基本ビッグマナデッキなのでコンボゲーの時は可哀想なくらい無力なんですが、殴りジェネラル同士のゲームでは対戦していて面白い相手です。
| selesnyan | 2016/06/14 4:51 PM |
コメントありがとうございます。

海外の事情は実際に見ているわけではありませんが、情報を集める限りではビートダウンが主流のようですね。
自分は中庸というか、両方の勝ち筋を入れたデッキが割と好きです。
ゲームの楽しみ方はいろいろありますが、
一撃必殺のコンボのやり取りも、クリーチャーの殴り合いも楽しいですからね。
ひとつのデッキで両方できるのが好きという。

《アタルカ》のデッキは完成しそうなので、形になったらまた記事を書こうと思います。
| なつき | 2016/06/18 12:40 AM |









http://castle1moon.jugem.jp/trackback/3440

トラックバックは、この記事へのリンクを張って送信してください。
お手数ではありますが、スパム避けのためよろしくお願いいたします。
+ SELECTED ENTRY
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
+ BANNER
qrcode
ブログバナー(88×31が適正です)
■ DUEL MASTERS
【所持デッキ】
グリーン・デイ
熱血ビート!
【殿堂入り】
無限デフォーマー

■ ヴァンガード
【所持デッキ】
ペイルムーン

■ 遊戯王
【調整中】
シモッチバーン

※クリックすると各デッキの関連記事へ飛びます。
+ ARCHIVES
+ PROFILE