マジック:ザ・ギャザリングetcブログ。

一城なつきのJUNK!×3


デュエル・マスターズ(デュエマ)メインだったブログ。
最近はMTGの統率者戦(EDH)がメイン。青緑が好み。略称「JUNK」。
時々、他のトレーディングカードゲームも書いています。
「最強デッキ」より「最驚デッキ」を!

ブログへのリンクはご自由にどうぞ。
各記事へのリンク・トラックバックも歓迎いたします。

ヴァンガードの記事は、姉妹ブログ《蒼の月夜》にて。
+ JUNK MENU
<< MTG:激シブEDHカード《緊急時》 | main | MTG:EDH(統率者)《首席議長ゼガーナ》のアイディア >>
MTG:EDH的視点の『破滅の刻』で集めたいカードたち

JUGEMテーマ:Magic:the Gathering



いよいよ『破滅の刻』が近づいています。

個人的、かつEDH的視点から見た「集めておきたいカード」とまとめます。


■白
《糾弾の天使》
基本的には明滅でアドバンテージ、いざという時には督励で除去ができる便利クリーチャー。
使われると非常に厄介な《隠された領域のローン》という前例もありますし、
白いデッキには欲しくなりそうです。

《不屈のエイヴン》
アンタップするカードは、とりあえずキープ。

《砂漠の拘留》
このテキスト自体は、それなりに優秀な統率者封じなもので。

《目を開いた者、デジェル》
白単色なのが残念でならない、伝説のクリーチャー。
白いプレインズウォーカーが増えるたびに強くなる白単!
……大器晩成と言えば聞こえはいいですが、まあ今のうちに持っておこうってことで……。

《啓示の刻》
個人的には白のド本命カード。
多人数戦で強いテキストは、絶対に抱えておきたい。

《オケチラ最後の慈悲》
神の最後シリーズの中で、たぶん一番統率者っぽいカード。
どう使えば強いかはわかりませんけど。

《圧倒的輝き》
これも大器晩成っぽいんですけど、いつか役に立つと信じて。

《厳粛》
何かの対策カード。毒殺と、あとはミケウストリスケリオンとか、その辺を封じる感じ?


■青
《永遠の刻》
……たぶん、たぶんですけど、何かできる。

《敏捷な妨害術師》
キャントリップ付きのカウンター。つよそう。

《至高の意志》
モードを選ぶ系統の中では評価が高いカード。
EDHにおいてはどちらも強力なので、青いデッキの基本カードになるかも。
3マナがどこまで影響するか。

《大群の諜報》
最高に楽しい、相手にとってはマストカウンターな1枚。
これを置いてターンが回ってきたら、勝ちたい。

《羊頭スフィンクスの君主、アネシ》
だいぶチャレンジングですけど、カジュアルに楽しそうなジェネラル。
カジュアルな青、という存在が認められるかどうかは知らない。


■黒
《バントゥ最後の算段》
多人数戦において「最後」シリーズは相対的にきついんですけど。
それでも入れておくべきカードなのかもしれない。
「4マナ以上は唱えられませーん」って言ってくる統率者がいるわけで……。

《穢れた血、ラザケシュ》
さあ、デッキを作ってみよう。

《ラザケシュの儀式》
チューターを積めるだけ積む、という構築もあるでしょう。

《霰炎の責め苦》
黒の最有力候補。
緑でいうところの《起源の波》くらいには必須になりそうな1枚。


■赤
《削剥》
赤の2番目の有力候補。
EDHで腐ることはまずないので、赤いデッキには絶対入りそうな1枚。
もしも3点という絶妙な数字が役に立たなくても、アーティファクトは絶対どこかにある。

《混沌の大口》
3点は絶妙な数字ですが、全体火力+クリーチャーとなれば話は別。

《火付け射手》
各対戦相手って書いてるから……引いたら持っておこう。

《ハゾレトの終わりなき怒り》
何ができるのかマジでわかんないですけど、たぶん何かできる。

《破滅の刻》
5点叩き込めば、クリーチャーはだいたい一掃できると思いたい。
タフネス6以上の統率者のデッキに、ぜひ。

《永遠衆、ネヘブ》
赤単のマナ加速系統率者。
ちょっと変なデッキが組めそう。

《野火の永遠衆》
赤の最有力候補。
絶ッッッッッッッッッッッッッッッ対ヤバいことをやるやつ。


■緑
《砂の下から》
新たな「3マナの加速」。
後半に引いてもサイクリングが役に立つ、というデッキにぜひ。

《希望守り》
絶対何かやらかすでしょ?

《約束の刻》
砂漠を一切使わなくても、基本でない土地を2枚持って来れるなら、使うデッキはあるでしょう。

《ラムナプの採掘者》
緑の最有力候補。
あらゆる緑のデッキに入ってもいい。

《生類解放》
X=3あたりで撃って強いデッキはいろいろありそう。
X=5とかもかなりいい感じの選択肢があるなあ。


■多色
……ぶっちゃけ多色は全部キープしたいくらいですけど。

《蝗の神》
《スカラベの神》
《蠍の神》
全部デッキが組みたい。

《王神、ニコル・ボーラス》
出したプレイヤーはアーチエネミーになるので、そういうゲームも面白そうではあります。

《オベリスクの蜘蛛》
ハパチラデッキに。

《川ヤツガシラ》
青緑のデッキで《種子生まれの詩神》と組み合わせて。


■アーティファクト
《没収の曲杖》
丸いといえば丸い墓地対策。器用貧乏感もありますが。

《蜃気楼の鏡》
たぶんいろいろマズイやつ。
このカードの登場で、統率者《山崎兄弟》がそれっぽい動きをするように!

《黄昏のピラミッド》
ドローが苦手な色なら、軽くていい感じのドローソース。


■土地
砂漠全部


| 一城なつき | MTG | 23:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
J
PAGE TOP









http://castle1moon.jugem.jp/trackback/3469

トラックバックは、この記事へのリンクを張って送信してください。
お手数ではありますが、スパム避けのためよろしくお願いいたします。
+ SELECTED ENTRY
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
+ BANNER
qrcode
ブログバナー(88×31が適正です)
■ DUEL MASTERS
【所持デッキ】
グリーン・デイ
熱血ビート!
【殿堂入り】
無限デフォーマー

■ ヴァンガード
【所持デッキ】
ペイルムーン

■ 遊戯王
【調整中】
シモッチバーン

※クリックすると各デッキの関連記事へ飛びます。
+ ARCHIVES
+ PROFILE