マジック:ザ・ギャザリングetcブログ。

一城なつきのJUNK!×3


デュエル・マスターズ(デュエマ)メインだったブログ。
最近はMTGの統率者戦(EDH)がメイン。青緑が好み。略称「JUNK」。
時々、他のトレーディングカードゲームも書いています。
「最強デッキ」より「最驚デッキ」を!

ブログへのリンクはご自由にどうぞ。
各記事へのリンク・トラックバックも歓迎いたします。

ヴァンガードの記事は、姉妹ブログ《蒼の月夜》にて。
+ JUNK MENU
<< DUEL JUNK!:コロコロ12月号編 | main | DM「《恐怖の影》による暗殺デッキ」 >>
DM:特殊勝利条件の是非
《究極銀河ユニバース》は、まだ全貌は明らかではありませんが、どうやら特殊勝利条件を持つクリーチャーのようです。

Feさんのブログで話題になっていましたが、特殊勝利条件の是非にはそれぞれ考え方があると思います。
これは私個人の考えですが、特殊勝利条件は「アリ」です。
なぜならば、特殊勝利条件をはじめ「規格外」の事こそ、カードゲームならではの事だからです。
例えばマジックには《ドラゴン変化/Form of the Dragon》というカードがあります。

At the beginning of your upkeep, Form of the Dragon deals 5 damage to target creature or player.
At the end of each turn, your life total becomes 5.
Creatures without flying can't attack you.

あなたのアップキープの開始時に、クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。ドラゴン変化はそれに5点のダメージを与える。
各ターンの終了時に、あなたのライフの総量は5点になる。
飛行を持たないクリーチャーは、あなたへの攻撃に参加できない。


これはどういうカードかと言うと「プレイヤーがドラゴンに変身する」ということです。
攻撃力は5。クリーチャーかプレイヤーへ5点のダメージを与えます。
タフネスも5。各ターンを、ライフ5点で迎えます。5点食らったら死亡。
ドラゴンは空を飛べるので、飛行能力のないクリーチャーからは攻撃されません。

こういうことは、カードゲームでしかできません。
ゲームのルールを覆したカードではありますが、これが非常に魅力的なのです。
元々20点あるライフを「毎ターン5点」に変更するなんて、ルール破りもいいところ。
しかも、飛行とアーティファクトエンチャント破壊の両方がないデッキでは、対抗不能になりえます。
(たぶん。あとは火力とか。プレイヤーじゃないので間違ってたらごめんなさい。実際は打ち破れないカードではないのでしょう)
しかし、それを超えた魅力が「自分がドラゴンになる」という効果にはあるわけです。

今まで考えもしなかったことが起きるのは、楽しいものです。
新たな勝利条件というのも、その中のひとつです。
それがゲームバランスを崩さない限りは、魅力的なカードになりえます。

・・・・・・・・・・

余談ですが、
遊戯王では過去2回、カード効果による特殊勝利が大流行しました。
1つ目は《生還の宝札》+《封印されしエクゾディア》デッキ。
2つ目は《光の護封壁》+《ラストバトル!》デッキ。
特に前者は「じゃんけんゲーム」と言われたほどの勝率(先攻が8〜9割勝つ)を誇りました。

これでは魅力はありません。
カードゲームではなくなってしまいますから。

《究極銀河ユニバース》が、まさか進化代用クリーチャーで一撃必殺…などと寒い事になっていないことを強く望みます。

・・・・・・・・・・

さらに余談ですが、最初は《ドラゴン変化》ではなく《ダンジョン突入/Enter the Dungeon》を引っ張ろうかと思っていました。

Enter the Dungeon
プレイヤーはテーブルの下でマジックのサブゲームをプレイする。開始時のライフは5ライフで、各自のライブラリーをデッキとする。サブゲームが終了した後、勝者は自分のライブラリーから2枚のカードを探し、それらを自分の手札に加えて、その後ライブラリーを切り直す。
| 一城なつき | デュエル・マスターズ | 00:12 | comments(3) | trackbacks(0) |
J
PAGE TOP
ドラゴン変化はエンチャントなので、
アーティファクト破壊→エンチャント破壊ですね。

MTGは特殊勝利条件カードが多数出ていますが、
「バベル」と呼ばれるトーナメントデッキを生み出した
「機知の戦い/Battle of Wits」が面白いかと。

(3)(青)(青)  エンチャント
あなたのアップキープの開始時に、あなたのライブラリーに200枚以上のカードがある場合、あなたはこのゲームに勝利する。

MTGのデッキは60枚以上、同一カード4枚ルールですから、
シャッフルするにも、デッキ登録にもしんどいデッキです(笑)
| twさん | 2006/11/17 2:37 AM |
先攻なら100%勝てるペガサス+エクゾディアは
公式とかで使えないから話題にでないんですね。
| エリーゼ | 2006/11/17 3:41 AM |
>twさん
しまった。そうです。
ってかアーティファクトじゃ赤じゃないじゃん。
寝ぼけてたのかな。
ご指摘ありがとうございました。
《機智の戦い》も面白いカードだなーと思って見ていました。
デッキ構築の時点で「いかにして《機智の戦い》を引き込むか?」というカード知識をぶん回す必要があるのが楽しいですね。

>エリーゼさん
何そのヴァリュアブルブック(笑
| なつき | 2006/11/17 9:17 AM |









http://castle1moon.jugem.jp/trackback/374

トラックバックは、この記事へのリンクを張って送信してください。
お手数ではありますが、スパム避けのためよろしくお願いいたします。
+ SELECTED ENTRY
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
+ BANNER
qrcode
ブログバナー(88×31が適正です)
■ DUEL MASTERS
【所持デッキ】
グリーン・デイ
熱血ビート!
【殿堂入り】
無限デフォーマー

■ ヴァンガード
【所持デッキ】
ペイルムーン

■ 遊戯王
【調整中】
シモッチバーン

※クリックすると各デッキの関連記事へ飛びます。
+ ARCHIVES
+ PROFILE