マジック:ザ・ギャザリングetcブログ。

一城なつきのJUNK!×3


デュエル・マスターズ(デュエマ)メインだったブログ。
最近はMTGの統率者戦(EDH)がメイン。青緑が好み。略称「JUNK」。
時々、他のトレーディングカードゲームも書いています。
「最強デッキ」より「最驚デッキ」を!

ブログへのリンクはご自由にどうぞ。
各記事へのリンク・トラックバックも歓迎いたします。

ヴァンガードの記事は、姉妹ブログ《蒼の月夜》にて。
+ JUNK MENU
<< 遊戯王:デッキ別恋愛診断 | main | 俺とカードゲーム >>
遊戯王:パーミッションデッキを組んでみよう
「組んでみよう」シリーズ第2弾。
今回はビギナー向けというよりは、ちょっと慣れている人向けです。
「チェーン」について知っていなければ、このデッキはちょっと難しいです。
ご了承ください。

前回は攻撃型のデッキを組みましたので、今回は守備型のデッキを組んでみましょう。
ほかの記事でチラッと書きましたが、その人の性格によって

「このデッキは向いてる」「このデッキは性に合わない」

ということがあります。
そこで、猪突猛進な攻撃型デッキだけではなく、テクニカルな守備型デッキも紹介することにします。

さて「パーミッション」とはいかなるデッキのことか。

「パーミッション」とは「許可」という意味です。
相手が何かカードを使おうとする時に「これは使えますか?」と、許可を求める事から来ています。
それに対して

「ダメです」

と言い続けるのが、このデッキ。
相手のやりたいことをことごとく無効にして、相手が息切れしたところに一撃を食らわせるのがこのデッキです。

購入するのは、ストラクチャーデッキ「閃光の波動」を、例によって3箱。

では、デッキを組んでいきましょう!
■まずは戦略をおさらい。

相手の行動を「カウンター罠」で無効にし、最後に切り札を出す。
これが今回の戦略です。

・カウンター罠
・切り札


まずはこれを準備しましょう。


■カウンター罠とは?

カウンター罠は、罠カードのうち、矢印のアイコンがついているもののこと。
今回購入した中には
《攻撃の無力化》《神の宣告》《マジック・ジャマー》《盗賊の七つ道具》《天罰》
以上のカードがあります。


■カウンター罠の選び方

これらのカードは、それぞれ発動タイミングが異なります。
例えば《マジック・ジャマー》は魔法をカウンター。《盗賊の七つ道具》は罠をカウンター。
これをどうやって選べば良いのでしょうか?

答えは「相手の身になって考える」と、わかります。

例えば前回の「攻撃型デッキ」の場合。
魔法カードは、罠カードより多いです。
罠は伏せなければならない分破壊されやすい上、《人造人間−サイコ・ショッカー》のような天敵がいます。
そのため、多くのデッキでは罠はあまり多く使われません。

ということは、発動する機会は《マジック・ジャマー》>《盗賊の七つ道具》ということになりますね。

このようにして、カードの枚数を選択していきましょう。
「攻撃」や「モンスター効果」も、よく使われますから多めに入れておきましょう。
今回は
《攻撃の無力化》×3
《神の宣告》×3
《マジック・ジャマー》×3
《盗賊の七つ道具》×1
《天罰》×3
このように選んでみました。

後述しますが、ほかにも「召喚」などは多くのデッキで当たり前に使われます。
《キックバック》なども、有力なカウンター罠になるでしょう。

■切り札の選択

このデッキには、切り札が5種類入っています。
《天空勇士ネオパーシアス》《神聖なる魂》《天空騎士パーシアス》
《守護天使 ジャンヌ》《裁きを下す者−ボルテニス》


それぞれが、得意な戦略を持っています。

・《ネオパーシアス》《ジャンヌ》は「ライフ回復」が得意なデッキで活躍します。
・《神聖なる魂》は「除外と、除外されたカードの利用」が得意なデッキで活躍します。
・《ボルテニス》は「カウンター罠」が多いデッキで活躍します。
・《天空騎士パーシアス》は、さほど戦略を選びません。

この中で、今回の戦略に合致したものは《裁きを下す者−ボルテニス》と《天空騎士パーシアス》です。

今回は《ボルテニス》2枚と《パーシアス》1枚を採用しましょう。


■テーマを活かすカード

ストラクチャーデッキの中には、今回の「カウンター罠」に関わるカードがあります。

《天空聖者メルティウス》
《智天使ハーヴェスト》
《豊穣のアルテミス》


この3枚がそうです。
これらはいずれもパーミッションの戦略を支えてくれるカードたち。
特に《智天使ハーヴェスト》《豊穣のアルテミス》は、手札に新たなカウンター罠を加えられる(可能性がある)カードです。

パーミッションは、相手が息切れするまでカウンターを続ける必要があります。
その前に自分が息切れしては、戦略は成立しません。

この2種類のカードは、自分のカウンターの手を途切れさせないために絶対に必要なカードと言えるでしょう。

《天空聖者メルティウス》は、ライフ回復と、条件付きで相手の息切れを早めます。
ライフ回復は相手の手をカウンターすればダメージを受けずに済むため、優先順位は下がります。
相手の息切れを早めるためには条件がある分、《メルティウス》は無理して多く入れることはないでしょう。

今回は《智天使ハーヴェスト》×3、《豊穣のアルテミス》×3のみを選択します。


■フォローするカード

息切れすることなくカウンターを続けるには《豊穣のアルテミス》などが必要になります。
それらをドローするまで、相手の猛攻を防いでくれる壁役を探しましょう。

《コーリング・ノヴァ》
《ジェルエンデュオ》
《シャインエンジェル》


これらは戦闘に対する壁になってくれるカードたち。

《コーリング・ノヴァ》《シャインエンジェル》はタイミングに応じて使い分けましょう。
デッキの枚数が減るため、次のドローで《豊穣のアルテミス》を引く確率も上がります。

《ジェルエンデュオ》は、守備表示ならば相手の攻撃を止め続けてくれます。
いざという時には、これ1体で《裁きを下す者−ボルテニス》の召喚にも使えます。

いずれも強力な効果を持つため、3枚ずつ投入しましょう。


■フォローするカードその2

相手の猛攻を防ぐ魔法・罠カードを選択しましょう。

このデッキには、相手の「召喚」をカウンターできるカードがあまりありません。
しかも、いったん場に出てしまったモンスターはカウンター罠では破壊しにくいです。
そのため

《ライトニング・ボルテックス》《万能地雷グレイモヤ》

はあったほうが良いでしょう。

また、猛攻を封じる《光の護封剣》も投入しましょう。

天敵の《王宮のお触れ》を破壊する《サイクロン》も投入。
(ただし《大嵐》は、自分の首を締めかねませんから保留にします)


■サンプルデッキ

☆上級モンスター(3枚)
裁きを下す者−ボルテニス×2
天空騎士パーシアス×1

☆下級モンスター(15枚)
智天使ハーヴェスト×3
ジェルエンデュオ×3
豊穣のアルテミス×3
シャインエンジェル×3
コーリング・ノヴァ×3

☆魔法(6枚)
早すぎた埋葬×1
サイクロン×1
光の護封剣×1
ライトニング・ボルテックス×2
天空の聖域×1

☆罠(16枚)
万能地雷グレイモヤ×3
攻撃の無力化×3
神の宣告×3
マジック・ジャマー×3
天罰×3
盗賊の七つ道具×1

《天空の聖域》は、無くても十分戦えます。
ですが《コーリング・ノヴァ》の強化や、《ジェルエンデュオ》が攻撃表示でも破壊されにくくなるというメリットは大きいため、1枚だけ刺しました。

序盤は《豊穣のアルテミス》が場に出るまではカウンター罠よりもモンスターで守ります。
《豊穣のアルテミス》を引いたら、一気にカウンター罠を並べましょう。
1枚使うごとに1枚ドローできるため、手札コストが無ければ、相手に一方的な手札損をさせることができます。
ライフは減りますが、カウンターがいったん回りだせば、相手は召喚さえままならなくなることでしょう。
攻撃されてダメージを受けることはほとんど無いはずです。

相手の《大嵐》に注意して、じっくり相手の息切れを待ちましょう。

相手の手札がなくなってきたら、切り札の出番です。
カウンター罠から《裁きを下す者−ボルテニス》で相手の場を一掃し、その攻撃力で圧倒しましょう!
残ったカウンター罠が相手の反撃を封殺し、一気に押し切ることができるでしょう。


■今後欲しいカード

カウンター罠には、このほかにも様々なものがあります。
このデッキには「召喚」をカウンターするカードがほとんどありませんので、《キックバック》や、状況を選びますが《畳返し》など、召喚したモンスターに影響するカウンター罠が欲しいところです。
カウンター罠を色々調べて、コストや効果を見比べて、相手にとってより脅威になるものを選びましょう。

また、定番の《聖なるバリア−ミラーフォース》《リビングデッドの呼び声》《強奪》などは、あって損のないカードです。

チェーンを理解し、テクニカルなこのデッキを操れるようになれば、プレイングも上達します。
デュエルに慣れてきたら、ぜひ挑戦してみてください!
| 一城なつき | 遊戯王のデッキの組み方 | 23:05 | comments(2) | trackbacks(0) |
J
PAGE TOP
はじめまして。DMと遊戯王とドラゴンボールが好きなDAIです。以後よろしくお願いします。パーミッションの記事を見ました。まさかストラクチャー3箱で十分強いデッキが作れるとはすごい構築スキルですね。僕はDMはデッキ3つぐらいもってますが、遊戯王はガジェしかないですね。ガジェは強いですが面白みがないのでパーミッションやウイルスアンデットデッキも作ってみようかと思います。もしウイルスアンデットデッキ作るのなら暗黒の呪縛のデッキを買っておいたほうがいいですか?(ピラタ3枚と死霊1枚はあります。)
| DAI | 2007/04/21 9:39 PM |
>DAIさん
はじめまして!コメントありがとうございます。
ストラクチャー3箱は、モノによっては結構戦えるものになります。
「機械の叛乱」などはちょっと無理がありますが。
ガジェ、面白くないですか?
最初期の構築者としては、ちょっと心外ではありますが……。
色々試すと、結構面白いものもありますよ。
面白いガジェットデッキも研究しましたし。

ウィルスアンデットは研究していないので何とも言い難しです。すみません。
ですが、おそらく《ミストデーモン》や《疫病狼》《ゴブリンゾンビ》といったカードは2〜3枚欲しくなると思います。
ウィルス系のカードがダブりすぎるので、3つだけでデッキを構築するのはきつそうです。
さらにストラクアンデット1箱を追加すれば、何とか……。

《強奪》《激流葬》も魅力ですしね。
《ピラミッド・タートル》からの選択肢を広く用意して、《龍骨鬼》や《ヴァンパイア・ロード》などをウィルスの媒体にできると良いかもしれません。
| なつき | 2007/04/22 12:56 AM |









http://castle1moon.jugem.jp/trackback/553

トラックバックは、この記事へのリンクを張って送信してください。
お手数ではありますが、スパム避けのためよろしくお願いいたします。
+ SELECTED ENTRY
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ BANNER
qrcode
ブログバナー(88×31が適正です)
■ DUEL MASTERS
【所持デッキ】
グリーン・デイ
熱血ビート!
【殿堂入り】
無限デフォーマー

■ ヴァンガード
【所持デッキ】
ペイルムーン

■ 遊戯王
【調整中】
シモッチバーン

※クリックすると各デッキの関連記事へ飛びます。
+ ARCHIVES
+ PROFILE