マジック:ザ・ギャザリングetcブログ。

一城なつきのJUNK!×3


デュエル・マスターズ(デュエマ)メインだったブログ。
最近はMTGの統率者戦(EDH)がメイン。青緑が好み。略称「JUNK」。
時々、他のトレーディングカードゲームも書いています。
「最強デッキ」より「最驚デッキ」を!

ブログへのリンクはご自由にどうぞ。
各記事へのリンク・トラックバックも歓迎いたします。

ヴァンガードの記事は、姉妹ブログ《蒼の月夜》にて。
+ JUNK MENU
<< 遊戯王:オタクの品格 | main | 遊戯王:サンダーの「おジャマデッキ」 >>
遊戯王:帝デッキを組んでみよう
JUGEMテーマ:ゲーム


遊戯王のデッキを組むときは、まずはストラクチャーデッキを使うのがオススメです。

ストラクチャーデッキとは、テーマにそって作られた「構築済みデッキ」のことです。
40枚(場合によっては+α)のカードと、解説書などがついています。

ゲームを初めてプレイするときは、まずは「ストラクチャーデッキ」を購入しましょう。

ただし、この「ストラクチャーデッキ」は「未完成品」です。
大抵の場合、1箱買っただけではデッキはとても弱いと思ってください。

私の考えでは、一度に3箱買って、カードを入れ替えて使うのがいいと思います。

(※ただし今回は2箱でも十分に構築する事ができます)

遊戯王は、同じ名前のカードを3枚まで入れることができます。
そのため、同じストラクチャーデッキを3つ買えば、1箱に1枚しか入っていない強力なカードが3枚揃います。

勝てるデッキを組むための必要経費だと思ってください。

パックでカードを買うよりも、最初はこの方が効率がよく、オススメです。

カードを当てる楽しみは、デッキがひとつあったほうが大きいものですしね。

では、ストラクチャーデッキを使ってデッキを組んでいきましょう!
今回、久々にストラクチャーデッキのヒット作が登場しました。

「ストラクチャーデッキ−帝王の降臨−」です。

私の記憶ですと、その昔「めたぽの壺の中」で組まれた「帝デッキ」。
今回は「除外ゾーン」をテーマにした、帝デッキの現代バージョンです。


■帝デッキとは何ぞや?
「ていデッキ」とか「みかどデッキ」などと読みます。
《○帝○○》と名のついた、レベル6(5)のモンスター群を使って、相手のカードを破壊しながら攻撃していくという戦略を持っています。

例えば《雷帝ザボルグ》はモンスター、《氷帝メビウス》は魔法・罠を破壊しながら場に出て来ます。
これらのモンスターを上手く使えば、相手の妨害をかいくぐってダイレクトアタックが決められる、というわけです。


■上級モンスターである「帝」をいかにして場に出すか?
「帝」モンスターは、すべて生け贄を1体捧げて召喚する必要があります。
その生け贄を確保するため、いくつかの方法が取られています。

《デビルズ・サンクチュアリ》《メタル・リフレクト・スライム》などでモンスターを特殊召喚するなどの方法もありますが、
今回使用するのは

《異次元の生還者》《異次元の偵察機》

です。
これらのモンスターは、除外されたターンのエンドフェイズに場に帰還します。
相手ターン中に除外された場合、自分のターンに生け贄に使うことができるというわけです。
帰還したこれらのモンスターを生け贄に、強力な「帝」を召喚していきましょう!


■では、箱を開封していきましょう。
ひときわ目を引くのが、6枚の「帝」モンスター。
そして、カードを除外する効果を持つカードの数々。

これらを駆使すれば1箱でも十分な戦略を持っている今回のデッキですが、
2箱以上のカードを組み合わせ、より強力なデッキにしていきましょう。

まずは戦略のおさらいです。
今回組んでいくデッキの戦略は

「《異次元の生還者》《異次元の偵察機》を相手ターンに除外し、
帰還したこれらを生け贄に、強力な「帝」モンスターを召喚する」


です。
毎回この流れを作るために、カードを厳選していきましょう。


■生け贄モンスターを相手ターンに除外する方法
このデッキの中に、自分のモンスターを除外するカードは何枚かあります。
しかし、それが「相手ターン」となると、限られてきます。
通常魔法である《魂の解放》《天よりの宝札》などは、相手ターンには使えません。

また、「帝」モンスターを使いたい時に使うには、生け贄をいつでも用意できなければいけません。
効果は強力ですが、条件がやや厳しい《死霊の巣》は、運用が若干厳しいです。

そこで、今回選択するカードは

《次元の裂け目》《マクロコスモス》《光の追放者》《閃光の追放者》

この4枚です。
いずれも、場に存在する限り、生け贄になるモンスターは墓地に行く代わりに除外されます。
戦闘で破壊されようとも、魔法や罠で破壊されようとも、エンドフェイズには生け贄モンスターが戻ってくるというわけです。

これらを2〜3枚ずつ投入し、デッキの動きのベースとします。


■「帝」の選択
前述しましたが、このデッキには6種類の「帝」が入っています。
すべて強力な効果を持っているのですが、より効率的なものを厳選して使用しましょう。

効率的なものを見極めるポイントは

1.対象となるカードの状況を選ぶか否か
2.相手の被害の大きさ

この2点です。
例えば《地帝グランマーグ》と《邪帝ガイウス》を比較しましょう。

1.対象となるカードの状況を選ぶか否か、において
《地帝グランマーグ》は「裏側表示カードでなければならない」
《邪帝ガイウス》は「何でもいい」

2.相手の被害の大きさ、においては
《地帝グランマーグ》は「カード1枚を破壊する」
《邪帝ガイウス》は「カード1枚を除外し、場合によって1000ダメージが追加」

これだけを見ると《邪帝ガイウス》の方が効率的であるということがわかります。
(ただし「帝」の効果は相手フィールドに何もなくても発動しなければならないため、状況を選ぶ《地帝》の方がいい状況は存在しますが、非常にまれです)

今回は

《邪帝ガイウス》《風帝ライザー》《氷帝メビウス》

の3種類を採用します。
《邪帝》《風帝》は「何でも除去できる」という強みを持っていますし、
《氷帝》は「最大2枚の被害を与えられる」という強みを持っています。

これらを使って、相手フィールドのカードを除去し尽くしましょう!


■そのほかのカードの選択
戦略の軸となるカードを決めたら、次はそれらを補助するカードを投入しましょう。

まずは《次元の裂け目》《マクロコスモス》を破壊から守るために《神の宣告》
ライフを半分払う大きなコストが必要ですが、次のターンに「帝」で取り返せるなら安いものです。
ライフポイントがピンチの時にも発動することができるため、中盤から後半にかけて役に立ちます。

次に《光の追放者》《閃光の追放者》を戦闘から守るために《収縮》《エネミーコントローラー》
特に《収縮》は、「帝」を超える攻撃力を持つ《冥府の使者ゴーズ》対策にもなります。

ドロー用カードに乏しいこのデッキの場合、キーカードを揃えるまでの時間稼ぎも必要になります。
相手モンスターと確実な相打ちを狙える《異次元の戦士》や、
除外からの生け贄確保ができない場合の《洗脳−ブレインコントロール》《クロス・ソウル》を投入。
そしてデッキ枚数を調整していきます。


■サンプルデッキ
☆上級(7)
邪帝ガイウス×3
風帝ライザー×3
氷帝メビウス×1

☆下級(14)
異次元の生還者×3
閃光の追放者×3
異次元の戦士×3
異次元の偵察機×2
光の追放者×3

☆魔法(11)
洗脳−ブレインコントロール×1(制限カード)
次元の裂け目×3
収縮×3
エネミーコントローラー×2
クロス・ソウル×2

☆罠(8)
マクロコスモス×3
神の宣告×2
砂塵の大竜巻×2
異次元からの帰還×1

最終調整で《砂塵の大竜巻》と《異次元からの帰還》を投入。
《砂塵の大竜巻》は《氷帝メビウス》とあわせて相手の魔法・罠破壊に使うカード。
モンスターではないので《落とし穴》系の除去を封殺できるのが強みです。

《異次元からの帰還》は、一発逆転のカード。
相手の《ライトニング・ボルテックス》などで破壊され、《次元の裂け目》《マクロコスモス》などで除外された「帝」を、一気に戦線に戻します。
「特殊召喚」ですので、生け贄召喚したときの効果は発動しませんが、最大5体の攻撃力2400モンスターが並べられるため、その破壊力は抜群です。
相手の罠に注意しながら、一発逆転を狙いましょう!


■オマケ「2箱でも十分に組める帝デッキ」
今回のストラクチャーデッキには、2枚入っているキーカードが多いです。
《異次元の生還者》や《次元の裂け目》などが、そうです。
したがって、今回のデッキは2箱でも十分にデッキが組めます。
上記のサンプルデッキのうち、不足するのは

邪帝ガイウス
風帝ライザー
閃光の追放者
異次元の戦士
光の追放者
収縮
マクロコスモス

この7枚です。
「帝」は《氷帝メビウス》を加えた6枚にして組みましょう。
下級モンスターには《異次元の偵察機》《次元合成師》《カオスライダー グスタフ》を投入。
除去魔法の《抹殺の使徒》や《ビッグバンシュート》で除去力を追加すれば、完成です。

今回のデッキは人気があるので、品薄や高騰がすでに見られます。
まずは2箱からスタートするのも、ひとつの手でしょうね。
| 一城なつき | 遊戯王のデッキの組み方 | 12:36 | comments(26) | trackbacks(0) |
J
PAGE TOP
初めて書き込ませていただきます。

早速ですがなぜ炎帝はダメなのでしょうか?ハンデスは充分な能力だと思います。

ドローカードが乏しい場合、相手の手札を減らすことの方が重要だと思います。

| ヒラ | 2007/12/16 5:04 PM |
コメントありがとうございます。
今回の帝の選択は、フィールドを効率的に開けることに注目しました。

メタによってはもちろん《炎帝テスタロス》も強力なカードです。
状況もほとんど選ばず、ダメージも地味ながら侮れません。
世界大会でも多く用いられた実績があります。

ただし、最近は《風帝ライザー》にその株を奪われている感もあります。
リバース効果モンスターや攻撃をトリガーとする罠等をデッキトップに戻すことで、実質そのカードを1ターンの間「引かなかった」ことにできます。
壁やブラフをドローに変える事もでき、疑似的な手札破壊(意味のないカードをドローさせる)になります。

もちろん、手札に抱えた《地砕き》などを消せないため、その点では《テスタロス》が上です。

その辺りを踏まえた上で、今回は手札より場のアドバンテージ、ダイレクトアタックの決めやすさを重視したということで、ご理解下さい。

帝の選択によってデッキの性格が結構変わりますので、いろいろ試してみるのも良いと思います。
| なつき | 2007/12/16 9:23 PM |
風帝>炎帝は私もそう思います。
ですが、氷帝>炎帝になるのか疑問に思い書き込ませていただきました。

ですが、コメントを読み、もう一度本文を読んでみると今回は
「フィールドを開けダイレクトアタックを決める」
ことに特化した「帝」になっていることがわかりました。

丁寧な回答をありがとうございました。
また、書き込ませていただきますね。
| ヒラ | 2007/12/16 10:24 PM |
 うう、正直このままで十分に勝てそうなのが何ともorz

 茶々を入れるのは良くないかも知れませんが、『神の宣告』は3枚の方が機能するかな、と思いました。
| トゥーン狂のR | 2007/12/16 11:41 PM |
はじめまして。聖華と申します。
帝王デッキと天使デッキを組み合わせて作るのが一番いいですね。やっぱり。互いの弱点を補えるので。ジェルエン三枚、マシュマロン、神の宣告三枚が必須ですが。
では失礼致します・
| 聖華 | 2008/02/19 3:32 PM |
はじめまして、フウと申します。
遊戯王は一番最初の頃に少しだけやってたのですが全部手放してしまいまして、また新たに始めようかと思っています。
こちらのblogを拝見させて頂き、まずは帝王は3つか2つ購入しようと思っているのですが、他になるべくならあった方がよいセットやシリーズが現在発売中のものからあれば教えて頂けないでしょうか。
後、現在発売されている攻略本や雑誌付録カードであった方がよいものや3冊分必要なもの、例えばこれだけは応用が広いので個別で購入必要なカード等がありましたら教えて頂けないでしょうか。
もちろん出来ればで結構ですし、個人的な主観で構いませんので。
何卒よろしくお願い致します。
| フウ | 2008/03/09 9:41 AM |
>フウさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
帝王はかなり強力なデッキですので、これから始めるにはオススメのデッキです。
値段も落ち着きつつあるようで、通販でも定価販売が見られるようになってきましたし。

他にオススメのデッキとしては、基本的なパーツが封入されている「STARTER DECK(2007)」ですね。
《スケープ・ゴート》《地砕き》などの強力なカードが魅力です。
再販の状態が未確認ですので、品薄かもしれません。
私の知る限りでも、カードショップで時々見かけるくらいですし……。

また、見かけたら買いというものとしては「ストラクチャーデッキ マリク編」ですね。
現在入手困難な《魔法石の採掘》《死者蘇生》《聖なるバリア−ミラーフォース−》が封入されています。

帝デッキの強化という意味ではないのですが、限定カードは《ファントム・オブ・カオス》が今後も使い道が広がるカードではないかと見ています。
「遊☆戯☆王GX TAG FORCE2」の攻略本に封入されています。
こちらも品薄の可能性がありますので、本屋さんで注文するか、通販を利用するのがオススメです。
私の知る限りでは、Amazonと楽天で、まだ予約を受け付けているようです。

もしよろしければ、参考にされてみてください。
| なつき | 2008/03/09 10:03 AM |
早速のレスポンスありがとうございます。
とても参考になりました。
とりあえず、
帝王×3
カオス付き攻略本×3
スターター2008×3(予約)
デュエリスト&#183;ジェネシスbox×1(予約)
Vジャンプ最新号と年間購読
を購入してみました。
後、コミックも本編しか持っていなかったので、最近のはカードがついているらしいのでRとGXを1冊ずつ買いました。

スターター2007は街で探してみるつもりですが、流石にマリク編は無理でしょうねw

本当にご意見ありがとうございました。
| フウ | 2008/03/09 1:19 PM |
今回は、3箱ではなく、2箱」でもOKとかいてありますが、私は、3箱買おうと思います。それでも十分大丈夫ですよね?
| マロン | 2008/03/14 10:38 PM |
3箱買っても大丈夫ですよね?
| ねこ | 2008/03/14 10:45 PM |
問題ないと思います。
《風帝ライザー》が制限になっている点はご注意ください。
| なつき | 2008/03/15 12:13 AM |
やはり帝は三枚ずつが効率が良いですか?あとデッキがまわらない事があるんですが何か改善策はないでしょうか?

それと機会があったら「巨竜の復活」でも作っていただけませんか?
| ユーナ | 2008/10/04 12:14 AM |
コメントありがとうございます。

>ユーナさん
今の環境の帝デッキというものはわかりませんが、個人的には3枚ずつが望ましいと思います。
なぜなら、自分の狙った動き(つまり、即座に帝を召喚すること)をしやすくなるからです。
あとは事故がどの程度起きるかで、調整するのがいいのかなと。

デッキが回らないことの改善策は、キーカードを増やすことです。
常識を覆し、例えば《ミラーフォース》や《激流葬》などの、いわゆる「必須カード」も抜き、キーカードだけを集めることで回転を良くしたデッキなどもあります。
もう一度デッキを見直し、カードひとつひとつを、本当にデッキの回転に必要なものかを考えてみてはいかがでしょうか。

ただ帝は、そもそも今の環境ではかなり苦戦するのではないかなと思います。
1ターンで8000を叩き込めるタイプのデッキではありませんし、各種シンクロモンスターに対しても力負けしますし。
その弱点を改善し、今の環境に颯爽と斬りこめるデッキができたら、教えてくださいね。
| なつき | 2008/10/04 10:45 AM |
いきなりですが、帝デッキは 2007年の
大会優勝者が使っていたんですか?
| やざ | 2008/12/08 5:10 PM |
異次元の偵察機で生け贄召喚に使います
そのターンのエンドフェイズに攻撃表示で戻るということ攻撃力800でショッカーとかに攻撃されて
1600ダメージくらうのは仕方ないんですか?
| お | 2009/03/14 9:55 AM |
初のコメント失礼します。
現在サブデッキである帝をみつめなおしているめばると言います。
自分は帝についている除外から復活できる生還者と偵察機の能力を使ってアルカナフォースのTHE WORLDを入れているんですが、やはり大きな賭けとしてはやめておいたほうがいいのでしょうか?
| めばる | 2009/07/07 12:59 PM |
帝デッキつっくてるのですが、光帝はいれないのですか?
| X | 2010/03/19 9:52 PM |
黙りなはれ^^
| 五十音言葉 | 2010/09/19 12:03 AM |
いきなりですが、ストラクチャーデッキ1つを買うだけではやはり強いデッキはできないんでしょうか?
| クライス | 2011/04/03 10:46 PM |
誰か答えてください。
| クライス | 2011/04/04 2:14 AM |
氷帝は2枚のほうがいいと思う。
| 青りんご | 2011/06/05 9:53 PM |
光帝はいらない。
| 青りんご | 2011/06/05 9:55 PM |
霧の王「キングミスト」対策は必要。
| 青りんご | 2011/06/05 9:58 PM |
2007に組まれたデッキに対して2011までレスが付き続ける次元帝パネェ
| 匿名 | 2012/01/22 1:18 AM |
はじめまして、キョンと言います。最近では三幻神の残りのカードが登場しましたね(^_^)
ですので今回はオベリスクとオシリスを投入して神帝を作りたいと思いました。しかし、どのカードを入れたら良いか分からなくなってしまいました。どうか助言をください(^o^;)
| キョン | 2012/01/26 8:24 PM |
このブログ名、
デュエマになってるよ?ww
| 夜の道化師 | 2012/06/16 10:10 PM |









http://castle1moon.jugem.jp/trackback/971

トラックバックは、この記事へのリンクを張って送信してください。
お手数ではありますが、スパム避けのためよろしくお願いいたします。
+ SELECTED ENTRY
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ BANNER
qrcode
ブログバナー(88×31が適正です)
■ DUEL MASTERS
【所持デッキ】
グリーン・デイ
熱血ビート!
【殿堂入り】
無限デフォーマー

■ ヴァンガード
【所持デッキ】
ペイルムーン

■ 遊戯王
【調整中】
シモッチバーン

※クリックすると各デッキの関連記事へ飛びます。
+ ARCHIVES
+ PROFILE