マジック:ザ・ギャザリングetcブログ。

一城なつきのJUNK!×3


デュエル・マスターズ(デュエマ)メインだったブログ。
最近はMTGの統率者戦(EDH)がメイン。青緑が好み。略称「JUNK」。
時々、他のトレーディングカードゲームも書いています。
「最強デッキ」より「最驚デッキ」を!

ブログへのリンクはご自由にどうぞ。
各記事へのリンク・トラックバックも歓迎いたします。

ヴァンガードの記事は、姉妹ブログ《蒼の月夜》にて。
+ JUNK MENU
<< MTG:EDH(統率者)《轟く声、ティシャーナ》のアイディア | main | MTG:統率者(EDH)デッキ「儀式の大魔導師、イナーラ」 >>
MTG:《儀式の大魔導師、イナーラ》を使った立ち回り・コンボ

JUGEMテーマ:Magic:the Gathering



だいたい無限コンボを決めて勝つ。
ある意味では「ウィザード」という職業をよく表しているような気もします。

《儀式の大魔導師、イナーラ》
(2)(青)(黒)(赤)
伝説のクリーチャー — 人間・ウィザード
威光 - 他のトークンでないウィザードが1体あなたのコントロール下で戦場に出るたび、儀式の大魔導師、イナーラが統率領域か戦場にある場合、あなたは(1)を支払ってもよい。そうしたなら、そのウィザードのコピーであるトークンを1体生成する。そのトークンは速攻を得る。次の終了ステップの開始時に、それを追放する。
あなたがコントロールするアンタップ状態のウィザード5体をタップする:プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは7点のライフを失う。
4/5

(クリーチャー・タイプを追加しない限りは)ウィザード単体で無限コンボになるカードは思いつきませんが、
CIPや(T)を使うことで、いろいろと強い動きができそうです。


【コンボ部門】

■《血統の屍術師》+《アシュノッドの供儀台》

→無限マナ、無限トークン(速攻)、無限死亡、無限蘇生。

……めちゃくちゃ。速攻持ちの無限トークンの時点で勝ちなので、マナは2個でなくてもOK。
《ファイレクシアの供儀台》あたりでも問題なしでしょう。
無限蘇生と無限死亡があるので、例によって《血の芸術家》を蘇生させれば戦闘を行わずに勝ち。
無限マナと組み合わせるなら何でも良いですが《血儀式の発動者》などはキレイかもしれません。


■《ワンダーワインの預言者》

→無限ターン。

手順はちょっと厄介ですが、
1、コピーの《ワンダーワインの預言者》が本体を覇権。
2、コピーが攻撃、自身を生け贄にして追加ターンゲット。本体が帰還、再びコピーを作る。
3、出てきたコピーが本体を覇権。
4、終了ステップ開始時にコピーが追放され、本体が帰還。
5、「終了ステップ開始時に出てきた」コピーが、本体を覇権。このコピーは「次の終了ステップ開始時」に追放されるので、追加ターンの終了ステップ開始時まで生き残る。
6、手順2に戻る


■《二重詠唱の魔道士》+ブリンク呪文

→無限ブリンク。

ブリンク呪文にスタックして《二重詠唱》をキャスト。
ブリンク呪文の本体をスタック上に残したまま、コピーしたブリンク呪文で《二重詠唱》本体をブリンク。
これ自体には《イナーラ》は関係ないですが、《幻術師の謀》なら無限ドロー+α。
たとえば土地やアーティファクトを起こせる《幽霊のゆらめき》であれば《イナーラ》で無限トークンが可能です。


■《戦利品の魔道士》

→《玄武岩のモノリス》+《ブライトハースの指輪》サーチなど
 →無限マナ。

おなじみの無限マナパーツを一気に手札へ。
十分なマナがあれば、そこから無限マナまで突入できます。
また、パーツが片方手札や場にあれば、サーチ対象を《威圧の杖》などにすればOK。
この場合は、無限マナで倒せるカードを引いて終了。


■《造物の学者、ヴェンセール》

→(有色無限マナから)無限バウンス。

何のことはない、コピーを出して(コピーはレジェンド・ルールで消滅しますが、能力は残る)、
《ヴェンセール》と、パーマネントひとつをバウンス。
早い話が「5マナで撃てる《転覆》」です。
色を持った無限マナはちょっと手間がかかりますが、青いデッキなら手段はいろいろあるでしょう。

せっかくなので「ウィザード」で無限マナを出すなら……。


■《金線の賢者》+《ブライトハースの指輪》+《金粉の水蓮》など

→有色無限マナ。(※《イナーラ》は関係ありません)

《ブライトハースの指輪》の代わりに《ハートストーン》や《訓練場》でもOK。
一応「ウィザード」ということで、部族シナジーを期待しての無限マナ候補でした。


■《霊気の達人》

→(有色無限マナから)無限トークン(速攻)、無限クリーチャーバウンス。

伝説のクリーチャーではないので、トークンが場に残ります。
相手のクリーチャーをとりあえず全部戻して、そのあとは……

本体「登場したので対象選択するでー。対象ワイ」
威光「登場したのでトークン出すわ」

トークン「登場したので対象選択するでー。対象本体」
本体「手札に帰るわ。さっきのはフィズっといて」

という流れで、無限トークンだけが残ってくれるはず。



【立ち回り部門】

■《粗石の魔道士》

→《通電式キー》+《師範の占い独楽》サーチなど
 →ドロー補助。

便利。マナファクトを持ってきて一気に加速というのもいい感じではないかなと。


■《海門の神官》

→4マナで(吟味した)2ドロー

2マナのファクトで加速して3ターン目のアクションとしてはそこそこ。


■《ボーラスの占い師》

→4マナでうまくいけば手札2枚

追加ターンとかをゲットしたい。3ターン目のアクションとしてはそこそこ。


■《ネクロマンサーの弟子》

→速攻を持ったコピーで蘇生。

ウィザードを蘇生して《イナーラ》でコピーを生み出して……という動き。


■《錬金術師の弟子》

→3マナで速攻トークンを生み出して、攻撃してから1ドローに変換。

3マナで2ドロー+1点+ブロッカー。ちょっとだけ効率のいいドロー。
| 一城なつき | MTG | 23:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
J
PAGE TOP









http://castle1moon.jugem.jp/trackback/3474

トラックバックは、この記事へのリンクを張って送信してください。
お手数ではありますが、スパム避けのためよろしくお願いいたします。
+ SELECTED ENTRY
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ BANNER
qrcode
ブログバナー(88×31が適正です)
■ DUEL MASTERS
【所持デッキ】
グリーン・デイ
熱血ビート!
【殿堂入り】
無限デフォーマー

■ ヴァンガード
【所持デッキ】
ペイルムーン

■ 遊戯王
【調整中】
シモッチバーン

※クリックすると各デッキの関連記事へ飛びます。
+ ARCHIVES
+ PROFILE